パラオGT釣行3日間で4匹のGT釣果|行く際の注意点・ヒットルアー・実情について紹介します

パラオGT釣行3日目の釣果

2018年12月6日から12月10日までパラオまでGT(ロウニンアジ)を釣りに行ってきました。

実はパラオGT釣行は今回で2回目。1度目のパラオGt釣行では、GTを釣り上げる事が出来なくて、そのリベンジの為、2年間準備を進めて今回のパラオGT釣行2回目、となりました。

今回の釣行では、『絶対にGTを獲る!』との決意し、3日間の実釣期間を確保。12月6日から10日(実釣は7、8,9日の3日間)にかけて大阪からパラオヘ行ってきましたよ。

今回は12月9日から10日、3日目のパラオGT釣行の様子とパラオから日本に戻るまでの様子をお伝えします。1日目と2日目のパラオGT釣行の様子は下のリンクを押したら読む事が出来ますよ。

パラオGT釣行1日目の様子はこちら

パラオGT釣行2日目の様子はこちら

当日のパラオGT釣行の様子

GT釣行をして分かったパラオへ行く際の注意点・釣り方・2018年12月時点のパラオの現状

についてお伝えしますね。

スポンサードリンク

パラオGT釣行3日目最初のポイントは【零戦】がお出迎え

パラオの海によこわたる零戦

いよいよパラオGT釣行も3日目で最終日。この日も朝一番は潮が動かない時間帯でGTの期待薄、という事で浅場のリーフポイントへ。

ここでエリックさんに太平洋戦争時に沈んだ【零戦】があるポイントを案内してくれました。

もう長い年月が経過してほとんど朽ちている零戦ですが、輪郭は分かります。全長は9m程との事でしたが、実際に見てみるとそれ以上に小さく思いました。

 

この日もライトゲームではレッドペッパーが活躍

パラオの海の小物釣り

この日もポッパーは駄目でペンシルベイトのレッドペッパーの反応がすこぶる良かったです。

最初にフエダイの仲間?ぽいのをゲット!その後60センチくらいのバラクーダをかけるも、ランディング直前でフックアウト。

GTがかかる事も想定しての、フロントフックのみの太軸フック仕様なのでなかなか水面にバイトしても乗りにくく、バレやすかったです。

 

友人がGTタックルを持ち出して見事なカスミアジをゲット!

GTタックルで釣ったパラオのカスミアジ

私がライトタックルの釣りをしている中、友人はGTタックルでデッカイトップウォータープラグをぶん投げています・・・。

そしてなんと、友人のビッグプラグにバイト!!

見事なカスミアジを釣り上げたのでした。

 

その後昼過ぎまで沈黙

午前中はGTのバイトなし

その後は昼過ぎまで沈黙。2日目に2人ともGTを釣った事もあり、ちょっと集中力もなくなってきます。

 

エリックさんがGTを釣り上げる!

ここでずっとガイドに徹していたエリックさんがロッドを持って、ルアーをキャスト!

そしたらなんと1投でGTヒット!ゴリゴリ巻いて10キロ近くあるGTを僅か数分でキャッチ、リリースしていました。

いやあ、ガイドさんの底力はすごいですね!

 

3日目の大物初バイトはナイスGT!

エリックさんのGTキャッチにやる気UP!気合を入れ直して、ローデッドF180をキャスト、アクションしていると左前方30mくらい先から背びれをみせながらルアーに近づいてくる魚を発見!

体の3分の1程が見えているのでこの時点でGT確定。

『このまま食ってこい!』

と願いながらローデッドF180をアクションしているとGTはそのままゆっくりとルアーに近づいていき、『ボスッ!』と控えめなバイト!

パラオのGT(ロウニンアジ)を釣り上げました

水深があまりない場所だったので、ちょっと焦りましたが、少しドラグを締める事で対応して無事キャッチ!

約8キロ程のパラオのレギュラーサイズのGTをゲットです。

 

ここから友人の独壇場!レッドスナッパーやサワラや巨大ダツを釣り上げる!

ここまで沈黙していた友人ですが、実はロケットダイブ以外にももう一つ隠し玉を持っていました。

そのルアーは、【ドラドスライダー2 160F】です!

友人がこのルアーに変更してからは

パラオのレッドスナッパー(小さい)

約3キロ程のレッドスナッパー
(エリックさんがランディング、エリックさんが大きすぎて3kgのレッドスナッパーが雑魚に見える・・・)

パラオの大サワラ

大サワラ

パラオの巨大ダツ

巨大ダツ

と次々にパラオの魚を釣り上げる!

