デイメバリングを始める前に|ナイトゲームとデイゲームの4つの釣り方の違いを解説

deitonaito

あなたも日中に釣るメバリング、『デイメバリング』してみたくないですか?
夜に釣るメバリングもいいですが、やり取りなどが全て見えるデイゲームは
ナイトゲームには無い開放感があり、釣りをしていてもとても気持ちいいです。

ですが、まだまだデイメバリングの情報は少なく、
『デイメバリングをしたいけどどう釣れば良いのか?』
分からない事がたくさんありますよね。

メバリング歴10年の経験から、デイゲームとナイトゲームのメバリング
の違いを伝えていきますね。

 

1箇所に固まるデイゲーム、各所に散らばるナイトゲーム

メバリングには様々な状況があり、絶対、というのはなにですが、
基本的には、ナイトゲームと比べ、デイゲームはポイントの一番いい場所、
に 集中している事が多いです。

ナイトゲームに慣れていたら、『どこにメバルがいるか』分からなくなる事が
多いです。デイゲームは『その日の一番よい条件のポイント』に固まる事が
多いので、その点注意してメバルを釣っていきましょう。

 

時合が短いデイゲーム、時合が長いナイトゲーム

ナイトゲームと比べ、メバルが釣れる『時合』が短い事が
多いのがデイゲームの特徴です。

メバルが釣れ続ける時間は通常30分前後、ヘタすると5分、という事も
あります。

なので、デイゲームで釣れ始めた時は集中力を高めて、
時間をおかずに釣り続ける様にしましょう。
1匹釣れたから、と写真撮影とかを5分、10分と続けていたら
大事な時合を逃してしまいますよ。

 

ワームメインのデイゲーム プラグ等も使えるナイトゲーム

ナイトゲームは常夜灯周りのメバリングでも、明るいのは常夜灯周辺のみで、
その光も日中の太陽光と比べると圧倒的に暗いです。

なので、ワームよりプラグ等のハードルアーの方が釣れる場面が多々ありますが、
デイゲームはナイトゲームと違い、周囲が明るい為、プラグ系のルアーはほとんどの場合
見破られ、釣れません。

デイゲームで唯一釣れるハードルアーはメタル系ルアーですが、
その出番もあまり多くはありません。
なので、デイゲームは基本的にはワーム、又はよりナチュラルなカブラ等で釣る事になります。

なので『プラグでメバルを釣りたい!』と考えているなら
デイゲームはやめておいた方がいいですよ。

 

条件が限られるデイゲーム 条件の幅が広いナイトゲーム

メバルのデイゲームを成立させるのにはたくさんの条件が必要です。
水温・風・天気・ベイト・潮・時間…

条件が必要、という意味ではナイトゲームも一緒なのでは?
と思うかも知れませんが、ナイトゲームの場合は、条件がいくつか
揃っていなくても、なんとか釣れる事が多いのに対して、

デイゲームの場合、条件が1つ2つ欠けると、
そのポイントにメバルすらいない…という事になります。

 

デイメバリングとナイトメバリングとの違いのまとめ

デイメバリングは、ナイトメバリングと比べて

・1箇所にメバルが集まる

・時合が短い

・ルアーのメインはワーム

・釣る為にはより多くの条件が必要

という事ですね。
ナイトゲームと比べるとどうしても難易度は上がってしまいますが、
青空の中で釣るメバリングは格別ですよ。




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

最新情報などをツイッターやフェイスブックでお届けしているので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。