8月中旬に福井アコウ釣行|キジハタの魚影が薄い時のヒットパターン・ルアーを紹介

2018年8月13日、釣り初心者さんと福井県鶴田方面までアコウ釣りに行ってきました。

実は今回一緒に行った釣り初心者さんと行くと毎回釣れない、というジンクスが・・・。

1回目の釣行…3月末の淡路島メバリングの様子はこちら

2回めの釣行…5月中旬の坊勢島メバリングの様子はこちら

夏になり、メバリングのシーズンが終了、海のライトゲームで釣りやすいターゲットであるアコウをさくさくっと
釣ってもらおう、という事でご一緒しましたよ。

今回は、

 当日のアコウ釣りの様子

朝に釣り終わっても立ち寄る事が出来る敦賀のグルメスポット

当日のアコウのヒットパターンと有効なルアー

についてお伝えしていきますね。

スポンサードリンク

福井県敦賀にある沖テトラへゴムボートを使って渡ります

朝5時前には福井県敦賀にある沖テトラのポイントに到着。ゴムボートを膨らませて沖テトラへ向かって出発です。

 

水温は約27.6度

当日の海水温は約27.6度。2週間前の釣行より約2度海水温が上昇しています。アコウは高水温が好きなので特に問題ある水温ではなかったです。

 

マナティー60でまずはガシラが連続ヒット!

まずはアコウ釣りの定番ルアー、マナティー60でチェックしていくとすぐにガシラがヒット!が、肝心のアコウさんが釣れません。

 

メタルジグで遠投するもガシラが続く

なのでアコウは遠くにいるのかも?と思いメタルジグを投入。すぐにガシラがヒットするも、メタルジグでもアコウは釣れず。色々やっている間にマヅメのゴールデンタイムが終了したみたいでバイト数が少なくなったので、マナティー60に戻します。

根魚専用メタルジグについて詳しくはこちら

 

マナティー60でなんとか1匹目のアコウをゲット!

丁寧にマナティー60を打ち続けていると、遂に1匹目のアコウをゲット!しかし後が続きません。

 

日が差してくると共にアコウが釣れだした!

もう今日は駄目かも…と思いながら釣りをしていたら山の方から日が差してきました。その瞬間、アコウの活性が急に上がったみたいで、いきなりアコウが連続ヒット!次々とアコウを仕留めていきます。

 

マナティー60の【サンセットオレンジ】に替えるとさらにヒット!

日が差した時にダイダイ色のベイトフィッシュが多数みえたので、この魚を食べている?と思いマナティー60のレッドヘッドからサンセットオレンジにカラー変更。

そしたらすぐに回答が帰ってきました!サンセットオレンジでさらに連続ヒットです。

 

アオリイカの新子がたくさんいました

ちょっと画像ではわかりにくいですが、上の画像の黒いのが全部アオリイカの新子です。マナティー60にすごい勢いで寄ってくるアオリイカの新子がたくさんいましたよ。まだ釣るには小さいサイズですが今年の福井のエギングは期待できそうです。

 

最後に30UPのアコウを釣りました

日がすっかり昇ってきた午前8時過ぎ、最後に30Upの良型のアコウを釣り上げる事が出来ました。

 

釣り初心者さんはストレートワームのテキサスリグでノーヒット

ストレートワームのテキサスリグを使っていましたが、ここまで釣り初心者さんはノーヒットでした。

ワームを変更して釣り初心者さんも初アコウをゲット!

ワームのアピールが足りないと私は思ったので、手持ちのワームの中から、シャッドテールのワームでこの日のヒットカラーのオレンジ系のカラーに変更して釣ってもらうとすぐにアコウをゲット!

人生初のアコウに喜んでくれました。ここでお盆休みで道路も混みそう、という事で少し早いですがストップフィッシングとしたのでした。

 

敦賀赤レンガへ昼食

今回はストップフィッシングが早かった事もあり、カフェが9時30分から開店している【敦賀赤レンガ】で昼食です。施設の隣に列車が陳列されていました。レトロでかっこいいのでパチリ!

