チヌのフカセ釣り|全遊動釣法を選んだ4つの理由

076 - コピー

私がチヌのフカセ釣りを始める際、3つの釣法全てを
するのではなく、まずはどれか一つの釣法だけをやろう、と思いました。

何故なら、3種類の釣法を同時にしても
どれもどっちつかずで上手くならない、と思ったからです。

私が最初に全遊動釣法を始めようと思った4つの理由

・固定浮き釣法

・誘導浮き釣法

・全遊動釣法

のどの釣法から始めようかな?と思った時、
私は全誘導釣法をしようと決めました。

 

全遊動釣法にしようと思った3つの理由とは

理由1 仕掛けがシンプルで作りやすい

私は、基本的に面倒くさがりなんです。
複雑な仕掛けと作ってちょっと時間がかかってしまうと
それだけでイライラしてしまいます。

私はルアーフィシングもしていまして、
フカセ釣りを始めるまでは、ルアーフィッシング
ばかりでした。

ルアーフィッシングはほとんどの仕掛けがラインにルアーを
結ぶだけ、の簡単な仕掛けで、難しい仕掛けを作る事に
慣れていない事もあり、浮きと針しかない全遊動釣法
を選んだのです。

 

理由2 仕掛けを見直す動作をほとんどしなくていい

全遊動釣法以外の釣り方でしたら、狙う水深を変更する度に
ウキ止め糸の位置を変更したり、浮きを動かしたりしないと
いけません。

これが全遊動釣法だと、浮き止めはついていないですし、
浮きを固定する事もしない釣り方なので、何かある度に浮き下の調整を
しなくてもいい、全遊動釣法を選びました。

 

理由3 ルアーフィッシングと共通点が多かったから

私が普段している釣り、ルアーフィッシングでは、浮きを使う釣り方が
殆ど無いです。浮きが無いので、全遊動釣法と同じ事、

・水中で落ちている様子をイメージしながら釣る事

・潮に乗せて自然に仕掛けを送り込んだりする事

を普段から行っていたので、全遊動の釣り方に違和感を感じなかったからです。

 

理由4 一番使われている釣り方だから

私の周りでは一番使われている釣法が全遊動釣法だったので、
一番使わている釣り方から始めよう、と単純に思ったからです。

チヌのフカセ釣りは全誘導釣法から始める事に

こうして私は全遊動釣法でチヌのフカセ釣りを始める事に
したのでした。




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターではブログでは紹介していない釣り初心者に役立つプチ情報の紹介を、

フェイスブックでは釣りに関する近況やブログ裏話などをお届けしています。

どちらもブログでは読めないコンテンツとなるので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。