幻の魚アコウというのは嘘|ルアーでキジハタを簡単に爆釣する為の時期・ポイント・釣り方を紹介

202

幻の魚、と呼ばれているアコウ(キジハタ)、実はルアーで簡単に釣れてしまうんです。
私はブラックバスやらメバルやら、アジやアオリイカまで、
色々な魚をライトルアーメインで釣っていますが、

アコウはルアーで釣れる魚の中でも『最も釣り易い魚です。』
さらに、食べて美味しい、となったら言う事無し、ですよね。

あなたもアコウ、『ルアーで爆釣したい!』と思いませんか?
そんなあなたに、アコウの釣れる時期、ポイント、タイミング等を
お伝えします。

この記事を読めば、きっとあなたもアコウが簡単に釣れますよ。

 

アコウの釣れるエリアはどこ?

瀬戸内海や太平洋側では『幻の魚』

アコウはどこでも釣れる、という魚ではなく、
住んでいるエリアに行かないと釣る事が出来ません。

私の住んでいる大阪湾にもいる事はりますが、
非常に絶対数が少なく、狙って釣れるものではありません。

大阪湾を含む瀬戸内海エリアでは、アコウの絶対数が非常に
少なく、太平洋がある、和歌山や三重でもあまり釣果は聞かれません。

だから、アコウは『幻の魚』と呼ばれているのですね。

 

日本海側エリアがよく釣れる

ではどこで釣れるのか?というと、それは
『日本海側エリア』です。

私は大阪に住んでいるので、近畿地方のエリアと
なりますが、兵庫・京都・福井、と広い範囲で
アコウを狙う事が可能ですよ。

 

アコウは決して『幻の魚ではない』

そして、日本海エリアで言えば、アコウは決して
『幻の魚』ではありません。

幻どころか、しっかりと時期とポイントさえ
選べば、20匹、30匹、いや、それ以上釣る事も
十分に可能です。

釣れるサイズは20~30センチくらいがメインとなりますが、
ルアーへの反応も良い魚で、私はライトルアーフィッシングにおいて、
最も釣り易い魚と、思っています。

 

アコウを実際に釣っている動画はこちら

 

アコウが釣れる時期はいつ?

アコウは『夏』に釣れます

『アコウは根魚』との思いから、
他の根魚であるガシラ等と同じ時季、春や冬に釣れるもの、
と思っているかも知れませんが、アコウが最も釣れる時期は『夏』です。

 

アコウは7月から8月が最も釣れる

アコウは早い年でしたら、6月下旬から釣れ出します。
遅い年でも7月上旬からは釣れ出しますよ。

最も釣れるのがだいたいお盆前後の8月中旬頃をピークに
除々に釣れる数が減っていきます。

 

9月いっぱいまでは釣る事が出来ます

9月いっぱいまでは釣る事が出来ますが、
10月になると、ほとんど釣れなくなります。

10月頃でもボートでちょっと沖の10mライン等を
探ると結構釣れたりするので、きっと水温の低下と共に、
沖にいっているのでしょう。

こうして、アコウのシーズンが終わります。

 

アコウは夜に釣れるの?日中に釣れるの?

アコウは基本的には夜行性と言われています。
なので夜に釣るもの、と思われがち、ですが
全然日中でも釣る事が出来ます。

夜だからといってすごく釣れるという事は
私は経験した事がありません。

むしろ、夜より日中の方が釣り易い、と思うくらいです。
だから私はもっぱら日中にアコウ釣りを楽しんでいますよ。

 

アコウは朝マヅメと夕マヅメどっちが釣れるの?