 

敦賀赤レンガ名物の【SABAパスタ】を注文

赤れんがcafeの看板にあるメニューに、『赤れんが名物!』と書かれているので、【SABAパスタ】が気になりました。

謳い文句では、越前名物の『浜焼さば』がごろごろ入り、ソースとの相性も抜群!とか。クリームソースとトマトソースがありましたが、魚介ならトマトソースでしょ!という事でトマトソースのSABAパスタを注文しましたよ。

 

【SABAパスタ】の鯖は美味しかった(ソースとの相性は駄目だった)

【SABAバスタ】が来たので早速食べてみると、確かに鯖がゴロゴロ入っていて鯖は美味しい・・・。

でもトマトソースと鯖が全然合っていない感じ。まあ普通に食べる事は出来ますが、あまりオススメできない感じでした。

クリームソースだったらもしかすると合っていたかも知れません。『名物だから食べてみよう!』と思って注文する際は、あまり多くを期待しないで頼むと美味しく食べる事が出来ると思いますよ。

 

ソニョーポリのジェラートは美味しいよ

赤れんがcafeの隣にある、ソニョーポリは11時30分から開店、ですがジェラート販売については10時から開始していますよ。(2018年8月時点)

ここのジェラートはとても美味しいので敦賀赤レンガに来たら一度食べてみる事をオススメします。

 

オリーブオイルのジェラートは一押しだけれどすぐに売り切れるので注意!

ソニョーポリのオリーブオイルのジェラートは、オリーブの香りと味がとても良いイチオシ!のジェラートなのですが、すぐに売り切れになるので注意!私達が食べようとしたら、朝11時前なのにもう売り切れていました。

 

8月中旬のアコウ(キジハタ)の釣果

・アコウ(キジハタ) 18~30センチくらい 15匹ほど
・ガシラ(カサゴ) 15~22センチくらい 10匹ほど

 

アコウ(キジハタ)の魚影が薄い時のヒットパターン

朝マヅメに釣れない事もある

今回始めて経験したパターンでしたが、今回朝マヅメほどんとアコウが釣れなくて、日が差してから釣れ始めました。今回のケースはレアケースですが、朝マヅメが釣れない場合はすぐにポイント移動せず、日が差してくるまでは待ってみるのもありですね。

 

魚影が薄い時は広範囲のアコウにアピール出来るルアーを選ぶ

今回釣り初心者さんと私とで大きく釣果が違った理由は、【広範囲を探れるルアーを使っていたかどうか】という部分でした。

この日、風はあまり吹いていませんでしたが潮はしっかり動いており、アコウの活性は比較的高めでした。ただ、魚影が薄く、なかなかヒットしませんでした。

活性は高いのですがら、少しでも遠くのアコウから見つけてもらえるルアーを選ぶと単純にヒット率が上がる、という事ですね。

広範囲のアコウを広く探るにはダートアクションで遠くのアコウからも見つけてもらえるマナティー60(アコウのサイズが大きめならマナティー75もあり)が最適です。ソフトルアーなのでアコウの食いつきがいいのもオススメポイントですよ。

あと、こういう時は1箇所で粘らず次から次へとポイント移動を繰りかえす、ラン&ガンスタイルでアコウを狙っていきましょう。

 

ルアーのカラーは【ベイトフィッシュ】に合わせる

今回はダイダイ色の小魚がいたので、その小魚の色に最も近い【サンセットオレンジ】のカラーを選ぶ事でアコウのヒット率を上げる事が出来ました。

アコウはエビ・カニだけでなくて積極的に小魚も食べるので、周辺にいる小魚の色に合わせてルアー(ワーム)のカラーを変更するとより釣れる様になりますよ。

 

8月中旬のアコウ釣行のヒットルアー

マナティー60サンセットオレンジ

今回アコウ釣りで一番役立ったのが【サンセットオレンジ】でした。オレンジカラーは基本濁った時等に使用するのですが、まさかベイトフィッシュの色を合わせるのに役立つとは…。ダイダイ色はフラットフィッシュも好きなカラーなので、サンセットオレンジを使っているとマゴチ等がヒットするかも?です。

マナティー60サンセットオレンジはAmazonから購入できます

 

マナティー60にピッタリのジグヘッド

マナティー60に合わせるジグヘッドは 【静ヘッド 5g】 がオススメです。マナティー専用ジグヘッドZZヘッドだと、フックが下向きにあるので根を攻めるアコウ釣りでは根掛かり多発。通常のラウンド型ジグヘッドも悪くないですが、ラウンドヘッドよりダートしやすい形状の静ヘッドをオススメしています。

※マナティーは非常にダートしやすいワームなので専用のジグヘッドでなくてもちゃんとダートしてくれるので他のジグヘッドでも安心して使用できます。(専用ジグヘッドの方が鋭いダートはしますがアコウ釣りではそこまでキレのあるダートでなくても釣果にはほとんど影響ありませんよ。)

静ヘッドはAmazonから購入する事ができます

 




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

最新情報などをツイッターやフェイスブックでお届けしているので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。