10月上旬岸和田一文字でルアーのタチウオ釣り|釣れない時に使える意外な攻略法とは

2018年10月10日、岸和田一文字へルアーでタチウオを釣りに行ってきましたよ。

結果は3匹のタチウオを釣るも大苦戦。夕マヅメから約2時間アタリもなくボウズの危機に瀕しましたが、なんとか釣れるパターンを見つけて釣る事が出来ました。

当日のタチウオ釣りの様子

釣れない時に使えるタチウオ攻略法

2時間ボウズとなった理由とその後のヒットパターン

についてお伝えしますね。

スポンサードリンク

15時の岸和田渡船の便に乗って出発

今回は急遽予定が空いた際の釣行なので地元の大阪(門真)から近い同じ大阪の岸和田一文字へ。夕方~半夜でタチウオを狙うので、岸和田渡船の15時の便に乗ってタチウオ釣りに出発です。

 

夕マヅメになるまでショアジギングをしていました

タチウオが釣れ始める夕マヅメまで時間があるので、それまではショアジギングをして楽しみました。

岸和田一文字でのショアジギングの様子はこちら

 

いよいよ夕マヅメとなってルアーでのタチウオ釣り開始!

ショアジギングに夢中になっている内に空が薄暗くなってきていよいよタチウオが釣れ始める時間帯に。

メタルジグのタックルを置いて、ルアーでのタチウオ釣りの開始です。今回使用したルアーは【マナティーピンテール】での【フラップ釣法】です。

以前はずっとワインド釣法でタチウオを狙っていたのですが、ここ2年はフラップ釣法にするとワインドで釣れないタチウオがいる事と、まだまだ分からない所があるので色々試しながらフラップ釣法でタチウオを狙っています。

※フラップ釣法とは
オンスタックル発祥のタチウオテンヤ+ワームでの新しいルアーでの釣り方。新しい釣り方、といってもドジョウの引き釣りのドジョウがワームになっただけで基本的な釣り方はドジョウの引き釣りと一緒。ドジョウと違い持ち運びしやすいのと保存が効くのが大きなメリットとなっていますよ。

夕マヅメから約2時間アタリなし

夕マヅメから夜になるにつれて周りではポツポツとタチウオが釣れはじめ、私のテンションも上がりますが、私のワームにはタチウオが食いついてくれません・・・。

その間でも隣ではドジョウの引き釣りの方が入れ食いとまではいかないものの、飽きないくらいのペースでタチウオを釣り続けます。

その後も完全に見失い、表層・中層・底、そして激しいアクションからスローフォールまで色々やるもまったくヒットせず。

 

釣れない時は【釣れている人に聞く】のがタチウオ攻略の最短ルート

なので一旦自分の釣りは休憩する事にして、
さっきからタチウオをヒットさせている釣り人の方々に聞いていきます。

雑談:人に釣れている様子を聞いて釣るのは実力なの?

タチウオ釣りは【釣れている水深】が釣る際にとても重要です。なので釣れている人から聞いた情報を得る事は釣果に直結する事が多いです。

では、はたして自分だけでタチウオの釣れている水深を見つけないで、それは自分の釣りの実力なのか?というと違うと思います。私の場合は『自分の実力で釣った』より、『魚がたくさん釣れた』事の方が嬉しいので基本釣れない時はタチウオ釣りに限らず人に聞きまくりますよ。

釣り初心者の方はどんどん釣っている人に話を聞くと釣りの腕もどんどん上がるのでオススメです。

 
色々な釣れている人の話を総括すると、

・タチウオの活性は低い
・タチウオは表層

という事が分かりました。タチウオを釣っている人の話しを聞いた後は自分の釣っている釣り場に戻ってタチウオ釣り再開です。

 

 

【超表層】が今回のタチウオ釣りの答えだった

最初表層(水深2mくらい)を探るも反応がない・・・。時々水面に波紋をだして泳いでいる魚がいましたが、『この魚がひょっとしてタチウオ?』と思い、そうだとしたら、【超表層】が釣れるのでは?

とタチウオテンヤの上に付いているケミホタルがギリギリ海面に浸かるくらいの【超表層】で探り出すと遂にヒット!なんとかボウズを逃れる事が出来ました。

 

その後さらに2匹のタチウオを追加して終了

その後同じ【超表層パターン】で2匹のタチウオを追加!こうして迎えの渡船が来て今回のタチウオ釣行は無事に終わったのでした。

 

10月上旬岸和田一文字タチウオ釣りまとめ

タチウオ釣りで見失ったら【釣れている人に聞く】のが釣る為の一番の早道

釣れなくて見失っている時はやっぱり【釣れている人】に聞くのが一番の早道です。タチウオ釣りは有名な防波堤で釣りする事がほとんどで【周りに釣り人がいない】といった事は少ないはず。

タチウオは特のその日の釣れている水深や活性が分かると【釣れない】から【釣れる】となる事が本当に多いです。

『人に聞いたら自分で釣った事にならない!』といった考えが強くないなら、素直に釣っている人に色々話を聞いてみましょう。釣れている人は基本上機嫌なので、ほとんどの場合は親切に色々教えてくれますよ。

 

今回は【超表層シェイキング】が低活性のタチウオに効いた

10月上旬の割にタチウオの活性が低くて大苦戦しました。今回釣れたメソッドは【超表層シェイキング】

テンヤの上につけたケミホタルが海面につくかつかないかのギリギリ(テンヤからケミホタルまでが約80cm)の超表層でマナティーピンテールをシェイキングしながらソローリトリーブする方法で釣りました。タチウオってシェイキングでも釣れるんですね。新しい発見でした。

さらに軽いテンヤがあるともっと釣れるのでは?

今回は超表層と分かってからは11gの軽量のテンヤを使用していましたが実際にこの重さで超表層を攻めると沈下スピードが早すぎる・・・。もっと軽いテンヤがあればもっと釣れたのでは?と課題を残した釣行となりました。

 

10月上旬の岸和田一文字タチウオヒットルアー

マナティーピンテール 105

今回のフラップ釣法(ワームの引き釣り)で使っていたワームは【マナティーピンテール】でした。基本はレッドヘッドを使用しています。今回はレッドゴールドも使用しました。

マナティーピンテールはAmazonから購入する事ができます

 




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターではブログでは紹介していない釣り初心者に役立つプチ情報の紹介を、

フェイスブックでは釣りに関する近況やブログ裏話などをお届けしています。

どちらもブログでは読めないコンテンツとなるので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。