【大安トラウトレイク】はどんな管理釣り場?行き方・注意点・様子を画像付きで詳しく解説

【大安トラウトレイク】の一番の特徴は、【日本一引きの強いトラウト】【日本一安い料金】で釣る為の管理釣り場である事です。

釣れるトラウトのアベレージサイズは約50センチ、さらに他の管理釣り場の50センチクラスのトラウトとはまったく引きが違います!確かに管理釣り場では【日本一引きが強いトラウト】である事は間違いありません。

ですが、他の管理釣り場より広く深いポンド、大型のトラウトを放流し、さらに料金も安いとなると魚影は当然濃くはなく、【日本一釣れない管理釣り場】とも言われています。ですが、【大安トラウトレイク】はしっかり狙えばちゃんと釣れてくれる管理釣り場です。

決して初心者向けの管理釣り場ではありませんが、もう管理釣り場にはマンネリで・・・。というベテランアングラーこそ、ぜひ訪れて欲しい管理釣り場ですよ。管理釣り場とは思えないトラウト攻略の難しさと、攻略した時に暴力的な引きと美しい魚体にはきっと感動出来る事でしょう。

そんな【大安トラウトレイク】の・・・

 場所と行き方

 受付場所と受付方法

 どの様な釣り場なのかを画像付きで紹介

 【大安トラウトレイク】の禁止事項・注意点

 【大安トラウトレイク】はどのくらい釣れるのか?

についてお伝えします。

【大安トラウトレイク】ってどこにあるの?

【大安トラウトレイク】は、三重県のいなべ市周辺にあります。

【大安トラウトレイク】について詳しい場所は公式HPに書かれています

公式HPにも行き方・場所は詳しく書かれていますし、上の画像のマスの看板が見えたらその横が駐車場です。特に迷うポイントもなく非常に分かりやすい場所にありますよ。

 

【大安トラウトレイク】の場所(Googleマップ)

 

【大安トラウトレイク】の受付場所と受付方法

大安トラウトレイクの受付場所は駐車場の近くにあるので釣り場に到着したらすぐに分かります。

 

営業期間は10月から5月末まで

大安トラウトレイクの営業期間は10月から5月末までとなりますよ。基本営業期間内は休業は無し、という事ですが、行く前には念の為電話で確認しておくと安心です。

大安トラウトレイクの連絡先は公式HPへ

 

事務所が開く前に釣り開始してOK!

大安トラウトレイクでは事務所が開く前の早朝から釣りしてもOK!
ほとんどの管理釣り場が朝7時~8時くらいからのスタートで朝マヅメが出来ないので、この点はとても嬉しいですよね!

 

受付は午前9時30分から開きます

受付は午前9時30分から開きますよ。早朝から釣りをしている場合は、事務所が開き次第早めに料金を払いましょう。もちろん、早朝だけ釣りをして料金を支払わずに帰ってはいけません。

大安トラウトレイクの詳しい営業案内は公式HPに書かれています

 

受付の中に入って遊漁券を購入する

受付が開いたら中に入って遊漁券を購入します。料金は・・・

1日券・・・3100円
4時間券・・・2100円

となります。女性・高校生以下は半額となりますよ。

大安トラウトレイクの料金について詳しくは公式HPに書かれています

 

受付の中の様子

受付の中の様子です。ルアーもありますが、【タスマニアデビル】というちょっと変わり種のスプーン?みたいなルアーが大半なので、基本は自分で揃えてきた方がいいでしょう。

 

カップ麺等も売っています

カップ麺(管理釣り場の定番)も売っているのでガッツリ1日中釣りする方にはありがたいですね。

 

トイレは受付とは別の場所にあります

大安トラウトレイクのトイレは受付とは別の場所にあります。受付を出て、上の画像の矢印の方向へ行くとトイレがありますよ。

 

上の画像の様なトイレがありますよ。上の画像が男性用で下の画像が女性用トイレとなります。

 

【大安トラウトレイク】の様子

【大安トラウトレイク】は農業用の溜め池をそのまま管理釣り場にした様な釣り場ですよ。

 

池の各所に浮き桟橋があります

大安トラウトレイクはかなり大きな池なので、各所に浮き桟橋が設置されていて、超遠投しなくても池全体を探れる様にしてくれいています。なので、無理に遠投用のタックルを用意しなくて大丈夫です。

全体マップは公式HPにイラストがあるのでそちらを見て確認して下さいね。

大安トラウトレイクの全体MAPを見るなら公式HPへ

 

【大安トラウトレイク】の禁止事項・注意点

【大安トラウトレイク】は他の管理釣り場と比べてルールがゆるいです。それほど多くの禁止事項や注意点はありませんが、いくつかの禁止事項・注意点があるのでしっかりルールを守って釣りして下さいね。

