11月上旬坊勢島|フラップ釣法でタチウオ爆釣!マナティーピンテールより釣れるワーム見つけました

2018年11月4日、坊勢島までタチウオ釣りに行ってきました。

実は当日の朝は淡路島で穴釣りしてきて、そのまま坊勢島へ、という割と強行釣行でしたが、無理しただけの結果を出す事が出来ました。

当日の坊勢島タチウオ釣行の様子

マナティーピンテールより釣れる2種類のワームの紹介

当日のヒットパターン

についてお伝えしていきますね。

スポンサードリンク

姫路港からフェリーを使って坊勢島へ

午後3時5分のフェリーに乗って姫路港から坊勢島へ出発です。

坊勢島へいくフェリーについて詳しくはこちら

 

坊勢島に到着

午後4時過ぎに坊勢島に到着です。

 

水温は約18.4度

水温は約18.4度でした。

 

夕マヅメになりフラップ釣法でのタチウオ釣り開始

夕マヅメになり、ルアーでのタチウオ釣り開始です。今回もフラップ釣法(ワームの引き釣り)ですが、今回はいつものマナティーピンテールではなく、新兵器のワーム2種類のテストです。

 

新兵器ワーム1 アイシャッド テール3.8インチと4.8インチ

日が暮れてしばらく経つと、タチウオがフラップ釣法で釣れ始めます。まず試したのは【アイシャッドテール】です。3.8インチと4.8インチどちらも用意しましたが、今回は3.8インチの方が釣りやすい感じでした。

何故マナティーピンテールからアイシャッドテールに変更したか?というと、タチウオは【ワームのテールの動き】に寄せられているのでは?と考えたからです。

ストップ&ゴーだったらマナティーピンテールでも動くのですが、タチウオの活性が下がったりして、フォールさせている状態だと、マナティーピンテールはほぼ動かない・・・。

これがタチウオが低活性となった時にマナティーピンテールで釣りにくい原因では?との事で遅いフォールでもよくテールが動く【アイシャッドテール】を選択。

さらにタチウオの活性が下がると、ドジョウやウキ釣りに釣り負け、ショートバイトが多いと感じていたので、味・ニオイがつくとショートバイトはなくなるのか?というのも検証する為、味・ニオイがしっかりついている【アイシャッドテール】を選びましたよ。

 

新ワームの結果は、バイトが増えてショートバイトが激減した

【アイシャッドテール】の結果は?というとタチウオが夕マヅメが過ぎ、タチウオの活性が下がっても、フォール中にアタリが多数あり、またマナティーピンテールにあったようなショートバイトは激減。今まで『コツッ!』とあっただけのアタリだったのが、『ガツッ!』と深いバイトになり、タチウオがかかる確率がぐっと上がりましたよ。

これからはマナティーピンテールではなく、【アイシャッドテール】がフラップ釣法のスタンダードとなりそうです。

 

新兵器ワーム2 エコギア熟成アクア リングマックス3.8インチ

一通り、アイシャッドテールの検証が終わった所で、もう一つの秘密兵器 それは【エコギア熟成アクア リングマックス3.8インチ】の登場です。

やはり、タチウオの食い込みは味とニオイが大きな影響を及ぼしているかも知れない、という事で味とニオイでは最高レベルのワーム、エコギア熟成アクアを使用してみました。

 

結果、エコギア熟成アクア リングマックス3.8インチはすごすぎる

そして、実際に【エコギア熟成アクア リングマックス3.8インチ】を使用してみます。これが、軽量タチウオテンヤを併用する事で、すごい食いの良さ。

というか、今までのマナティーピンテールはおろか、アイシャッドテールでも見られませんでしたが、テンションを抜いたままだと、ワームを離すどころか食い込んでいきます。

バイト数ではアイシャッドテールに一歩譲りますが、バイトに対してのキャッチ率が8割くらいと非常に高い。(アイシャッドテールはアタリに対して釣れるのが4割くらい)

