大阪から広島まで筏でチヌのフカセ釣り|晩秋のエサ取り対策とその釣り方

11月のチヌのフカセ釣り

11月22日にチヌのフカセ釣りをしに大阪から広島まで行ってきました。
普段はライトルアーフィッシングですが、たまには
こんな釣りもしています。

 

『TEAM CHINUPARA』の定例会

この日は『TEAM CHINUPARA』の定例会という事で
広島まで来て、参加してきましたよ。

 

エサはいつもの『白チヌ』と『チヌパワーダッシュ』

004

今回のチヌのフカセ釣りの撒き餌は、いつもの城チヌとチヌパワーDASHを使いましたよ。

 

重川釣具屋センターで待ち合わせ

019

『TEAM CHINUPARA』の今回の定例会の場所は『重川釣具屋センター』です。
ここの釣具屋の沖にある筏でチヌを狙います。

重川釣具屋センターの場所や詳しい情報は公式HPへ

(※面川釣具屋センターのHPには筏の渡しは書いていませんが、ちゃんと筏への渡船もしています。
2016年5月時点 なので詳しい筏の情報は直接電話して聞いて下さいね。)

 

チヌのフカセ釣り開始!

025

参加メンバーも揃ったので、チヌのフカセ釣り、スタートです!

 

餌を投入すると一瞬でフグにハリスが切られます

051

11月でまだ水温が高い事もあり、オキアミを投入すると、10~30秒でフグにハリスを切られます…
釣れないのに、どんどん無くなる針…

あまりに針が無くなるので、オキアミから練り餌に変更。
そしたらフグはマシになるものの、今度はアタリもありません。

 

釣れない、本当に釣れない…

063

それにしても、本当にチヌ、釣れない…。
11月といえば、海の魚のほとんどが適水温で、一番釣り易い季節…でないの?

 

周りはポツポツと釣れる

tinu

周りのベテランさんはポツポツながらもチヌを釣っていっています。
どうやらチヌはいるらしい…。
あまりに釣れないので、チヌいないかと思ってしまいました。

 

釣れないまま帰着時間に

059

結局、釣る事が出来ないまま、帰着時間を迎えたのでした。

 

検量の時間です

070

という事で、検量の時間です。結構皆さん、釣っています。

 

真鯛も釣れましたよ

076

今回、『TEAM CHINUPARA』定例会初参加、という女性の方が真鯛をゲットしていました。
ある意味、黒鯛より羨ましいかも。

 

最後は、みんなで記念撮影

086

最後は、『TEAM CHINUPARA』のみんなで記念撮影です。パチリ。
釣れなかったけれど、楽しい一時を過ごす事が出来ました。

 

晩秋のチヌのエサ取りと渋い時の攻略方法とは?

今回、チヌを釣った方々にどうやって釣れたか、聞いてみました。
その結果、

フグなどのエサ取りにハリスが切られるから練り餌を使用

オモリを多数打って、底付近を這わす

動かすとフグ等に見つかりやすくなるので、極力刺し餌は動かさない

という事でした。
今回に限らず、チヌの活性が低く、がなかなか釣れない時は、『底に這わせる』という方法が
効く事が多いので覚えておくといいですよ。

私も、次からそうします…。




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

最新情報などをツイッターやフェイスブックでお届けしているので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。