私の方は、というとGTを釣った後は沈黙・・・。

この日のパラオの魚はローデッドよりドラドスライダー2方がずっと魚の反応が良かったです。

やっぱり複数種類のダイビングペンシルが必要ですね。

 

こうして無事にパラオGTフィッシングの全日程終了~

パラオGT釣行終了1 パラオGT釣行終了2

こうして3日目のパラオGT釣行も無事に終える事が出来ました。パラオGT釣行の全日程がこれにて終了です。

帰る時に空を見上げると、虹がかかっていたのが印象的でした。

 

GTフィッシングの後はエリックさんと打ち上げをしました

パラオGT釣行後の打ち上げ

GT釣りが終わった後、この日はホテルではなくてエリックさんが案内してくれた地元のレストランで打ち上げ会。3日間のGTフィッシングの思い出話に花を咲かせたのでした。

 

深夜の便でパラオから韓国の仁川空港へ

3日間のパラオGTの釣行を終えたので後は日本に帰る為。深夜の便(朝5時出発なので早朝ともいう…)でパラオのコロール空港に到着。

中継地である韓国の仁川国際空港へ向かいます。

パラオのお土産はコロール国際空港内で売っているチョコレートがオススメ

パラオGT釣行後のお土産

パラオのお土産はコロール国際空港で売っているチョコレートがオススメです。

というかチョコレートくらいしかない、とも言えます・・・。

 

韓国の仁川国際空港に到着

韓国の空港に到着

翌日、12月10日の10時頃、韓国の仁川空港に到着。乗り継ぎで乗る成田空港行きの飛行機出発は午後16時頃。

約6時間韓国の仁川国際空港にいる事になります。な、長い・・・。

 

韓国の仁川国際空港はとても広い

韓国の空港は広い

韓国の仁川国際空港は、本当広かったです。並のイオンくらいの大きさはあるのではないでしょうか?

たくさんのお店があり、

『ウインドウショッピングだけでも時間つぶせるでしょ!』

と思ったのですがあるのはほとんどが化粧品やブランドバッグ等の免税店。おっちゃんの私と友人には興味のないものばかりで、これだけたくさんのお店があるのにウインドウショッピングは僅か20分くらいで終了しました。

空港内の食事でも韓国料理は美味しかった

チゲ鍋

せっかく韓国に来たので(空港内だけですが)昼食は韓国料理を食べる事に。

今回私はチゲ鍋を頼んだのですが日本円にて約1000円ちょっとでとてもお美味しい本格的なチゲ鍋を食べる事ができました。

空港内の食事でもこれだけ美味しいんですから、『本格的なお店に行ったらもっと美味しいんだろうなあ、』と思いちょっと韓国にグルメ旅行にいきたくなるくらいでした。

 

日本帰ってパラオGT釣行、無事終了!

さよならパラオ!

結局昼食後はPCで仕事したりして残りの時間を過ごし、夕方に成田着の飛行機に乗り帰国。

こうして4泊5日、釣行日数3日間のパラオGT釣行が無事に終了したのでした。

 

パラオGT釣行3日目の釣果

パラオGT釣行3日目の釣果

・フエダイの仲間?(詳細不明) 25センチくらい 1匹
・GT(ロウニンアジ) 8kgくらい 1匹

友人と合わせた全体の釣果

・フエダイの仲間?(詳細不明) 25センチくらい 1匹
・カスミアジ 5kgくらい 1匹
・GT(ロウニンアジ) 8kgくらい 1匹
・ダツ 1.3mくらい 1匹
・レッドスナッパー(バラフエダイ) 3kgクラス 1匹
・サワラ 10kgくらい 1匹

 

3日間パラオGTフィッシングをして感じた事・分かった事

パラオへ行くには韓国(仁川国際空港)経由がオススメ(2019年2月時点)

2019年2月時点では、日本からパラオの直行便はなく、大きく分けて韓国経由とグアム経由で行くしかありません。

グアム経由の場合、出国と入国審査を受けないといけず、かなり大変(手続きだけで2~3時間くらいかかる。)ので、韓国経由で行く事をおすすめします。

2019年2月時点ではスカイマークが直行便を検討している様で上手くいくと今年(2019年)中に直行便が出来るかも知れません。

パラオにGT釣行を計画中の方は直行便が出来るかどうかも含めてどうパラオに行くか検討していくといいですよ。

 

パラオのネット環境はあまり良くないから気をつけて!(2019年2月時点)

パラオは以前よりはかなりネット環境は改善していますが、それでもレンタルWiFiはまだ無いですし、スポットWiFiが使えるのもホテル内のみ、とまだまだです。

ホテル内のWiFiは普通にホームページを開いて見るくらいだったら快適に見る事が出来るくらいです。
(ユーチューブで動画を観ている人が1人いると接続がかなり遅くなるくらいの通信速度。)

2年前はメール1通送るだけでも30分かかったりしていて、ほぼネットが使えない状態だったので、その事を考えると劇的に改善していると言えます。パラオにGTフィッシングに行く際には最新のネット環境は必ず確認しておきましょう。

 

パラオでGTフィッシングのガイドをしてくれたエリックさんは【すごく熱い男】だった

3日間のパラオGT釣行ガイドしてくれたエリックさんでしたが、フィッシングショーで話していた時は陽気な印象でしたが、実際に釣りの現場に立つと一変!とにかく間髪入れずに『ここにキャストして!』 『次はこっち!』 と休みなく指示が飛びました。

