11月下旬の坊勢島メバリングで好釣果|日中・夜間のパターンとヒットルアーを紹介

11月下旬の坊勢島メバリングで好釣果

2018年11月25日~26日にかけて坊勢島まで泊まりで釣りに行ってきました。

せっかくの泊まり釣行なので、

・メバリング
・タチウオ釣り
・アジング

と3本立ての釣行となりました。今回はその中の【メバリング】釣行についてお伝えします。

当日のメバリングの様子

当日のヒットパターン

ヒットルアーとその使い方

について詳しく説明していきますね。

スポンサードリンク

午後3時過ぎのフェリーに乗って坊勢島に到着

メバリングをする為に坊勢島に到着

午後3時過ぎのフェリーに乗って坊勢島に到着です。

坊勢島にはフェリーでいけます
坊勢島へは姫路港からフェリーを使って行く事ができますよ。詳しいフェリー情報はこちらへ

メバリングの前に【みなと旅館】にチェックイン

メバリングの前に【みなと旅館】にチェックイン

素泊まり料金が安いという事もあり、今まで山本民宿で泊まっていましたが、今回はレンタカーを借りる事が出来なかった事もあり、

『フェリーが発着する港から近くの宿がいいなあ。』という事で、今回は【みなと旅館】に泊まりました。

坊勢島には2つの旅館がありますよ
みなと旅館の素泊まりは朝食なしが5000円、朝食ありが5500円となります。山本民宿の場合素泊まり・朝食なしだと3500円。2000円の違いがありますが、実際に泊まってみるとフェリーが発着する港から近いのはやっぱり便利なので、+2000円の価値はあるなあ、と私は思いました。

 

午後4時30分頃からメバリング開始

午後4時30分頃から坊勢島メバリング開始

まだ日が高いですが宿のチェックインも終わったので午後4時30分頃からメバリング開始です。

 

水温は約16度だった(一度測定後、電池切れで測定不可に・・・)

坊勢島メバリングを始める前に水温測定

水温は約16度。一度測定後、水温計が電池切れとなり測定不能になったので上の画像は数字が書いていない状態となっています。

 

他の釣具も多いのでコンパクトロッドを持ってきました

メバリング用コンパクトロッド

この日はタチウオ・アジングの釣り道具もあり釣具がたくさんとなったので、メバリングとアジングはコンパクトロッドにしました。

 

あのデイメバリング爆釣ルアーカラーを再現したワームです

デイメバリング用の新ワーム

今回のメバリング釣行では、私が10年以上前に使用してたママワームシュリンプの【グリーンコアショット】というカラーを再現した新ワームを使いました。

10年以上前、ちょっと話題になったワームとカラーなので知っている方もそれなりにいると思います。

結果は思った通りメバルの反応が良かったです。

【グリーンコアショット】というカラーを再現した新ワームについて詳しくはこちら

 

フリーフォールパターンでメバルが連続ヒット!

坊勢島メバリングで連続ヒット

最初はスローリトリーブでチェックしていくも、どうも反応がよくないので、フリーフォールさせると岸壁の際からメバルが反転して食ってきました。

最初は1.0gのジグヘッドを使っていましたが、釣っている内に軽い方がいい事が分かってきたので、途中から0.5gのジグヘッドを使用していました。

 

メバルの乗りが悪いので少しワームを切って対応

坊勢島メバリングで連続ヒット2 坊勢島メバリングで連続ヒット3

メバルのアベレージサイズが13~15センチと小さめでノリが良くなかったので、ワームのヘッド部分を一部切って、2インチから1.5インチに。

ワームを切ってのダウンサイジングも考えてデザインされているので、ヘッド部分を切ってもワームのバランスがほとんど崩れないですよ。

 

夕マヅメになるとメバルのサイズもUP!

坊勢島メバリングで良型メバルが釣れました

夕マズメになるとメバルのサイズもUP!釣れ方もフリーフォールからスローリトリーブの方が釣れるようになってきて20センチ前後の良型もヒットさせる事が出来ました。

 

夜になると常夜灯周りで飽きない程度にメバルがヒット!

夜のメバリングではスローリトリーブでメバルがヒット スローリトリーブで好調にメバルがヒット

夜になるとアベレージサイズも16~18センチくらいにUP!入れ食いとまではいかないまでもスローリトリーブで飽きないくらいにメバルがヒットしてくれます。

 

最後に本日最大サイズのメバルを釣って終了

坊勢島メバリングのシメは20UPの良型メバル

最後に本日最大サイズとなる23センチ程のメバルを仕留めて満足。この時点でもう午後6時40分くらいになっていたので、タチウオ釣りにシフトするのでした。

 

11月下旬坊勢島メバリングの釣果

11月下旬坊勢島メバリングの釣果

・メバル 13~23センチ 20匹程

 

11月下旬坊勢島メバリングまとめ

日中はやっぱり【影】がキーポイント

夕方の早い時間帯はやはりメバルも壁際や船の下にいる状態で活性も低かったです。見えているメバルの少し上をスローリトリーブするも、ほぼ無視の状況でしたが、フリーフォールさせると、一気に浮き上がってきてバイトしてきましたよ。

今回の日中ヒットパターンの最大キモは【カーブフォール】でなくて【フリーフォール】である事です。ほぼ垂直に落ちていくワームにしか興味を示しませんでした。

日中にメバルが見えているけど反応が悪い、と思った時のパターンとして覚えておくといいですよ。

 

夜間はやっぱりスローリトリーブ

日が暮れてくると今度はフリーフォールの縦の動きではなく、横の動きのスローリトリーブに好反応。メバリングは状況に応じてレンジや釣り方をアジャストさせていくのが楽しくもあり大きな魅力でもあります。

 

坊勢島ではアジとの釣り分けも意識してポイント選択を

11月~12月の坊勢島のメバリングはアジングと時期がかぶります。メバルのいるポイントはほとんどメバルしかいないですし、アジのいるポイントではほとんどアジしかいないです。

坊勢島のメバルはどちらかというとあまり外海に開けていない所、アジよりやや潮通しの悪い所にたくさんいますよ。

あとアジが岸際に寄る事が多いのに対して、メバルは沖の方でも群れと作ったりするので、そのあたりを意識して釣り分けていくとよりメバルを数釣る事が出来ると事でしょう。

 

当日のメバリングヒットルアー

フィード ワーム 釣れ釣れグリーン 2インチ 10本入

今回のメバリングで大半の釣果をあげたのが【フィード ワーム 釣れ釣れグリーン 2インチ】です。

今では非常に珍しくなった【コアショットカラー】が超ナチュラルにメバルを誘ってくれますよ。特にデイメバリングに威力を発揮するワームです。

【フィード ワーム)釣れ釣れグリーン 2インチ】について詳しくはこちら

 

アジまっすぐ0.5g

基本ジグヘッドまっすぐを愛用しているのですが、ジグヘッドまっすぐは0.75gまでしかないので、0.5g以下はアジまっすぐを使っています。メバリングまっすぐと比べると丸っこいジグヘッドのデザインでダートよりリトリーブよりのヘッド形状となっているのが特徴です。




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

ABOUTこのブログの管理人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターではブログでは近況の様子や釣り初心者に役立つプチ情報の紹介を、

フェイスブックでは私個人の釣りに対する考え方やツイッターより詳しい近況報告などをお届けしています。

どちらもブログでは読めないコンテンツとなるので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。