エコギアアクアシリーズが餌の食い込みを目指したワームである事はしっていますがここまでとは・・・。

この釣れっぷりは、

『今度こそ、ドジョウに勝てるかも知れない・・・。』

と思わせる程でした。

こうしてこの後も、20:00の最終便のフェリーの直前まで連続ヒットが止むことなく、フェリーの時間が来て、ストップフィッシングとなったのでした。

 

11月上旬の坊勢島タチウオ釣りの釣果

・タチウオ 指3本~4本くらい 20匹~30匹くらい(しっかり数えてなかったので・・・すいません。)

 

11月上旬の坊勢島タチウオ フラップ釣法での釣行まとめ

坊勢島のタチウオは沖防波堤より【岸側】からの方が釣れる

10月下旬に坊勢島の沖防波堤でタチウオを釣ってきたのですが、ほとんど釣れませんでした。明るくなってから気付いたのですが、坊勢島の沖防波堤の水深が浅く、さらに【常夜灯】もありません。なので坊勢島でタチウオは岸から釣った方が釣れるのでは?と推測していたのですが、今回の坊勢島釣行でタチウオを爆釣した事で、その推測が間違っていなかった、という事を確認する事が出来ました。

ほとんどの人が渡船を使って坊勢島の沖防波堤に行ってタチウオを狙う方はいないと思いますが、一応参考にしてもらえれば幸いです。

 

タチウオは味・ニオイにとても敏感な事が分かった

今回、ニオイ・味が無いマナティーピンテール、ニオイ・味付きのアイシャッドテール、そしてさらに味・ニオイが付いているエコギア熟成アクア、と使い比べた結果、バイト数・バイトの食い込みが全然違う事が分かりました。

私の思っていた以上にタチウオは味やニオイに敏感な事が分かった釣行となりました。

 

ワームのテールアクションがとても大事

釣りをしていて気付いたのですが、ワームのテールがちぎれるとバイトが激減しました。テールがある時はかかるまでアタリがある、という感じでしたが、テールがなくなるとバイトがパタっと止まる状態になり5投に1回くらいにバイトが激減。タチウオ釣りではテールアクションがとても大事という事ですね。この事からもワームのテール部分はよく動く形状の方が良い、と考えられます。

 

この日は表層の【リフト&フォール】がよく釣れました

この日はタチウオが時間が経過すればするほど上層に浮いてきていました。水深50cm~2mくらいの水深の間に、どれくらい長い間ルアーを見せ続ける事が出来るのか?がこの日のキモでした。主に表層でのリフト&フォールで連続ヒットとなりましたよ。

 

11月上旬坊勢島タチウオのヒットルアー

エコギア熟成アクア リングマックス3.8インチ

今回のタチウオ釣りで猛威を奮った熟成アクアリングマックス3.8インチです。ワームのテールがタチウオに噛まれてすぐちぎれ、消耗は激しいです。

ですが、それ欠点がまったく問題にならない程の釣れっぷりでしたよ。全全カラーで釣りましたが、個人的にはホヤイエローが一番釣れた気がするので、オススメはホヤイエローです。

アイシャッドテール3.8インチ&4.8インチ

アイシャッドテールは、アタリの数自体はエコギア熟成アクアより上でした。エコギア熟成アクアは釣れますがワームの管理が大変(アミノ酸液に浸かっているので)ですが、アイシャッドテールは普通に使えるので総合バランスではこちらの方が上ですね。3.8インチ・4.8インチどちらも釣れましたが今回は3.8インチの方がバイトが多かったですよ。

 




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

ABOUTこのブログの管理人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターではブログでは紹介していない釣り初心者に役立つプチ情報の紹介を、

フェイスブックでは釣りに関する近況やブログ裏話などをお届けしています。

どちらもブログでは読めないコンテンツとなるので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。