大阪の管理釣り場|岸和田フィッシングパークで一人爆釣となったヒットパターンとルアーを紹介

大阪の管理釣り場|岸和田フィッシングパークで一人爆釣となったヒットパターンとルアーを紹介

2020年3月7日、大阪南部にある管理釣り場【岸和田フィッシングパーク】へ釣りにに行ってきました。

最初は釣るのに苦戦するもヒットパターンをみつけてからは次々ニジマスを釣る事が出来ましたよ。

岸和田フィッシングパークってどんな管理釣り場?

当日の岸和田フィッシングパーク釣行の様子

一人爆釣となったヒットパターンとルアー

についてお伝えしますね。

スポンサードリンク

岸和田フィッシングパークってどんな管理釣り場なの?

岸和田フィッシングパークってどんな管理釣り場なの?

岸和田フィッシングパークは大阪府岸和田市にある【中央公園スポーツ広場】内にある【中央公園プール】にニジマスを放流して出来た管理釣り場です。

プールがオフになる晩秋~春の間管理釣り場として運営をしています。2019年11月1日にオープンしたばかりの管理釣り場で、今年は2020年5月10日まで営業するとの事です。

2019年11月からオープンとなったかなり新しい管理釣り場です。市街地のど真ん中にあるので、大阪南部に済んている人にとっては、非常にアクセスがいいのが嬉しいですね。

公式のフェイスブックで毎日の様子をお伝えしているみたいです。

岸和田フィッシングパークの詳しい様子は公式フェイスブックページへ

 

公式HPが無いので簡単な施設の紹介をします

公式のフェイスブックページはあるのですが、フェイスブックでは詳細な情報が載ってなく、公式HPが無いので簡単に施設な紹介をしておきますね。

 

岸和田フィッシングパークの営業期間・お問い合わせ先

営業期間:11月1日~5月10日(※気象条件及び水温の上昇により早期終了及び臨時休園となる事あり)
営業時間:9時~16時(受付は14時まで)
定休日:月曜日(祝日の場合はオープン)
お問合せ先電話番号:080-9370-2359

 

岸和田フィッシングパーク管理釣り場の料金

ニジマス釣り料金

一般(高校生以上)
1日券:3300円
4時間券:2200円
2時間券:1100円
見学券:200円

中学生以下
1日券:1700円
4時間券:1100円
2時間券:700円
見学券:200円

 

岸和田フィッシングパークの管理釣り場基本ルール

岸和田フィッシングパークの管理釣り場基本ルール

・ニジマスは3匹までお持ち帰り頂けます。
(4匹目からは1匹につき300円料金がかかります)
・リリース可能です。
・ルアーは全てシングルのバーブレスフックのみ。
・フライ・フェザージグは【ルアーフライ専用エリア】でのみ使用可能です。
・ルアー専用エリアではフライ・フェザージグの使用禁止
(管理釣り場スタッフからフェザージグOKのアナウンスがある場合は使用可能。)

※2020年3月7日時点

 

駐車場はたくさんあるので駐める場所には困りません

駐車場はたくさんあるので駐める場所には困りません

普段から多くの人が集まる公園にあるプールを管理釣り場にしている為、公園用の駐車場が近くにたくさんあり、自動車を駐車するのに困りません。

 

ネットとビクはレンタル出来ます

ネットとビクはレンタル出来ます

ネットとビクは施設に用意されていて、レンタルする事が出来ますよ。

 

今回使用したルアーは【フェザージグ】

今回使用したルアーは【フェザージグ】

今回使用したルアーは【フェザージグ】です。

フェザージグはスプーンやミノーと比べてとても良く釣れるので、最近ではずっとフェザージグを使っています。

フェザージグについて詳しい説明はこちら

 

岸和田フィッシングパークではフェザージグはフライと同じ扱い

岸和田フィッシングパークではフェザージグはフライと同じ扱い

岸和田フィッシングパークでのフェザージグの扱いは【フライと同じ】との事。

なので、ルアー専用エリアでは基本使えず、【ルアーフライ専用エリアでのみ】使用できます。

 

岸和田フィッシングパークで釣り開始!

岸和田フィッシングパークで釣り開始!

