3月の福井デイメバリング釣行記|当日の様子と攻略法やオススメお土産紹介も

022

今回は、暖かい陽気が続いていたので、
これは、メバルが入れ食いかも?と思い、
福井方面までデイメバリングに行ってきましたよ。

春の福井デイメバリング攻略法

当日のメバリングの様子

常神周辺のオススメスポットとアイスの紹介

が見どころとなっています。

 

狙いは第1陣の『春告魚』

今回の狙いは、産卵を終え、体力の回復したメバルがエサを
求めて接岸してくるのをデイゲームで狙い撃つ、とう狙いです。

 

春のシーズン初期は数も型も揃う

・春シーズンの最初に入ってくるメバルのサイズが大きい事が大きい事

・最初に入ってくる群れが一番大きくて入れ食いの可能性が高い事

から、福井の春シーズン初期は美味しいんです。

 

でも、タイミングを外すとボウズに

ですが、群れが入っていないと、水温もまだ低い事もあり、
ほぼ、確実にほげます。ハイリスク、ハイリターン、という事ですね。

では、結果どうなったのか?今から福井デイメバリング釣行記、
始まります。

 

敦賀湾周辺からデイメバリング開始

011

最初に選んだエリアは『敦賀湾』今回は朝マヅメと共に、
ゴムボートを使って、沖テトラに渡ります。

 

水温が低すぎる

012

今年は雪も少なく、暖冬傾向、という事で水温が高いと思っていたのですが、
なんと、水温…

9.6度!

10度すらありません。福井方面のデイメバリングでは水温がかなり
重要で、基本的に12~16度でないと成立しません。

つまり…やばい、という事…。

 

アタリも何もないまま次のポイントへ

 013

結局、30分程ルアーを通すも、うんともすんとも言わないので、
ポイントを移動する事にしました。

 

常神半島まで移動

015

大きくエリアを変えないと、海水温は変わらない、
という事で常神半島まで約1時間かけて移動です。

 

やはり、水温が低い

017

大きくエリア移動しましたが、水温は10.4度…
やっぱり低いです。

 

小メバル1匹で終了

 016

もちろん、こんな水温では勝負にならなく、
小メバル1匹で終わったのでした。

 

常神半島には『梅の里会館』がありますよ

033

常神半島周辺には『梅の里会館』があり、福井名産の梅や
お土産等がありますよ。今回は帰りに寄って、『うめのさとあいす』を
食べました。

 

『うめのさとあいす』が美味しい

024

色々なお土産や特産品が置いていますが、
『うめのさとあいす』
甘酸っぱい味がして、特産品、という感じですし、
結構美味しかったのでオススメです。

梅の里会館について詳しくはJA敦賀見方のHPに書かれています

 

今回のデイメバリングのまとめ

・早春のデイメバリングはハイリスク・ハイリターン

・今回は水温が低く撃沈

・常神半島周辺に来た際には『梅の里会館』でお土産を買うといい

という事でした。




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターではブログでは紹介していない釣り初心者に役立つプチ情報の紹介を、

フェイスブックでは釣りに関する近況やブログ裏話などをお届けしています。

どちらもブログでは読めないコンテンツとなるので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。