11月20日坊勢島でアジング|短い時合を逃さず釣る為のジグヘッドの使い方とは

11月20日アジング日記

11月6日に続いて、アジングでアジを狙う為、
家島諸島の坊勢島まで、再び行ってきました。

前回11月6日のアジング日記はこちらへ

今回、アジの時合が短い中で、どう釣っていけばいいのか?
何がきっかけで時合が終わったのか?という事が分かりましたよ。

 

坊勢島へはフェリーで行きました

坊勢島は離島なので、車ではいけないです。
行く方法は渡船とフェリーとがありますが、今回は
夕マヅメから夜間にかけての釣なので、フェリーを使用しました。

坊勢島へフェリーで行く方法について詳しくはこちら

 

坊勢島へは16:00のフェリーに乗り込む

151120-154450-004_R

今回、15:05のフェリーに乗る予定だったのですが、
まさかの大渋滞に巻き込まれて、現地到着が15時15分…。

なので、今回は16:00の便に乗ったのでした。

何故、大渋滞にはまったのか?その原因と回避方法ついて詳しくはこちら

 

輝観光のフェリーに乗りました

151120-153418-001_R

今回、いつも乗っている坊勢汽船ではなく、輝渡船で坊勢島に
行きました。チケット売り場がそれぞれ違うので注意、です。

 

坊勢島に到着した頃にはすでに夕マヅメ

151120-165031-038_R

坊勢島に到着したらもう16時30分…。
既に夕マヅメに突入しており、かなり気持ちがあせります。

 

釣り開始直後から釣れ始めるアジ

151120-170123-040_R

ポイントに到着後、ジグヘッドリグをキャストすると、
すぐに釣れ始めるアジ…。今までの釣れ方からすると、
もう既に時合に突入中で、もう終わりそう?
な雰囲気…。ますますあせります。

 

だんだん食い渋るアジにジグヘッドを軽くして対応

151120-170630-044_R

最初の1匹目はさくっと釣れましたが、その後
アタリは連発するものの、乗らず…。
なので、今度はジグヘッドを軽くして対応します。

最初が1gで釣れなかったので、次に0.75g、
0.75gでまた乗らなくなったので、0.5g、
そして最後には0.3gまで落とす事になりました。

 

20分くらいで潮止まり…ぱったりとアタリが止まる

釣り始めてから約20分…。急にぱたっと
アタリが止まります。今日の満潮は17時から18時の間…
どうやら潮止まりの様で、それでアタリが止まった様です。

 

その後どうしても釣れずタチウオのワインドに移行

151120-172023-051_R

アジが釣れなくなった後、今度はフグのアタリが連発。
次々ワームがかじられなくなっていきましたが、
さらに10分くらい経つと、フグのアタリすら無くなりました。

この頃、隣で友人のあっきーさんがタチウオを釣っているのを
発見!ここからタチウオのワインドに切り替え、
今日の約30分のアジングは終了したのでした。

タチウオのワインド釣り日記はこちらから

 

今日の釣果

151121-085456-027_R

アジ 18~2センチくらい 6匹

 

今日のヒットルアー

活アジストレート2インチA14 リアルアミエビ

ジグヘッドまっすぐ#10 0.75g 1.0g
アジまっすぐ#10  0.3g 0.5g

 

今日のアジングのヒットパターン

今回はフェリーに乗り遅れた事もあり、到着直後から
いきなり時合に入っていました。

もう少し早く到着していたら、もっと数が釣れたかも
しれないです。前回の釣行(11月6日)よりもアジのサイズは
少し大きくなっていましたが、すこじ釣りづらくなっている
感じでした。

活性が低い、というより群れが小さくなっている印象です。




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

最新情報などをツイッターやフェイスブックでお届けしているので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。