11月5日坊勢島タチウオとアジ釣り|フラップ釣法でタチウオを釣って気付いた事とアジング攻略法

坊勢島フラップ釣法 

11月5日の昼~夜まで坊勢島で日中はエギング、夕マヅメは
アジング、夜はタチウオと 3目釣りをしてきましたよ。

今回は夕方・夜のアジングとタチウオ釣行について
お伝えしていきますね。

arrow_orange[1]日中のエギング釣行はこちらへ

checkmark坊勢島アジングが釣れる時間はいつ?

checkmarkアジング爆釣ワームの紹介

checkmark初挑戦のフラップ釣法で気付いた点とは

主にこれらの事が書かれています。

 

夕マヅメになりアジング開始

CIMG2074k

夕マヅメになり、エギングは終了、タチウオを釣る前に
まずはアジングから始めます。

 

夕マヅメのアジングは鉄板

 CIMG2076k

坊勢島は夕マヅメにアジが回遊して非常に釣れやすく、
またタチウオが釣れる時間帯より30分~1時間程早く
釣れ始めるので、タチウオの前のアジングは超オススメですよ。

もし、タチウオが不発の時も、アジングしておけば
お土産は確保出来て安心です。

CIMG2082k

もちろん、今回も40分程で10匹以上の20~25センチのアジを
さくっとヒットさせてお土産確保です。

 

メインがタチウオなら『エコギアアクア 活アジストレート』一択

CIMG2078 - コピー

アジングがメインなら色んなプラグやメタルジグ、
他のワームを使えばいいですが、あくまでメインがタチウオ
の場合、ルアーは『エコギアアクア 活アジストレート』一択です。

専用の保存液に漬かっているので、アジのバイト数、
食い込みが違います。

よく食い込むのでバラシも少なく効率よくアジを
釣る事が出来ますよ。

arrow_orange[1]活アジストレートはAmazonから購入出来ます

 

ワインドでは釣れない低活性なタチウオをルアーで釣れる方法がないか模索

今年のタチウオは数が少なく、活性も低い事が多い…
そして以前から思っていたのですが、ワインドは
マズメを過ぎると非常に釣りづらい…。

今まではマズメが終わると帰るスタイルだったのですが、
それもさみしいですし、何かいい方法がないかな、と思って
いましたが、ありました!

 

フラップ釣法というのがあった!

CIMG2087k

それは最近オンスタックルが提唱している『フラップ(FLAP)釣法』です。

なんかやたらカッコイイ名前ですが、色々調べると、要するに

『ドジョウではなくワームを使った引き釣り』

ですね。

 

ジグヘッドは『タチウオテンヤ』を使用

CIMG2088k

なので、フラップ専用のジグヘッド等も売っていましたが
タチウオテンヤ十分でない?という事でタチウオテンヤに
結束バンドでワームを固定して使いましたよ。

 

使用したワームは『マナティーピンテール』を使用

CIMG2086k

バス用ワームでもいいかな、と思ったのですが、バス用のワームだと
いいカラーが無いので、マナティーピンテールにしましたよ。

ついでに今回はワームの中にミライトを挿入して使いました。

 

18時過ぎからタチウオが釣れ始める

周りの釣り人をみていると18時過ぎからポツポツと
タチウオ釣れ始めます。時合いの到来です。

 

19時頃にタチウオの釣れ方はピークに

19時前くらいから周りの人はヒートアップ!
次々にタチウオを釣り上げていきます。みんな地元の釣り人ぽく、
流石に上手いです。

 

タチウオのタナは『表層』

なので釣っている釣り人からタナを聞いてみると
『表層だよ。』
との事。今年は本当表層にタチウオが来るのが多いです。
そして、活性は低い様子です。

 

結果、フラップ釣法で1匹のタチウオをゲット

CIMG2089k

なので、今まで表層~中層を探っていたのを表層1本にして
丹念に探っていると、フラップ釣法でタチウオを初ゲットしましたよ。
フラップ釣法で1匹を釣るまでに色々気付いた事があるので、その点をまとめますね。

 

アタリはコツコツとくる

アタリはワインドの時と違い、『コツコツ!』とくるみたいです。
2回アタリがありましが、どちらもそんなアタリでした。

 

ワインド比べて体の負担は少ない

フラップ釣法の基本アクションは『ストップ&ゴー』です。
なので、竿をさっと横に動かすか、もしくはリールを巻いて止めるか、
のアクションなので、

常にロッドをシャクリ続けるワインドと比べると
かなり体の負担が軽減できますよ。長時間の釣りには良さそうです。

 

19時30分以降はアタリが止まりストップフィッシング

CIMG2094k

その後、フラップ釣法で粘るも、19時30分以降はアタリも止まり、
ストッフィッシング。定期船の最終便に乗り、帰宅しました。

 

今回の坊勢島の釣果

・アジ 20~25センチ 15匹くらい
・タチウオ 指3.5本くらい 1匹

坊勢島アジングのまとめ

坊勢島アジングは良く釣れる

坊勢島でのこの時期のアジングは本当によく釣れます。
いつもタチウオのついでにしてますが、まだ釣れなかった試しが
ないです。

タチウオは時々釣れない時もあるので、この安定感は嬉しいです。
アジング好きならアジング1本で釣りに来ても楽しめそうですよ。

 

夕マヅメが最も釣れる

日が暮れてからも釣れますが、日没1時間前~日没直後くらいが
最も釣れますよ。

 

ワームは『エコギア アクア』がオススメ

短時間でさくっと釣るなら『エコギア アクア』シリーズがオススメです。
私の実感では特に『活アジストレート』が食い込みが良くてよりオススメですよ。

以前はガルプを使っていましたが、使い比べた結果、ほとんどバイト数や食い込みに
差が無かったので臭いがかなりマシなエコギア アクアを最近は愛用しています。

 

坊勢島タチウオ釣りのまとめ

2016年のタチウオは『表層』で『低活性』

去年の坊勢島はそうでもなかったのですが、今年の坊勢島の
タチウオは『表層』で『低活性』の状況が続いています。
ほとんど底では釣れていないです。

 

『フラップ釣法』に大きな可能性を感じた

今回初挑戦した『フラップ釣法』ですが、1匹釣る事で
色々分かりかけてきました。

それと同時にたくさんの改善点が見つかったので、その点を
改善して、次回の釣行に生かしますよ。

ワインドと違って低活性なタチウオが獲れる可能性は
かなりありそうですね!

フラップ釣法にはかなり可能性を感じましたよ。

 

活躍したルアーの紹介

 

今回のアジングはタチウオのおまけだったので効率を最重視。
という事で活エコギアアクア 活アジストレート2インチを使いました。

アミノ酸の液を使っているワームで他のワームとは圧倒的にバイト数、
食い込みが違います。ただ釣るだけなら、このワーム1択でいいかもです。

arrow_orange[1]活アジストレート2インチはAmazonで購入出来ます




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

最新情報などをツイッターやフェイスブックでお届けしているので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。