昼食もスコールで釣りが出来ない少しの時間でかきこんで、本当は午後4時でストップフィッシングのはずなのに、薄暗くなり、釣りできなくなるまで、その指示が止む事はなかったです。(流石に3日目は普通に午後4時に上がりました。)

ちょっとこちらが休もうとすると『早く投げて!』と激が飛んだりも。そんな彼から感じたのは【とにかくパラオまで来てもらったんだから絶対にGTを釣って欲しい!】という熱い想い。その想いは私達よりも強い!と思った程。

正直、『休ませて~。』と100回くらい思いましたが、そんな彼の熱意に引っ張られて3日間、巨大ルアーをキャストし続ける事が出来ましたよ。

 

GTフィッシングは【豪快さ】と【繊細さ】を兼ね備えた釣りだった

正直、実際にパラオでGTフィッシングをするまで、カーペンターが釣れる、いや、このルアーのアクションが・・・等と書いていたりしているのを読んでは、『ぶっちゃけ、釣れる状況ならどんなトッププラグでも釣れるんでしょ。』と思っていました。

実際にGTフィッシングをしてみると、この認識が間違っていたのが分かりました。本当GTって思っていたよりずっと繊細で、ルアーを見切ってUターンなんて事は何回もありましたし、やっぱりGTがヒットした時はきっちりとリーフエッジに乗っていたり、ベイトの群れの中にしっかりと入った時にヒットとなりました。

今回全部で4匹のGTを釣る事が出来た私ですが、もう少し上手くルアーを動かし、ピンポイントにルアーを入れる事ができていたなら、きっと倍くらいは釣れていたんではないでしょうか?

豪快なバイトや暴力的な引きだけでなく、その高いゲーム性があるから、GTはルアーフィッシングの最高峰と言われるんですね。実際に釣ってみてやっと【GTフィッシングはルアーフィッシングの最高峰】と呼ばれる本当の意味が理解できました。

 

カーペンターの様な入手困難なウッドプラグでなくても複数のGTが釣れる事を証明できた

私と友人がGTを釣ろう!と決めた時から決めていたコンセプトがあって、それは【普通に手に入るプラグでGTを釣る事】でした。

GTフィッシングではカーペンターを代表とするウッド系プラグがとても人気で、その人気ぶりから価格が高騰。1個1万円以上なんか安いくらい、といった異常な状態となっています。また、ルアー自体が希少でお金を出して買えたならマシな方で、欲しいルアーが欠品でまったく手に入らない、といった事もザラなのです。

ほとんどの釣り人にとって一生に一度あるかないかのプレミアムな釣行だから、

『お金に糸目をつけず、実績のあるルアーを使いたい!』

という気持ちは痛いほど分かりますが、

私の釣りブログは【釣り初心者に釣り方・釣れるルアー】を紹介して対象の魚を釣ってもらう事をモットーとしているので、手に入れる事も出来ないルアーを紹介する訳にはいかない、という事で『日本国内で入手容易なルアーしか使わない!』と最初から決めていました。

結果3日で4匹のGTを釣り、カーペンターでなくても複数釣れる事を実際に証明する事が出来ました。これも大手メーカーが量産できるプラスチック製のビッグプラグを本気で作り込んでくれたおかげ、ですね。

 

やっぱりダイビングペンシルが良く釣れる

最近のGTフィッシングではポッパーよりダイビングペンシルの方が人気で実績もでています。

今回のパラオGT釣行でもポッパーよりもダイビングペンシルの方が反応が良かったです。状況が大荒れだったりすると、ポッパーしか役に立たない事があるので、ポッパーも必要ですが、基本はやっぱりダイビングペンシルが釣れるようです。

GTフィッシングで釣れるルアーとその理由について詳しくは2日目のGT釣り日記に書いていますよ

パラオのGTは以前より大物(10キロ以上)の確率がUPしているらしい

パラオのGTフィッシングですが、ここ10年くらいフィッシングガイドが中心となって、GTのキャッチ&リリースが定着し、一昔前よりパラオのGTのアベレージサイズが上がってきているようですよ。

元々数がつれるパラオのGTフィッシング。今後大型の20~30キロクラスがもっと釣れる様になると、数釣りが出来る上に大物が釣れるスーパー釣り場となる可能性があります。今後が楽しみですね!

 

パラオGT釣行3日目のヒットルアー

マリア ローデッド F180

3日目、私はGT1本のみの釣果なので、紹介できるのはその時のヒットルアー、ローデッドF180だけ、となります。今回のパラオGT1釣行で3日間通じてGTを獲ったのはこのローデッドF180だけなので、パラオへGT釣りに行くならとりあえず1本持っておくといいですよ。

3日目のパラオフィッシング釣行で友人が多彩なな大型魚を仕留めたのはドラドスライダー2、です。ダートアクションを得意とした細身のダイビングペンシルベイトです。




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

ABOUTこのブログの管理人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターではブログでは紹介していない釣り初心者に役立つプチ情報の紹介を、

フェイスブックでは釣りに関する近況やブログ裏話などをお届けしています。

どちらもブログでは読めないコンテンツとなるので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。