午前11時過ぎ、4時間券を購入して岸和田フィッシングパークで釣り開始です。今回はフェザージグを使用しているので【ルアーフライ専用エリア】へ向かいます。

 

流れるプールでの魚釣りは不思議な気分

流れるプールでの魚釣りは不思議な気分

【ルアーフライ専用エリア】は流れるプールを釣り場にしています。流れるプールでの魚釣りは初めての経験。なんか不思議な気分です。水は緑色に濁っている状態。スティンとマッディーの中間といった所でしょうか。

でも釣れなさそうな濁り方ではありません。

 

水温は約11度

水温は約11度

水温は約11度。場所が違いますが、1ヶ月前に管理釣り場に行った時の水温が約7度だったのでかなり上昇しています。

 

まずは中層のスローリトリーブで初フィッシュ!

まずは中層のスローリトリーブで初フィッシュ!

釣り開始して数分。まなこフェザージグマラブー0.5gを中層でスローリトリーブしていると早速ニジマスがヒット!

岸和田フィッシングパークで初ニジマスをゲットです。

 

その後しばらく沈黙

その後しばらく沈黙

幸先よく1匹釣れて、『今日は楽勝で入れ食いかな?』と思ったのですが、そうは問屋がおろさないみたいで、その後しばらくノーバイトの時間が続きます。

 

どうもニジマスは底にいるみたい

どうもニジマスは底にいるみたい

その後、フェザージグミノーやフェザージグニンフ等に変更したり、表層シェイキングやリフト&フォール等色々するもバイトはなし。

水が濁っているとはいえ、見えているニジマスがほとんどいない事から、『底べったりにいるのでは?』と思いまなこフェザージグマラブー0.5gを底に沈めてからのデッドスローリトリーブ(6秒にリール1回転くらい)していくとアタリが出始め、約1時間ぶりにヒット!

『このまま1匹で終わるかも?』と思ったので一安心です。

 

ベタ底&デッドスローリトリーブで次々ヒット!

ベタ底&デッドスローリトリーブで次々ヒット! ベタ底&デッドスローリトリーブで次々ヒット!2 ベタ底&デッドスローリトリーブで次々ヒット!3

一度ヒットパターンを掴んだらこっちのもので、その後はアタリも途絶える事なく次々にニジマスがヒット!

他の釣り人がほとんど釣らない中、ニジマスを複数釣る事に成功。

【ルアーフライ専用エリア】ではエサ釣りエリアと同じプールである為か、ニジマスの平均サイズは小さめで20~25センチくらいでした。

ルアーフライ専用エリアでは本気で釣っている人は少ない
ルアーフライ専用エリアでは本気で釣っている人は少なく、ルアー専用釣り場の人が時折きたり、フライ組やルアー初心者がのんびり釣りをしている感じでした。その事も一人だけ次々ニジマスをヒットさせる事が出来た大きな要因です。

 

【ルアー専用エリア】でフェザージグが解禁!

【ルアー専用エリア】でフェザージグが解禁!

ルアーフライ専用エリアで引き続き釣っていると、午後2時30分頃に放送があり、『ルアー専用エリアで今からフェザージグ使用可能とします。』とのアナウンスが。

これはせっかくの機会という事で、早速フェザージグを持って【ルアー専用エリア】に行きました。

 

同じヒットパターンで入れ食い!

同じヒットパターンで入れ食い! 同じヒットパターンで入れ食い!2 同じヒットパターンで入れ食い!3

ルアー専用エリアに到着後(徒歩30秒くらいですが)早速釣り再開。ルアーフライ専用エリアと同じパターンを試してみると1投目から早速アタリが。

今までフェザージグを投入されていないのですから、当然?の反応です。

その後は思った通りの入れ食い。ルアーフライ専用エリアよりニジマスのサイズが一回り大きく(25~30センチくらい)かなり楽しむ事が出来ました。

ルアー専用エリアは本気の釣り人が多い
ルアー専用釣り場ではタックル等から本気で釣り人が多かったです。でも釣れている人は散発的・・・釣りに行った当日にフェザージグが解禁となり使えるかは不明ですが、使えたらイレグイとなる可能性は高いのでフェザージグ1,2個は持っていた方が良いかも、です。

 

