7月下旬兵庫県西宮チニングで初心者もチヌをゲット!|釣り方と根掛かり軽減のコツを紹介

7月下旬兵庫県西宮チニングで初心者もチヌをゲット!|釣り方と根掛かり軽減のコツを紹介

2019年7月20日、兵庫県西宮市にある甲子園浜で夕方~夜にかけてチニング初心者のコージーさんとニケさんの2名と一緒にチニングに行ってきました。

結果は、午後6時から午後8時30分の約2時間30分の間で2匹のチヌを釣る事が出来ました。

そしてチニング初心者のコージーさんもしっかりキビレチヌをゲットできましたよ。

当日のチニングの様子

西宮の釣り場周辺にある中華料理屋さんの紹介

チニングで釣るための3つのコツ

チニングで根掛かりが軽減出来る方法

についてお伝えしていきますね。

スポンサードリンク

甲子園浜(人工島側)で集合、そしてチニング開始

甲子園浜(人工島側)で集合、そしてチニング開始

甲子園浜(人工島側)の駐車場で待ち合わせ。18時に3人が集結したので、一通り釣り場や釣り方の説明を2人にしてから、甲子園浜へ行きチニング開始です。

この日の潮位は?
この日の潮位は午後16時頃干潮、22時頃に満潮でした。釣り開始の18時から釣り終わりの20時30分の間はずっと潮が上がり続けて潮が動き続いている状況。潮位の差も1m程あり、期待の持てる潮回りでした。

水温は約26.0度

水温は約26.0度

水温は約26.0度。2週間前のチニング釣行より少しだけ水温が上がっているくらいで特に水温は問題なさそうです。

 

水質はクリアーになっていました

水質は赤茶色に濁っていた水がこの日はほぼ透明に。このポイントは下見を含めたら何度か来ているのですが、通常このポイントは何もなくても赤茶色に濁っていて、この日はさらに前日の雨でさらに濁っていると思ったのですが、アテが外れた形となりました。

チニングにとって、水がキレイな状態になる事はだいたいマイナスなのでこれからの釣りの苦戦が予想されます。

 

チヌ釣るやつにパワーワームイソメを使って釣り始める

チヌ釣るやつにパワーワームイソメを使って釣り始める

今回はチヌ釣るやつに専用のラバーを付けてパワーワームイソメ(極太)を4等分したワームをチョン掛けして釣り始めます。

 

シーバス(セイゴ)が釣れました

シーバス(セイゴ)が釣れました

釣り開始から約20分、まずは幸先よく私のロッドに魚がヒット!

釣り上げると25センチ程のかわいいシーバスさんでした。まあいわゆる【セイゴ】ですね~。

 

チヌのヒットがないまま夕マヅメに

チヌのヒットがないまま夕マヅメに

その後コージーさんが何回かアタリがあった様でしたが、全て乗らなかったり、バラシたり・・・。私のニケさんはヒットが無いまま夕マヅメを迎えます。

ここまで私とニケさんがパワーワームイソメを使っていましたが、2人ともノーバイト、ノーアタリ。コージーさんの好調なアタリの様子を見て、ここで2人ともパワークラブ(M)に変更しました。

 

遂に初チヌ(キビレ)がヒット!

遂に初チヌ(キビレ)がヒット!

夕マヅメの時間帯、遂に長い沈黙を破り、私たけとが本日初チヌ(キビレ)を釣り上げます。28センチくらいの可愛いサイズですが釣れて良かったです。

 

かわいいマチヌが釣れました

かわいいマチヌが釣れました

その後私がかわいいマチヌを追加。(18センチくらい)この時点で午後8時過ぎ。午後9時には駐車場が閉まるのでまもなく釣り終了の時間です。

 

最後の最後、コージーさんが35センチ位のキビレチヌを釣って終了

最後の最後、コージーさんが35センチ位のキビレチヌを釣って終了

そして時間は経過し午後8時30分。駐車場が閉まるので、『釣り終わって帰ろう~。』とコージーさんに声をかけにいったら、ロッドをぶち曲げているコージーさんが!