 

ワームの使用禁止

大安トラウトレイクでは【ワームの使用は禁止】となっています。

 

ワーム以外は基本どんなルアーでもOK

ワームは禁止ですが、ワーム以外のルアーは使用OKです。当然、フライやフェザージグも使用OKです。

 

カエシ付きのフックの使用禁止ですがトリプルフックは使用OK

カエシの付いているフックの使用禁止です。ですが、トリプルフックの使用はOKです。トリプルフックOKな管理釣り場は少ないのでこの点は嬉しい限り、ですね。

 

ルアーのサイズ規定はなし

大安トラウトレイクでは、使用するルアーのサイズ規定はありません。好きな大きさルアーをどんどん使っていきましょう。

 

ダウンショットやスプリットショットリグ等、リグの工夫は何してもOK

ダウンショットやスプリットショットリグ、飛ばし浮き等の使用もOKです。トレーラーの使用ももちろんOK。リグについては禁止事項はないので、一番釣れそうなリグを使って大安トラウトレイクを攻略出来ます。

 

早朝からの釣り・夕方までの釣りもOK

管理釣り場の受付が開く前の早朝の釣り、受付が閉まった後の夕方までの釣り、いずれも釣りしてOKです。この点は他の管理釣り場と違う所で、朝マヅメや夕マヅメの釣りが出来るのは嬉しい限りです。

早朝の釣りの場合は、受付が開いた時に料金を支払う形で、夕方の釣りの場合は受付で料金を支払いした後という形となります。

 

早朝・夕方だけ釣りに来て料金を払わずに帰る行為は厳禁!(窃盗となり犯罪です!)

大安トラウトレイクでは受付が開いていない時間帯、早朝・夕方まで釣りは可能ですが、受付が来るまでに帰る、夕方は受付が帰った後に釣りに来て、料金を支払わずに釣りをしてはいけません。

上記の行為は【窃盗】【犯罪】になります。受付はいませんが協力者がしっかり監視しており、車のナンバーも控えられているとの事です。上記の様な行為を行うと警察に捕まる事になるので絶対にやめましょう。

受付は土日祝日は9時30分から16時、平日は9時30分から14時まで開いていますよ。

 

詳しい情報は公式HPで確認

詳しくは公式HPにも書いているので公式HPも合わせて禁止事項・注意点をチェックしておきましょう。

大安トラウトレイクの禁止事項・注意点に詳しくは公式HPへ

 

【大安トラウトレイク】はどのくらい釣れるのか?

【大安トラウトレイク】は全く釣れない、という事はありませんが、通常の管理釣り場と比べると釣れません。トラウトのアベレージサイズが50センチ程もあるので、そんなトラウトが格安の料金で入れ食い、という訳にはいかないからです。

ですが、ちゃんと釣り場の特性や状況を読めば結果が帰ってくる管理釣り場でもあります。『どこの管理釣り場行ってもマンネリで・・・』という管理釣り場上級者なら、きっと楽しむ事が出来る釣り場だと思いますよ。

あと、周りで釣っていた人のほとんどがフライやフェザージグ(フェザージグなのは私と友人だけでしたが)だったので、確実に釣りたいなら、フライ、もしくはフェザージグも持っておくといいです。

他の管理釣り場とは全く違うコンディションの素晴らしいビッグトラウトを釣るなら【大安トラウトレイク】は最高の管理釣り場ですよ。

 

関連記事

【大安トラウトレイク】を攻略して釣果を得る為のルアーとメソッド・釣り方を紹介

管理釣り場初心者でも簡単に釣れるルアー|フェザージグの使い方を紹介

初心者・ベテランも納得!関西・近畿地方でよく釣れるオススメ管理釣り場を詳しく紹介

管理釣り場初心者はミノーやスプーンを使っていては釣れない理由と釣れるルアー

真冬のルアー釣りでも爆釣出来る!管理釣り場の5つの魅力を紹介

 

こちらの記事もオススメです

管理釣り場でスプーンを使っても釣れない魚が釣れる3種類のルアーを紹介

管理釣り場に必要なロッド・リール・ライン・ルアー・小物一覧

ベテランも納得!リーズナブルだけど本格的な管理釣り場入門セット

管理釣り場で使用するフェザージグにぴったりなロッドの紹介

50UPのトラウトが来ても大丈夫な3000円台のダイワのスピニングリール

 

今までの管理釣り場釣行日記一覧はこちら

今までの管理釣り場釣行日記一覧はこちら




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターではブログでは紹介していない釣り初心者に役立つプチ情報の紹介を、

フェイスブックでは釣りに関する近況やブログ裏話などをお届けしています。

どちらもブログでは読めないコンテンツとなるので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。