午後3時20分にストップフィッシング

午後3時20分にストップフィッシング

たくさん釣れて楽しかったのですが、午後3時20分にて4時間券の時間がきてストップフィッシング。こうして岸和田フィッシングパーク釣行を終えたのでした。

 

動画もあります

今回の岸和田フィッシング釣行はユーチューブ動画もありますよ。実際にどんな風に釣っているか、より分かるので良かったら観てくださいね。

 

岸和田フィッシングパークでの釣果

岸和田フィッシングパークでの釣果

・ニジマス 20~30センチくらい 30匹程

 

岸和田フィッシングパーク釣行まとめ

ヒットパターンはまなこフェザージグマラブーのスローリトリーブ

まなこフェザージグニンフやミノーも試しましたが、今回釣れたのは【まなこフェザージグマラブー】でした。水深も1.3mくらいと浅く広くもないので、重たいウエイトはいらず、0.3~0.5gがオススメ。

カラーはイエロー・ブラック・オリーブの3種類試しましがどれでも釣れました。広くはない釣り場なのでカラーローテーションさせながら釣っていくのが良さそうです。

リフト&フォールやシェイキング、表層巻き等も試しましたがこの日のニジマスはべた底にいるみたいでフリーフォールで着底させてからのスローリトリーブが圧倒的によく釣れました。

 

釣れたポイントはプール中央部

どんな魚でも地形変化のある所に居着くのがセオリーでニジマスも例外ではありません。が、今回はプールの両端ではなく、プール中央部でニジマスのアタリがたくさんありました。

理由ははっきりとは分かりませんが、この日のニジマスは中央部に群れが固まっていた様子です。

 

通常のルアー(ミノーやスプーン等)では大苦戦するかも

『どれくらい釣れるのかな?』とルアー専用エリアでの釣りの様子を見ながら釣りしていたのですが、これが本当釣れていない。

散発的に釣れているものの、ほぼ満員の状態で複数の釣り人がいる中でイレグイとなっている人はいなかったみたいです。

私が釣り場に着いてからは一度も放流はなく、どうやら放流は毎日ではない模様。放流のあった日はよく釣れるかも知れませんが、そうでない日は、スプーンやミノーでは苦戦しそうです。

なのでミノーやスプーン派の方は人的プレッシャーがかかっていない営業時間直後の時間帯を狙うといいと思いました。

 

普段フェザージグを使わない方も1~2個持っておくと良さそう

通常、ルアー専用釣り場ではフェザージグ使用禁止ですが、営業スタッフからの放送でフェザージグが解禁となる時があります。

普段フェザージグが禁止されているルアー専用釣り場なので、解禁となった時にフェザージグを使えば入れ食いとなる確率が極めて高いです。

今回たまたまフェザージグ解禁の時間があり、ルアー専用釣り場でフェザージグを使えたのですが当たり前の様に連続ヒットとなりました。

フェザージグ解禁となった後も私以外の釣り人はフェザージグを使っている釣り人はいない様子でした。恐らく私以外誰もフェザージグを持っていなかったのでしょう。ルアー専用釣り場では基本フェザージグ使用禁止ですから。

なので、フェザージグ派ではない、ミノーやスプーン派の方もフェザージグを持っていると、解禁となった時に一人で気持ちよく爆釣できる可能性が非高いので、お守り代わりに1~2個フェザージグを持くと良さそうです。

ルアー専用釣り場でフェザージグが解禁となる時はどんな時?
スタッフに聞いた所、ルアー釣り専用釣り場でフェザージグが解禁されるタイミングは【釣り場が釣れなくなった時】との事ですよ。

 

岸和田フィッシングパークでのヒットルアー

まなこフェザージグマラブー

今回活躍したのは【まなこフェザージグマラブー】です。岸和田フィッシングパークに限らず、どんな管理釣り場でも安定した釣果をだしてくれるルアーなので、持っておくと管理釣り場の色々な場面で役立ちます。




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

ABOUTこのブログの管理人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターではブログでは近況の様子や釣り初心者に役立つプチ情報の紹介を、

フェイスブックでは私個人の釣りに対する考え方やツイッターより詳しい近況報告などをお届けしています。

どちらもブログでは読めないコンテンツとなるので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。