淡路島タチウオ釣行でボウズ|判断ミスと間違わない為のポイントの選び方を紹介

淡路島タチウオ釣行

2017年9月15日、武庫川沖一文字でタチウオが好調の釣果を発見!
釣りにいくつもりは無かったのですが、武庫川渡船の釣果情報を見て、
いてもたってもいられず、急遽タチウオ釣りに行く事に。

私の住んでいる大阪からだと武庫川渡船まで約1時間くらいなので
午後2時くらいに自宅を出て武庫川渡船に行ったのですが…。

今回、結果をお伝えすると完全にボウズ。
何も釣果がない釣行でしたが、私と同じ目に合わない為の対策は分かりましたよ。

checkmark 当日のタチウオ釣りの様子

checkmark タチウオが釣れなかった原因とは

checkmark タチウオを高確率で釣る為のポイントの選び方

についてお伝えします。

 

午後3時に武庫川渡船に到着…がしかし

普段から好釣果の情報がHPに掲載されると度々入場規制が入る
武庫川渡船ですが、この日は平日という事もあり、『余裕でしょ』
思い、午後2時前に大阪の自宅を出発。

一応、出る直前に武庫川渡船に電話して、まだ渡船が渡れる事も確認。
そして、午後3時に武庫川渡船に到着すると…

【入場規制】

となっており釣り場に行けず。
午後2時からの1時間でたくさんの人が来て、渡れなくなったとの事でした。

 

帰る?違う所で釣りする?どちらかを選択する事に

ここで私に残された選択肢は…

1.自宅に帰る

2.タチウオ釣りを続行する

の2択問題。好調の武庫川沖一文字に渡れない、そして
他のポイントは釣れるかどうか不明…。

勝算で考えれば、自宅に帰った方が良さそうな気がしたのですが、
もう気分はすっかりタチウオ釣りに。 ここまで気分が盛り上がって帰れない!

という事で、急遽、淡路島でタチウオ釣りをする事にしました。
淡路島だったら、まだ空いているでしょ!と思ったからです。

淡路島へタチウオ釣りに行く事に

CIMG9095k

明石海峡大橋を渡り、淡路島へ向かいます。

 

エサピチで釣具と氷を購入

1507598487

淡路島に到着後、少し足りない釣具の補充と氷を購入。
まあ、結果氷は買わなくて良かったのですが、この時は釣る気マンマン
だったもので。

 

淡路島東岸のポイントに到着

CIMG9101k

淡路島の東側のポイントに到着です。
私の中で淡路島でタチウオを釣った実績ナンバー1の釣り場です。

 

ワインドで攻め始める

CIMG9104k

まだちょっと明るいですが、曇りという事もあり、釣れるかも?という事で
ワインドリグをセットします。

 

水温は約23度

CIMG9106k

水温は約23度。この時期にしてはちょっと低めです。

 

他の人も釣れていない様子

 CIMG9108k

防波堤の先端には多数の釣り人がいましたが、釣れていない様子。
私も釣っていて釣れる雰囲気を感じないので反対の防波堤まで
ポイント移動する事にしました。

 

反対側の防波堤に移動

CIMG9110k

約20分くらい歩いて反対の防波堤に到着。
こちらも数名の釣り人がいましたが、釣れていない様子。
これはヤバイかも…

 

フラップ釣法にするもバイトなし

CIMG9114k

その後、暗くなるまでワインドを繰り返すも全く釣れず。
さらにフラップ釣法に切り替えても、アタリすらありません。

 

釣れないまま終了

CIMG9115k

しばらく粘るも、結局何も釣れないまま淡路島タチウオ釣行は幕を閉じたのでした。

 

淡路島タチウオ釣行の釣れなかった原因とは

好調な武庫川沖一文字に渡れなかったのが痛かった

当日は平日という事もあってちょっと出発が遅めでした。
と言っても一応、出発前に武庫川渡船さんにまだ渡船やっているか確認して
いたのですが…。

釣行後、武庫川渡船の釣果情報を見てみると、やっぱり
好調に釣れいていた様子でした。

・油断して武庫川渡船に向かう時間が遅かった事

・次のポイントに淡路島を選んだ事

が今回の一番の敗因です。

 

淡路島でのタチウオはムラが激しい

私は何回も淡路島へタチウオ釣りには行っているのですが、
あまりいい釣りをした事がありません。

他のポイントと比べてボウズ率は高いです。
もちろん、爆釣となる事もあるようですが、ムラの激しい釣り場だな、
という事が今回の釣行で再確認出来ました。

これからの秋のタチウオ釣りで釣れる確率を上げる方法

武庫川沖一文字に行く時はとにかく早めに行く

武庫川沖一文字は大阪からも近く、渡船屋さんも頑張って随時
釣果情報をUPしています。他の渡船などの釣果情報と比べても信憑性も高いです。

それ故に、好釣果の釣果情報が入ると、どっと人が押し寄せます。
今回の私みたいにちょっと出遅れると渡船に乗れないハメに…。

武庫川沖一文字に行く時は早めに行く事をオススメします。

 

武庫川以外の沖防波堤を狙うといい

武庫川以外の沖防波堤といえば、

・和田防波堤河内渡船

・ポートアイラインド沖、7防等神戸の沖堤防松村渡船

があります。
武庫川渡船と違い、1時間毎に渡船がでておらず、
半夜釣りも20:30のみの迎えのみ、とちょっと不便ですが、
その分、人は空いています。

松村渡船さんはいつでも半夜釣りをしている訳ではないので
事前に電話で確認するといいですよ。

 

坊勢島へ渡るのもアリ

思い切って坊勢島へ渡ってタチウオを釣るのもアリですよ。
帰りのフェリーの時間があるので、遅くまでは釣り出来ませんが、
沖防波堤と同じか、それ以上のポテンシャルのある釣り場です。

島にはトイレもありますし、自動販売機でジュースも買えたりするので
実は沖防波堤より快適に釣りできたりします。

万が一タチウオを外してもアジングの用意をしておけば、
まず釣れないという事はありませんよ。

 

大阪~神戸の陸っぱりのポイントは避ける

大阪、和歌山、兵庫(神戸等)にはたくさんの陸っぱりのポイントがあります。
大阪でいえば、大阪南港、泉南のコンビナート等、兵庫でいえば、各防波堤や南芦屋浜等があり、
和歌山では、マリーナシティが有名ですよね。

ただ、これらの陸っぱりポイントは非常に混雑すると共に、
ポイントのポテンシャルも沖防波堤と比べると1つも2つも落ちてしまいます。

タチウオは回遊魚。ポイントのポテンシャルの差がそのまま釣果に直結する釣りなので
陸っパリのポイントは出来るだけ避けた方がいいですよ。

 

今までのタチウオルアー釣行日記一覧

arrow_orange[1]今までのタチウオルアー釣行日記一覧はこちら




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

最新情報などをツイッターやフェイスブックでお届けしているので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。