11月の坊勢島でタチウオが爆釣したフラップ釣法とは|メバリングとアジングの様子も紹介

坊勢島タチウオフラップ

11月13日坊勢島にタチウオをワインドとフラップ釣法
で狙ってきました。

 坊勢島でのプチメバリングの様子

 夕マヅメのアジング攻略

 タチウオの新釣法、フラップ釣法の使い所

について主に伝えています。

 

坊勢島へ出発する為にフェリーに乗り込む

CIMG2210k

坊勢島は兵庫県の離島にあり、姫路港からフェリーに乗って
行く事が出来ますよ。

坊勢島への行き方について詳しくはこちら

 

フェリーから降りるとメバル群れ発見

CIMG2214

坊勢島に到着後、ふとフェリー乗り場の横を見ると、メバルの群れを発見!
アジング用のタックルとルアーしかなかったですが、急いでアジング用の
タックルとルアーを組んでメバリング開始です。

 

メバリングでサクッとゲット

CIMG2215k CIMG2216k CIMG2217k

早速ジグヘッドを投げると16~18センチくらいのメバルが
次々とヒットしましたよ。

 

日中の見えているメバルは釣れる

『見えている魚は釣れない』

よく言われますが、メバルに関してはそんな事ないですよ。

 

釣れるメバルと釣れないメバルがいる

同じ見えているメバルでも、釣れるメバルと
釣れないメバルとがあります。

 

水面を向いていたらほぼ釣れる

メバルが水面を向いていて浮いている状態でしたら、釣れる可能性はかなり大きいです。
この状態はエサを摂ろうといしてる状態なので釣りやすいメバルなんですね。
それ以外の状態の時も釣れない事はないですが、難しい事がほどんどです。

今回は『釣れるメバル』だったので
急遽タックルを組んでメバルを釣ったのでした。

 

防波堤に到着

CIMG2220k

メバルも釣り終わり、フェリー乗り場から移動、
今日タチウオを釣る予定の防波堤に到着です。

 

ワインドとフラップ釣法の準備開始

CIMG2224k

防波堤に着いたので、タチウオを釣る為に
ワインドとフラップ釣方法の準備を開始です。

 

タチウオの時合を逃さない為に準備は先に

タチウオも釣れる時はずっと釣れ続く時はもありますが、時合が10分、なんて時もあります。
そんな短い時合のチャンスを逃さない為に、少し早めに釣り場に到着する様にして、
釣り始める前にタックル準備や準備ルアーのセットは先にしておくといいですよ。

 

今回はフラップ釣法にはケミホタルを使用

CIMG2223k

前回はワームに直接ミライトを埋め込みましたが、今回は
ドジョウの引き釣りに見習ってリーダー部分に大きめのケミホタル(サイズ50)
を装着しました。

さらに低活性のタチウオ対策で今回、リーダーはナイロンで、
ワームはマナティーピンテールを使用しましたよ。

 

夕マヅメはアジングでアジ狙い

CIMG2225k

坊勢島では大抵日が沈むまではタチウオが釣れないので、
それまでの間はアジングをする事にしました。

 

効率よくアジを釣るには前準備が重要

CIMG2230k

効率よくアジングでアジを釣るには前準備が重要です。

アジは釣ってからも暴れて落ちてバレやすいので、釣り上げたアジをそのまま
クーラー内にすぐに入れる事が出来る様にクーラーの蓋を開けてアジを入れる準備、

アジバサミや締め用のハサミもすぐ使える様にスタンバイしておくと
アジを釣ってからも手間どる事なくアジをキープ出来、効率よく
アジングでアジをを釣る事が出来ますよ。

 

アジングでアジが釣れ始める

CIMG2232

アジングし始めてすぐにアジがヒット!すでに夕マヅメの時合いに
突入していた様で入れ食いです。

 

ワームがズレる時は『RED TECH』がオススメ

CIMG2233kCIMG2234k

アジが連続ヒットしてすぐワームがずれたりする時は
『RED TECH』がオススメですよ。

RED TECHはAmazonから購入できます

普通の瞬間接着剤と違い、バックの中に入れておいてもなかなか固まらないですし、
赤色(固まると透明に)なのでどこに塗ったかすぐ分かるので使いやすいです。

 

さらにアジ入れ食い

CIMG2235k CIMG2236k

そしてさらにアジは釣れ続きます。

 

日が暮れてタチウオ開始

CIMG2228k

日が暮れて来たので、ここでタチウオ釣りに変更です。
最初はワインドで攻めるもアタリなかったので、ワインド→フラップに変更しました。

 

フラップ釣法に変更すると入れ食い

CIMG2237k CIMG2238k CIMG2243

フラップ釣法に切り替えると、ワインドでは当たりが無かったのが
嘘の様に連続ヒット!

 

表層・低活性のタチウオに『フラップ釣法』が効く

CIMG2252k

この日も、タチウオのタナは表層で低活性、いままでワインドで獲れなかったタチウオが
引き続き、面白い様に釣れていきます。

 

終盤は隣の釣り人がタチウオ入れ食い

ですが終盤、今まで沈黙していた隣にいた釣り人が連続ヒット!

何で釣れているか聞いてみると、ドジョウの引き釣り用のテンヤに
シャッドテールのワームをただ巻きで釣っていました。

私はストレートワーム(マナティーピンテール)で
軽くシャクりながらのアクションで釣っており、全然違うアクションでした。

これは次からはシャッドテールワームの引き釣りも試さないと、
と思いましたよ。

 

最終便の時間が来て終了

CIMG2253k

そうこうしてうる内にフェリーの最終便の時間となり、
今回のタチウオ釣行は幕を閉じたのでした。

 

坊勢島釣行の釣果

CIMG2247k

・メバル 15〜18センチくらい 6匹くらい

・アジ 18〜25センチくらい 10匹くらい

・タチウオ 指3〜4本 6匹

 

 

坊勢島釣行のまとめ

11月になると坊勢島のメバルはシーズンイン

2016年の11月は水温がまだ高い状態でしたが、メバル釣れ始めていました。
もう坊勢島のメバリングはシーズンインインみたいですよ。

 

効率よくアジングを釣るには準備が大事

短い時間でアジングでアジを効率よく釣るにはクーラーやアジつかみ、締め用のハサミ等の
配置が重要ですよ。さらに、ワームのずれを抑える事の出来る
接着剤を使うと、アジが加える度にワームがずれなくなり、
もっと効率よくアジを釣る事が出来ます。

 

ワインドよりフラップの方が低活性のタチウオに効く

私が思った通り、フラップ釣法はワインドと比べて低活性のタチウオに
効く事がわかりました。ワインドではアタリのみやアタリもない時は
フラップに切り替えるといいと思いましたよ。

 

今回の活躍したルアーやグッズ

マナティーピンテール

今回のタチウオは全てマナティーピンテールで釣りましたよ。
特にレッドヘッドのカラーがオススメです。

マナティーピンテールはAmazonから購入できます

 

『RED TECH』

ワームのずれを防止する為に今回ののアジングで使用しましたが、
アジング以外にもタチウオのマナティーやメバリング、バス釣り等、
ワーム全般のズレ防止に使えます。

普通の瞬間接着剤と違い、一度封を開けてもなかなか固まらない
ので、とてもオススメです。

RED TECHはAmazonから購入できます

 




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターではブログでは紹介していない釣り初心者に役立つプチ情報の紹介を、

フェイスブックでは釣りに関する近況やブログ裏話などをお届けしています。

どちらもブログでは読めないコンテンツとなるので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。