坊勢島への行き方|フェリーやアクセス・時刻表・注意点を1記事にまとめました

006 - コピー

大阪近郊から行ける身近な爆釣バラダイスの家島諸島。
その中でも、坊勢島は、メバル、アジ、タチウオ、アオリイカ、と
ソルトライトルアーフィッシングにぴったりなポイントです。

そんな坊勢島の行き方や注意点等を書いていきますね。

坊勢島には姫路港からフェリーで行けます

家島諸島の坊勢島へは姫路港からフェリーがでているので
そこから行けますよ。

運行しているフェリー会社は輝観光と坊勢汽船です。
両方料金は片道1100円、往復で2200円です。
大阪近郊の渡船代とほとんど変わらない料金です。

 

坊勢島の最終便は19時20分まで

平日の坊勢島の最終便は19時20分まで、なので、
それまでにフェリーに間に合うように釣行しましょう。
最終便に間に合わないと、次の日の朝まで島にいないといけなくなります。

※土日は輝観光が20時15分までの便がありますよ。

 

詳しい時刻表・アクセスや料金などは公式HPにて確認!

坊勢汽船の詳しい料金・時刻表・アクセスなどは公式HPにて書かれています

輝観光の詳しい料金・時刻表・アクセス等は姫路市の公式HPにて紹介されています
(※2017年9月時点ではトラブルか何か分かりませんが、HPを閲覧する事が出来なくなっています。なので、下のリンクの【輝渡船・坊勢汽船の時刻表】で輝観光の時刻表はご確認お願いします。)

輝渡船・坊勢汽船の時刻表一覧は家島観光事業組合にて書かれています

 

出発前に電話で最終便を確認

フェリーの出発時刻等は天候等によって変更されている場合があります。
出発前に電話でフェリーの時刻の確認をしておくとよりいいですよ。

夜半釣り等で、最終便ギリギリまで粘る場合は必ず最終便が何時までか
電話でも、フェリーに乗る時にでもいいですから、必ず確認しましょう。
時々荒天等の理由で最終便が早く終る場合があります。

最終便は次、と思っていたら、実は最終便はもう行った後だった、
という事にならないように…。

 

その他注意点

スパイクシューズを履いてフェリーに乗るのは禁止!

漁港だけではなく、地磯やテトラ帯を攻める場合はスパイクシューズは
ほぼ必須アイテム、といえますが、フェリー内にスパイクシューズを履いたまま、
乗り込むのは禁止です。

恐らく、スパイクシューズで乗られると、フェリーのデッキがスパイクで削れて
痛み為、と思われます。

なので、スパイクシューズを使いたい時は履かずに、別の袋や入れ物等にいれて
持ち運ぶといいですよ。

 

ルアーのむき出しも禁止

フックなど、針をむき出しにしたまま、フェリーに乗り込むのも禁止です。
釣り人も多いとはいえ、一般人の方が釣り人よりはるかに多く乗船しています。

フックが一般のお客さんに刺さったら一大事なので、
ルアーを付けるのは現地に着いてからすれば、何も問題ありません。

 

船員の好意的に対応してくれる今の環境を壊さない為に

フェリーを使って釣りにくる人も多いのでしょう、
釣り人の大きな荷物を運ぶのを手伝ってくれたりしてくれ、
とても好意的に釣り人に接してくれます。

今は、釣り人歓迎、の雰囲気もあるフェリーですが、
私達が、マナー違反をして、他の一般のお客さんに迷惑や怪我等を
させたら、今の状況は一変し、フェリーには、釣り人乗船禁止!

という事にもなりかねません。なので、最低限のマナーは守り、
皆が気持よく、フェリーを使える様にしていきましょう^^




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターではブログでは紹介していない釣り初心者に役立つプチ情報の紹介を、

フェイスブックでは釣りに関する近況やブログ裏話などをお届けしています。

どちらもブログでは読めないコンテンツとなるので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。