チヌのフカセ釣り|固定浮き釣法2つのメリットと使い所も紹介!

040 - コピー

チヌのフカセ釣りのメソッド、固定浮き釣法の特徴を
書いていきますね。

 

チヌのフカセ釣り固定浮き釣法のメリット

・浮きを固定するので仕掛けをイメージ通りに動かしやすい
・浮きが固定されているので仕掛けのトラブルが少ない

メリット1 浮きを固定するので仕掛けをイメージ通りに動かしやすい

誘導しかけの場合、浮きが固定されていないので、竿を動かして浮きを
動かすと、

・誘導なので道糸に引っ張られて直接仕掛けが動く
・浮き自体が動いて仕掛けが引っ張られる

と2重で動く為、仕掛けを動かすイメージがつかみにくいです。

具体的な事例を挙げると、
投げるポイントを間違ってポイントまで仕掛けを引っ張って来る時に、
ポイントをずらしたいのに、直接仕掛けが引っ張られて仕掛けが浮くだけ、
という事が多発します。

固定浮きの場合、浮きが固定されているので、竿を動かして浮きを
動かしたら、その分だけしっかりと浮きの下の仕掛けもその分だけ
動くので、ポイントの調整がすごくやりやすいのが固定浮き仕掛けなのです。

浮きが固定されているので、狙っている棚や、遠投した時の仕掛けの動きも
非常にイメージしやすいのがメリット、となります。

 

メリット2 浮きが固定されているので仕掛けのトラブルが少ない

浮き止め糸や金具等を使って複雑な仕掛けとなる誘導仕掛けと違い、
固定浮き仕掛けは浮き、オモリ、サルカン、針だけ、と非常にシンプルな
仕掛けです。

シンプルな仕掛けはトラブルが非常に少ないです。
誘導仕掛けだと、浮き止め糸がずれた、金具部分でからまった、
ラインがウキ止めの金具にひっかかり、浮き止めの部分まで沈んでいかない、
等のトラブルが少なからず発生します。

固定浮き仕掛けはそんなトラブルとは無縁です。
当然、トラブルが少なければ釣りの時間が増し、より釣れまし、
仕掛けの心配が減るのでその分集中出来るという事です。

また、トラブルが少なければストレスなく釣りが出来ます。
せっかく休日に釣りに来ているので仕掛けのトラブルで
イライラしていたら本末転倒ですよね…。

トラブルが少ないという事はそれだけで釣果をアップさせる、
という事です。

 

チヌのフカセ釣り固定浮き釣法のデメリット

・浮きを固定するので竿の長さ(約5m)以上深い所を攻める事が出来ない
・浮き下を長くとればとるほど投げる時の仕掛けが長くなり投げにくい


デメリット1 深い所を攻める事が出来ない

仕掛けを自在に操れ、トラブルが少ない固定ウキ釣法ですが、
浮きを固定させるので、竿の長さ以上の水深は攻める事が出来ません。
チヌのフカセ釣りの竿が約5m~5.5mなので、水深5m以上の水深は
実質狙う事が出来ません。

チヌのフカセ釣りのポイントは水深10m以上の所は珍しくないので
その様なポイントは固定釣り釣法では攻める事が出来ません。

 

デメリット2 浮き下を長くとると投げにくい

浮きが固定される為、浮き下を長くとると仕掛けの全長が長くなり
その分投げにくくなってしまいます。

 

固定浮き釣法の一番の使い所は?

水深5mまでのポイント

です。水深の深い所の中層を狙う、という考え方もありますが、
チヌのフカセ釣りの基本はあくまで底です。

水深が5mより浅いポイントなら底もしっかり狙えますし、
固定浮きのトラブルの少なさ、仕掛けの操作のしやすさのメリットを
最大限に生かせる事でしょう。




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターではブログでは紹介していない釣り初心者に役立つプチ情報の紹介を、

フェイスブックでは釣りに関する近況やブログ裏話などをお届けしています。

どちらもブログでは読めないコンテンツとなるので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。