10月上旬岸和田一文字ショアジギング|当日の釣果・ヒットルアー・釣り方のコツをお伝えします

2018年10月10日、岸和田一文字の15時の渡船に乗って夕マヅメまでの少しの時間ですがショアジギングしてきました。

当日のショアジギングの様子

ショアジギングの釣れる時間帯・釣り方について

当日のショアジギングのヒットパターンとヒットルアー

についてお伝えしていきますね。

スポンサードリンク

岸和田渡船を使って15時30分頃に【沖の北】に到着

岸和田渡船を使って岸和田一文字へ。今回はは沖にある防波堤、通称【沖の北】でショアジギング開始です。

岸和田渡船について詳しくは公式HPへ

 

防波堤の先端にたくさん人が集まっていました

防波堤の先端は、人気の様でたくさんの人が集まっていました。平日なのに、結構な人でした。10月は大阪湾の沖防波堤は最も人が多いので出来たら混雑する休日は避けて平日に行った方がある程度、快適に釣り出来ます。とはいってもなかなか平日に休みがとれないのが実情ですが・・・。

 

10月の大阪湾の渡船の混雑はすごいので早めの現地への到着を

あと、休日に大阪湾の渡船を使う際に注意してほしいのは、休日の朝一の渡船の混雑はすごい事です。渡船の一番船の1時間~2時間前には並ばないと一番船に乗れない事も多々あるので10月は特に混雑に注意して行動するといいですよ。

今回夕方からの釣行で問題はなかったですが、朝一から釣りに行く方の方が多いと思うので、書いてみました。

 

今日の岸和田一文字はくもり 【ジグサビキ】で釣り始めてみる

この日の岸和田一文字の天候は【くもり】でした。晴れた方が気持ちはいいのですが、魚釣り的には日中はくもってくれた方が好釣果となる事があるので、絶好の釣日和といった所です。

前回の岸和田ショアジギング釣行でもって帰って食べた鯖がとても美味しかったので、鯖を釣るべくジグサビキの準備をしてショアジギング開始です。

 

ジグサビキで最初にヒットしたのはコノシロ?

ジグサビキを開始してからすぐにヒットしてきたのは8センチくらいの小魚。多分コノシロ?と思うのですがハッキリとは分からず魚種不明。

こんな小さい魚なので当然、サビキ部分に食ってきましたよ。どんな魚が釣れるか分からない、というのもジグサビキの魅力の一つえすね。

 

その後しばらくショアジギ(ジグサビキ)では釣れず

釣り開始後すぐに釣れてくれたコノシロ?の後は続かず。ジグサビキを使ってもアタリも無い時間が続きます。

 

鯖ボイル発見!3匹の鯖をジグサビキでゲット!

しばらくすると、防波堤の先端近くで鯖ボイル発見!早速ジグサビキを投入すると即、鯖がヒット!合計3匹の鯖を釣り上げる事が出来ました。

最初の1匹はしっぽにスレがかり・・・でも、釣れて美味しく食べる事が出来たらスレがかりでも全然OK、OK。出来たら口にかかって欲しかったですが・・・。

結局鯖ナブラは3分くらいで終了。その後はまた沈黙したのでした。

 

ワンポイントメモ:ジグサビキだと一瞬の時合も逃さないよ

ジグサビキはメタルジグ+サビキの針の合計4つのルアーで一度に攻める事が出来るので(だいたいジグサビキのサビキ針は3本)今回の様に一瞬の時合の時でも複数の魚を釣る事が出来ます。

今回はスレの鯖が1匹、次はジグサビキのサビキ部分に2匹一度にヒットさせて合計3匹釣る事が出来ました。これがメタルジグ単体だったとしたら良くて1匹だったと思います。

効率よく群れている魚を釣るのに【ジグサビキ】はとても効果的ですよ。

その後はタチウオ釣りの準備となったのでショアジギングは終了

その後、17時前からは半夜のタチウオ釣りの準備にとりかかる為、ショアジギングは終了となったのでした。

 

夕方~半夜の岸和田一文字ルアーでのタチウオ編はこちら

夕方~半夜のルアーでのタチウオ釣りの様子はこちらへ

夕方からはルアーでのタチウオ釣りもしていますよ。

 

10月上旬岸和田一文字のショアジギング釣果

・鯖 28センチくらい 3匹(1匹スレがかり)

 

10月上旬岸和田一文字のショアジギングまとめ

ショアジギングは夕方より朝方の方が釣れる

1か月前の釣行になってしまいますが、同じ岸和田一文字にショアジギングに朝方行った時は、鯖のボイルもたくさんありましたし、周りでもサゴシや鯖等を次々に釣り上げているのを見る事が出来ました。

が、今回はほどんど釣っている釣り人を見る事が出来なかったです。岸和田渡船の釣果情報(2018年10月)をよく読んでもらっても分かると思いますが、やはり朝の方が好釣果が上がっていますよ。

今回はタチウオ釣りがメインだったので夕方のショアジギングとなりましたが、ショアジギングがメインなら【早朝の釣行】にするようにすると釣れる確率がぐっと上がる、という事ですね。

 

やっぱり【ナブラ打ち】は大事

今回鯖ナブラが発生した時も私以外の人はほとんど関心も示さず、誰もナブラを追いかけてキャストする事はありませんでした。ナブラにルアーを打ち込んだからといって必ず釣れるものでもないですが、やっぱりナブラに打ち込むとヒット率が大きくUPするのは確か。

防波堤が混雑していなければ、100m、200m走ってでもナブラを追いかけてルアーを打ち込む価値は十分にありますよ。

 

岸和田渡船は【入場制限が無い】ので安心

今回は急に予定が空いた為の単独釣行だったのですが、そんな急に釣行を思いたった時でも岸和田渡船には、武庫川一文字によくある【入場制限】はないので安心です。現場まで着いて渡船に乗れずに釣りが出来ない・・・。なんて事にはならないのでその点は岸和田一文字の方が安心ですよ。

 

10月上旬岸和田一文字のショアジギングヒットルアー

ジグパラショート

ショアジギングでの超定番、ジグパラショートです。メタルジグはプラスチック製のルアーと違い金属片で、ルアーの性能より釣り人の操作テクニックの方の割合が大きいルアーでなんでもいいといえばなんでもいいのですが、

安くて実績があって、カッコいい、となると必然的に【ジグパラ】になっちゃうんですよね。他にお気に入りのメタルジグがあるならそっちで大丈夫ですが、どのメタルジグがいいか迷うならジグパラにしておくと間違いないです。

ジグパラショートはAmazonから購入する事ができます

 

ジグサビキ

今回もジグサビキは大活躍。ショアジギングでボウズになりたくなかったら【ジグサビキ】は必須です、本当に。『ジグサビキなんて邪道だし・・・』と言っている釣り人でも、隣でジグサビキで爆釣していると結構簡単にジグサビキを投げていたりするものなので(笑)『ジグサビキなんて使わないんだ!』と思っていても心変わりする可能性があるので、一袋はお守り代わりにいれておきましょう。きっと役立ちますよ。

ジグサビキはAmazonから購入する事ができます

 




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターではブログでは紹介していない釣り初心者に役立つプチ情報の紹介を、

フェイスブックでは釣りに関する近況やブログ裏話などをお届けしています。

どちらもブログでは読めないコンテンツとなるので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。