この日複数のチヌをかけておきながら、バラシやラインブレイク等を繰り返し、まだチヌをキャッチしていなかったコージーさん。最後の最後、時間ギリギリで35センチ位の立派なチヌ(キビレ)を釣り上げてフィニッシュ!

釣り番組のラストみたいな劇的な終わり方でした。

 

チニング終了後は北京料理店【松鳳】で夕食

チニング終了後は北京料理店【松鳳】で夕食

チニング終了後は西宮にある北京料理店【松鳳】で遅めの夕食を食べる事に。

 

どれも量が多くて美味しい

どれも量が多くて美味しい どれも量が多くて美味しい2 どれも量が多くて美味しい3

注文したものが届くとどれもすごい大盛り・・・。皿からあふれそうになる程盛られているのに驚きました。

味は中華なので濃い味付けかと思いきや意外に素朴な薄味で、大盛りでも割とさくっと食べる事が出来ましたよ。

値段もだいたい一品600~900円くらいで安めなので、西宮周辺の釣りを終えた後に寄るのにオススメです。

西宮にある北京料理店【松鳳】について詳しくは食べログのHPへ

 

7月下旬兵庫県西宮チニング釣果

たけとの釣果

7月下旬兵庫県西宮チニング釣果

・マチヌ 18センチくらい 1匹
・チヌ(キビレ) 28センチくらい 1匹
・シーバス(セイゴ) 25センチくらい 1匹

コージーさんの釣果

最後の最後、コージーさんが35センチ位のキビレチヌを釣って終了

・チヌ(キビレ) 35センチくらい 1匹

 

7月下旬兵庫県西宮チニングまとめ

カニが多いエリアでは【パワークラブ(M)】が強い

今回、釣りの前半はパワーイソメをメインに使っていたのですが、どうもバイトがでない・・・。対するコージーさんは釣り上げないものの、開始直後からバイトはよくありました。ニケさんも私と同じでパワーイソメではバイトが出なかったみたいで、私もニケさんもパワークラブ(M)に変更してからバイトが出始め、結果ヒットまで持ち込む事が出来ました。

メインベイトがカニの場合はやっぱりカニを模した【パワークラブ(M)】が釣れるという事ですね。

 

ココ!というポイントが分かった場合1箇所で粘る方が釣れる

釣ったチヌの匹数では、私が2匹、コージーさんが1匹と私の方が数釣った形となりましたが、私は3バイト2キャッチ、コージーさんは6~7回以上のバイトを拾い、ヒットにも何回も持ち込んでいました。(しかもコージーさんは全て良いサイズっぽいチヌでした。)

経験の差で私が少ないチャンスを物にして匹数だけはリードしましたが、バイト数・ヒット数では完全に私の完敗。

その最大の要因は【一箇所のベストポイント】で粘り強くキャストし続けた事にあると考えています。

私の方は広範囲にポイントをチェックしていったのに対してコージーさんはこのエリアのベストポイントにずっと打ち込んでいていました。一箇所にずっとルアーを打ち込んでいると『ポイントにいるチヌがスレるでは?』と思いますが、

明るい時のチヌの行動を目視していると、浅場ではチヌはウロウロしていて事が多く、変化のあるいいポイントにウロウロしていたチヌが一時的に立ち止まってその時に釣れる、といった動きをしていて、暗くなっても恐らく同じようにウロウロしていると予想されます。

なので一箇所でキャストし続けていても次から次に新しいチヌが補充される為、ルアーにチヌがスレる事なく、色んな場所をチェックしていくよりずっと効率よくチヌを釣る事が出来る、という事ですね。

しかも地形等の条件がいい所なので必然的に良型のチヌの確率も上がります。

私は飽き性で広範囲に探れる時は全部探りたくなってしまう性分なんですが、粘り強くベストポイントで粘り切る事も大事という事が分かりました。

 