日中でも釣る事が出来るアコウですが、当然『マヅメ』が
最もよく釣れる時間帯です。

マヅメといっても、朝マヅメと夕マヅメがあるのですが、
アコウの場合、私の経験からは、『朝マヅメ』の方が
圧倒的に釣れますよ。

 

夕マヅメでは1時間くらい釣れます

夕マヅメの場合、アコウの食いが立ってくるのが、
夕日が沈んでから、で沈みきったら、今度は一気に
食いが落ちるので、よく釣れる時間の長さは、30~1時間くらいです。

 

朝マヅメでは4時間くらい釣れます

対して、朝マヅメは少し空が薄暗くなる時からガンガン釣れて
完全に日が登ってからも少し釣れにくくなるものの、
釣れ続きます。

だいたい午前9時くらいまでは比較的よく釣れるので、
朝5時から、となると4時間は釣れる時間がある、という事です。

なので、アコウをルアーで釣るのなら、『朝マヅメ』が
オススメですよ。

 

アコウはどんな天候が釣れやすいの?

アコウも他の魚と変わらず、晴れているより曇り・雨。
無風よりも、風がある程度吹いている方がより活性が上がります。

ですが、晴れているからといって全然釣れない、という事は
なく、釣りにくくなる程度なので、それほどシビアに天候を
気にする必要はないでしょう。

 

アコウはどんな潮位と潮だったら釣れるの?

もちろん、潮は動いている方が釣れますが、潮止まりだからといって
まったく釣れないという事はないですし、潮位に関しては
干満の差が50cmとあまり無い日本海側だから、かもしれませんが、

ほとんど干潮・満潮で釣果の差を感じた事はありません。
なので、潮位や潮はあまり気にしなくてもいいですよ。

 

釣れるポイントはどこ?

外海の方がより釣れる

アコウは湾内でも釣れますが、外海に面している
所の方が魚影が濃い傾向があります。

なので、基本的には外海のエリアを狙っていくと
いいですよ。

 

障害物が絡んでいるポイントが釣れる

アコウは根魚で障害物に隠れるのが好きなので、
何か隠れる所がないと、基本的には釣れないので、

・地磯
・テトラ帯
・サーフにあるシモリ

等がポイントになります。
アコウを釣るのでしたら、何か障害物がある所を狙いましょう。

 

でも『漁港』はNG

障害物のある代表的なポイントとして『漁港』があります。
ですが、アコウは根魚で回遊したりはしないので、
基本的に1度釣ってしまうと翌年まで
魚の補充がききません。

漁港は足場もよく、誰でも釣りにくる所なので、
真っ先にアコウは釣られて、いなくなってしまっているんですね。

なので、漁港でアコウを狙っても大抵貧果に終わります。
なので、漁港以外で、人があまり来ない様なポイントを
狙う様にしましょう。

 

まとめ

checkmarkアコウは日本海側で釣れる

checkmark数釣り出来るがサイズは30センチまで

checkmark釣れる時期は『夏』

checkmark朝マヅメが最も釣れる

checkmark天気や潮・潮位はあまり気にしなくてOK

checkmark外海で障害物のあるポイントを選ぶ

という事ですね。

 

アコウを釣る為のルアーやタックルは?

012 (1)

釣るために必要なタックルやルアーは
別ページにてまとめています。
こちらのページを見れば、アコウを釣る為に必要なルアーや
タックルがどんなものか、全部分かりますよ。

arrow_orange[1]アコウを釣るのに必要なルアーやタックルについてはこちらへ

 

こちらの記事もオススメです

arrow_orange[1]アコウ釣りにオススメ|5000円前後のカラフルで感度も良いエギングロッド

arrow_orange[1]ドラグ性能もバッチリ!アコウ釣りにも使える3000円台のダイワ製スピニングリール

arrow_orange[1]アコウが一番釣れるルアー【マナティー60】の紹介

arrow_orange[1]遠投して一人でアコウ爆釣!メタルジグの使い方

arrow_orange[1]実は【アイスジグ】でもアコウは釣れます|使い方等を紹介




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

    幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

    詳しいプロフィールはこちら

    最新情報などをツイッターやフェイスブックでお届けしているので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。