チヌのフカセ釣り|固定浮き・誘導浮き・全遊動釣法のそれぞれの特徴とは

 チヌふかせ釣り浮き釣り違い

チヌのフカセ釣りに大きく分けて3つの釣法があります。
その3種類の釣法とは、

・固定浮き釣法

・遊動浮き釣法

・全遊動釣法

の3種類があります。

 

固定浮き、誘導浮き、全遊動釣法のそれぞれの特徴とは

固定浮き釣法

その名の通り、浮きを固定させて釣るチヌフカセ釣り釣法です。
浮きを固定させるので、意のままに操作しやすく、トラブルが少ないのが
特徴です。

固定浮き釣法について詳しくはこちら

 

誘導浮き釣法

こちらもその名の通り、浮きが自由に動く状態にして釣る釣法です。
浮き止糸等を使う事によって、リールに蒔いているラインのどこでも
浮きを止める事が出来る様になった為、10m、20mの水深でも
底をとる事が出来る釣法です。

誘導浮き釣法について詳しくはこちら

全遊動釣法

なんと、浮きに何もつけずに釣る釣法です。底ではなく中層に浮いている
チヌも釣る!という目的の元に生み出された釣法です。その効果は非常に高く
あっという間にチヌフカセ釣りの中での王道の釣法の一つとなりました。

全遊動釣法について詳しくはこちら

 




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

最新情報などをツイッターやフェイスブックでお届けしているので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。