マヅメの時間は最大限に集中して

今回のチニング釣行では、水が普段より澄んでいる事もあり、しばらくノーバイトの時間が続きました。

チニング最盛期の6~8月で実績のあるポイントの場合、【そこにチヌがいない事はほとんど無い】です。

なので渋い状況でほとんどの場合、1度はチャンスが訪れます。で、一番そのチャンスが訪れやすいのが皆さんも知っての通り【マズメ時】です。

今回は夕方~夜間のチニング釣行なので、『夕マヅメに必ず一度はアタリが来る!』と思い夕マヅメの30分は特に集中して釣りしました。

結果、この時間帯のバイトしっかりとらえる事が出来て少ないアタリの中からチヌを釣り上げる事が出来ましたよ。

 

チニングで根掛かりを減らす方法

チニングでよく釣れるポイントの殆どは【砂浜の中にある岩場】・【ゴロタ浜やテトラ】といった根掛かり必須な場所がほとんどです。

そんな根掛かり必須のポイントで少しでも根掛かりを減らすには、根掛かりしにくいルアーを選ぶ事はもちろんですが、それと同じくらい、【根掛かりしやすいポイントでの対応方法】が大事です。

具体的には、

・根掛かりしやすいポイントでは、ロッドを立ててカーブフォールさせてルアーが岩等に当たったらすぐにロッドをあおって浮かして再びカーブフォールさせる。

・ロッドを立ててのスローリトリーブ(リトリーブを止めるとルアーが沈んで岩の間に挟まるので止めないのがポイント)

等が有効です。

ただ、これらの方法も【根掛かりしやすいポイント】が分かっていないと出来ないので、出来る事なら干潮時等にポイントの下見をしておいて、根掛かりするポイントをあらかじめチェックしておくとよりいいです。

また、下見出来ない場合は、ルアーを操作していてひっかかる場所があった場合、次のキャストからは上記の方法で対応していくと根掛かりによるルアーロストは最小限で済むでしょう。

 

7月下旬兵庫県西宮チニングヒットルアー等

チヌ釣るやつ

今回使用したチニング用ルアーは【チヌ釣るやつ】の3gでした。チニング初心者の2名にも使ってもらいましたが、『根掛かりしにくくていいですね。』と言ってくれましたよ。私の感覚では通常のチニング用ラバージグの3分1くらいの根掛かり率なので、チニングで根掛かりを減らしたいなら持っておく事をオススメします。

 

パワークラブ(M)

今回の釣行でパワークラブ(M)が大活躍!カニがたくさんいるチニングポイントではこれからはパワークラブ(M)一択ですね。

 

ガルプ・エコギアアクア専用容器

アミノ酸液に浸かっているタイプのパワーワーム、エコギアアクア、ガルプ等のワームの保管にピッタリの専用容器5本セットです。パワークラブMの場合、1つの容器で1袋分入れる事ができるので、5本セットなら5袋分入れる事が出来ます。コンパクトかつ、指でつまむだけでワームを取り出せるので指の汚れも最小限で済みますよ。

 

長靴より蒸れなくて快適な防水透湿靴下

夏のサーフでの釣りは長靴だとどうしても蒸れて暑いので、今回のチニングでは防水透湿靴下を使用しました。膝下までの長さがあるタイプなので長靴並に立ち込む事が出来ますし、透湿なので蒸れなくて快適。使った後の濡れた靴下はジップロックの中にいれたらバッグの中にも収納できます。防水透湿靴下、夏のチニングにオススメです。

 

マリンシューズ

防水透湿靴下を使っても履いている靴が普通の靴だと中に水が溜まったままでずっと濡れたままに・・・。なので水に濡れる事が前提となって水はけが良い【マリンシューズ】を一緒に揃えておくといいですよ。




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

ABOUTこのブログの管理人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターではブログでは近況の様子や釣り初心者に役立つプチ情報の紹介を、

フェイスブックでは私個人の釣りに対する考え方やツイッターより詳しい近況報告などをお届けしています。

どちらもブログでは読めないコンテンツとなるので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。