5月23日琵琶湖南湖にてレンタルボートでバス釣り|40アップ爆釣パターンを紹介

150523-130247-121_R

2015年5月23日、キャノピーさん、プロさんと一緒に
レンタルボートにてバス釣りに行ってきました。

いつもこのメンバーとバス釣りのプチ大会(通称Tカップ)というのを
していて、3匹重量で競っています。もちろん、各自それぞれ
ボートを借りて、の参戦です。

当日のブラックバス釣りの様子

当日のヒットパターン

についてお伝えしていきますね。

今回は3人とも40アップを複数釣っての接戦となり、
違うパターンも見えたので、琵琶湖でバス釣りする際の参考にもしてくれたら
幸いです。

 

レンタルボートはビワコマリンから借りました

レンタルボートはビワコマリンから9.9馬力艇3台借りました。

今回使ったボート屋さんは琵琶湖マリンの9.9馬力艇を3台借りました。
琵琶湖南湖の西側の中心付近にあり、大きいレンタルボート屋さん
なので、借りるボートが無い、という事もほとんどないので
愛用しています。

 

釣りをした時間は朝6時頃~13時頃まで

今回の釣り時間は6時頃~13時までの約7時間です。
この時間の中、それぞれが琵琶湖南湖のバスを攻略してきました。

 

琵琶湖南湖をレンタルボートで7時間攻めた、3人それぞれの結果

今回はプチ大会という事で3人それぞれのバスの重量を測っています。

 

琵琶湖南湖のプチバス釣り大会結果はプロ氏が優勝

150523-132002-130_R

結果は…

プロ氏…3500g

キャノピー氏…2850g

たけと(私)…2700g

となり、プロ氏が優勝、私がドベ、という結果に…
プロ氏が優勝賞品をかっさらって行きました^^;

 

琵琶湖南湖で3人のそれぞれがバスを釣ったパターン

たけと(私)のパターン

150523-130247-121_R

モーニングバイトは不発

この日は晴れでバスの活性はあまり高くない、と判断。
アフタースポーニングの時期なので、基本的にアフター回復のバスを
狙って、シャロー(2~3mライン)狙いです。

例年に較べてウィードも少ないので、モーニングバイトを拾おうと、
大宮川周辺、1m~2mのシャローをセンコー5インチノーシンカーリグで
テンポよく探るも、まったくのノーバイト。

 

雄琴周辺で40UPが釣れリミット達成

なので、雄琴周辺まで移動し、今後は2~3mラインに移動、
センコー5インチをゆっくり底まで落とし、ウィードに軽くひっかけながら
引きずると、30分に1回くらい、「コツッ」といったギルの様なバイトを
拾うと釣れる、という感じでしたが、最大40セチ弱、でサイズアップができず。

5本程釣った所で、北の方でまだ天神川周辺まで北上しました。
ですが、天神川周辺ではノーバイト…全然釣れないので木の浜に移動…

 

痛恨のキッカーバラシ

木の浜周辺は西側よりさらにウィードが少なかったので、
木の浜の岸際に近い所、2m~4mラインを手広く攻めよう、
と岸近くからチェックし始めると、

いきなりジグヘッドが動かなく…
すると、一目で50アップとわかる魚体がジャンプ!
ここで獲ったら勝てる!と思い、力んだのか、
ライディング直前でまさかのキャッチミス…そしてバラシ
となりました。

 

その後数匹釣るも入れ替えならず

その後西岸に戻り、2~3mのセンコー5インチスローフォールパターンで攻めて
何匹か釣るも、入れ替えできず、時間となりました。

 

キャノピー氏のパターン

150523-130002-118_R

下物沖のエビ藻パターンは不発

2週間前に下物の沖に発見していたエビ藻をゲーリー8インチの
テキサスリグで攻めたら、50アップが入れ食いではないか?
と考え、朝一に下物沖のエビ藻エリアを攻めるも不発…

 

カットテール5インチシャローパターンが炸裂!

またまた、2週間前のゴールデンウィークに好調に釣れていた、
カットテールシャローパターンを試してみる事に…

下物のシャローエリアをカットテール5インチのノーシンカーリグで
攻めていたら、1箇所だけ、エビ藻とカナダ藻の生えているスポットを発見。

陸っぱりでもギリギリ届くくらいのシャローだったが、
ここしかない!とずっと丁寧にカットテール5インチを
ウィードに引っ掛けてはやさしく外す、と繰り返していたら、

ちょっと重たくなったなあ、というようなアタリがあり、
それを合わせたら40アップのバスが釣れました。

ここで、「このパターンしかない!」と思い、
引き続き、ウィードに引っ掛けては外す、を続けると、
遂に3匹のリミット達成です。

 

下物・KKRは沖はやっぱり釣れず

その後、下物の沖、KKR沖にいくもまったくのノーバイトに
終わり、終了時間となりました。

 

プロ氏のパターン

150523-130550-124_R

どこにいってもチャター不発…

寺田沖にてチャターベイトを投げるも、まったく反応が無いので
自衛隊沖に移動…自衛隊沖でも、どんなルアーを投げても
まったく反応が無いので、井筒マリーナ周辺に移動するも
全く釣れず…。

 

カネカ沖で1匹ゲット!

そこでカネカ沖2mラインで40アップをチャターでゲット!
その後続かなくなったので、天神川周辺に行くも、
ここではノーバイト、次は木の浜へ移動しました。

 

木の浜でチャターベイト炸裂!

木の浜の護岸されていない杭周辺のポイントに
チャターを投げると、いきなりチャターが動かなくなり、
この日一番のキッカーフィッシュをゲットしました。

その後、護岸と平行に2mラインを探っていると
40アップを再びゲット!

こうしてリミットを達成し、帰路に着きました。

 

この日の琵琶湖南湖の最適なポイント、パターンは?

3人の釣ったパターンと今日の状況を照らしあわて、
この日のバスの状況を伝えていきます。

3人の釣った様子から、基本的にバスはアフタースポーンまっただ中、
南湖の南側は、アフター初期~中期で活性は低め、晴れだった事もあり、
ノーシンカーのゆっくりした動きにしか反応しない状態だったといえる
と考えています。

そして、木の浜周辺のシャローはすっかりアフターから回復した個体が
集まっている状態、でした。(私のバラした個体も太っていましたし、
プロの釣っている個体も太っていました、スポーニングの魚ではない様です)

だから、私の時もジグヘッドを通した瞬間食ってきていましたし、
プロ氏もチャターで連続ヒットに持ち込めた、という事と考えています。

なので、今の時期(5月下旬)の琵琶湖南湖の今の状況なら、40センチ前後を数釣るなら
シャローエリアをノーシンカーワームでゆっくり攻めるといいですし、

サイズを狙うなら、木の浜エリアを攻めるといいかも、です。

 

最後にTカップの年間ポイントです

  第一戦 総ポイント 総重量 年間順位
プロ氏 3P 3500g 3P 3500g 1位
キャノピー氏 2P 2850g 2P 2850g 2位
たけと氏 1P 2700g 1P 2700g 3位

一応、このプチ大会(Tカップ)は年間成績での年間優勝もあるので、
ポイント計算です。3人いたら優勝は3ポイント、としています。
年間でポイントが同じなら、総重量が多い方が優勝というルールなので、重量と共に
記載しています。

私はいきなりドベスタート、今年は恐らく3戦の結果となりそうなので、いきなり年間優勝に
黄信号が…。次回、頑張ります。




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

最新情報などをツイッターやフェイスブックでお届けしているので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。