10月下旬坊勢島沖防波堤でガシラ(カサゴ)釣り|穴釣り最強ルアーと釣り方を紹介

2018年10月20日、渡船を使って坊勢島の沖防波堤で、タチウオ、ショアジギング、エギングと色々な釣りをしましたが全て撃沈。

撃沈した他の釣りの様子は下記のリンクから読む事ができますよ。

朝マヅメまでのタチウオ釣り日記

朝マヅメからのショアジギング日記

朝マヅメ後からのエギング日記

上記の釣行はただのホゲ日記ですが、今後の考察には力を入れているので、読むとちょっとは役に立ちます、多分・・・ですが、最後の穴釣りだけはなんとかまともな釣果を残す事が出来ました。なので、

当日の穴釣りの様子

釣り方と穴釣り最強ルアーの紹介

についてお伝えしていきますね。

スポンサードリンク

坊勢島の沖防波堤には【進鉱渡船】で行きました

今回の坊勢島沖防波堤には【進鉱渡船】を使って行きましたよ。この時はまさか他の全ての釣りでほぼホゲる事になるとは思いませんでしたが・・・。

進鉱渡船での出発の様子は当日のタチウオ釣り日記で詳しく伝えています。

 

タチウオ、ショアジギング、エギングでホゲた後に穴釣り開始

夜明け前のタチウオ釣り、朝マヅメのショアジギング、そしてその後のエギング、と全てほぼボウズ、といえる釣果で終わり、いよいよ追い込まれてからの穴釣り開始です。

わざわざ坊勢島の沖防波堤まで来て、ろくな釣果もなしで帰れない、という事でルアーでの穴釣りを開始しましたよ。

 

穴釣りで使用するルアーはマルキューパワークラブM

今回の穴釣りで使用するルアーは【マルキュー パワークラブM】です。

今までにもカニワームは多数でていましたが、この柔らかさと一口感、そしてパワーワームシリーズのアミノ酸での食わせ力、とルアーでの穴釣り最強ルアーを使って、背水の陣で穴釣りを開始します。


パワークラブM(Amazon)
パワークラブM(楽天)
パワークラブM(ヤフーショッピング)

 

こんな感じの穴を狙っていきます

上の画像の様な穴を次から次へと狙っていきます。ルアーでの穴釣りの場合、エサと違い弱ったりしないので、手返し良く穴にルアーを入れていくのが好釣果のコツですよ。

 

超かわいいガシラ(カサゴ)が釣れました

最初のヒットは超かわいいガシラさんがお迎えです。

 

その後飽きない程度にガシラ(カサゴ)がヒット

その後入れ食い、とはならないものの、あきないくらいにはアタリがあり次々にガシラをゲット!

無事に10匹以上のがガシラを1時間ちょっとで釣る事が出来て満足したので穴釣りを終えたのでした。

 

坊勢島沖防波堤での穴釣り釣果

・ガシラ(カサゴ) 10~23センチくらい 15匹くらい

 

坊勢島沖防波堤での穴釣りまとめ

やっぱり穴釣りは手堅く釣れる

やっぱり穴釣りはどんな状況の時でも手堅く釣れてくれます。沖防波堤でのテトラ帯で穴釣りをしたら真夏(7月下旬~9月上旬)以外ならほぼ釣れてくれます。

遠征釣行迄行って、『ボウズになりたくない!』なら穴釣り用のタックル1セットはお守り代わりに入れておきましょう。

 

坊勢島沖の防波堤は意外に穴釣りで釣られている印象

ここまで遠くの沖防波堤まできたので穴釣りだと入れ食い!と思ったのですが意外に釣れなかった、というのが実感です。

もちろんいい潮位・時間帯で釣りした訳ではないのですが、そこそこ奥の穴に入れないと釣れなかったので結構穴釣りする釣り人は多いと感じました。

 

ヒットルアー

マルキュー パワーワームクラブ M


パワークラブM(Amazon)
パワークラブM(楽天)
パワークラブM(ヤフーショッピング)

今まで穴釣りで色んなワームを使ってきましたが、間違いなく一番よく釣れるワームですよ。穴釣りで釣れるガシラやソイの主食は【カニ】なので当たり前ですよね。数あるカニワームの中でもダントツによく釣れます。

 

ガルプ・エコギア専用容器

ガルプ・エコギア専用容器(ヤフーショッピング)

そのままの袋だと、使っている内に液漏れしてしまう事が多いので、専用容器に移し替えるといいですよ。パワーワームクラブMでしたら、容器1つで1パック分入れる事が出来ますよ。

ガルプ・エコギア専用容器に付いて詳しくはこちら

 




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

ABOUTこのブログの管理人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターではブログでは近況の様子や釣り初心者に役立つプチ情報の紹介を、

フェイスブックでは私個人の釣りに対する考え方やツイッターより詳しい近況報告などをお届けしています。

どちらもブログでは読めないコンテンツとなるので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。