10月下旬神戸沖堤へショアジギング釣行|シーズン初期と後期のポイントの選び方も紹介

2018年10月23日に神戸沖堤、通称【ミニ波止】にあっきーさんとショアジギングに行ってきました。

ショアジギングの結果は、というとアタリすらない完全なるボウズ。今回の釣り自体ではほとんど伝える事はありませんが、常連さんの話から、【何故、今回釣れなかったのか?】について分かりました。

今年だけの特殊な事でなくて、毎年起こるシーズナルパターンといっていい現象だったので、最後の項目の【神戸沖防波堤【ミニ波止】でのショアジギングで気付いた事】だけでも読んでくれると嬉しいです。

当日の神戸沖防波堤のショアジギングの様子

なぜ【ミニ波止】で釣れなかったのか?

神戸沖防波堤ショアジギングのシーズン初期と後期のポイントの選び方

についてお伝えしますね。

スポンサードリンク

潮通しの良い【ミニ波止】のポイントを選びました

神戸沖防波堤は、

3防、4防、5防、6防、7防、8防、ポートアイランド沖、ミニ波止、とありますが、神戸沖防波堤の中で最も沖にあり、ポートアイランド沖より混雑が少ない【ミニ波止】でショアジギングをする事に決めました。

 

日が昇るまではルアーでタチウオ釣り

日が昇るまでの暗い時間帯はルアーでタチウオを釣っていました。

実は前日の22日の夕方からタチウオ釣りしていたりします。

タチウオ釣りの様子はこちら

 

日が昇ってきたのでショアジギング開始!

日が昇ってきたのでメタルジグを装着してショアジギング開始です。

 

誰も釣れず心折れる

しかし、朝一からショアジギしている釣り人はちょくちょくいるものの、誰も釣りません。当然僕もあっきーさんも釣れません。

あまりのノー感じに、私もあっきーさんも完全に心折られます。

 

飲ませ釣りをしようにもサビキでアジすら釣れず

あっきーさんが『飲ませ釣りをしたいからエサ確保して~。』と依頼されたので、飲ませ釣りのエサのアジを確保する為、サビキ釣り開始。

が、サビキ釣りで約30分、何も釣れずやっと釣れたと思ったらチャリコ・・・アジすら釣れずに飲ませ釣りも断念です。

 

何も釣れないまま神戸沖防波堤【ミニ波止】でのショアジギング終了

こうして何一ついい所ないまま、神戸沖防波堤【ミニ波止】でのショアジギングは終了したのでした。

 

神戸沖防波堤【ミニ波止】でのショアジギングの釣果

・チャリコ 16~18センチくらい 2匹
(サビキ釣りで釣れただけ)

 

神戸沖防波堤【ミニ波止】でのショアジギングで気付いた事

晩秋になりベイトフィッシュが沖から湾内に移動していた

今回、本当に【ミニ波止】では青物が全くといいほど釣れなかったのですが、他のポイントから移動してきた常連の釣り人さんに話を聞くとその原因が分かりました。

3週間前までは【ミニ波止】【ポートアイランド沖】が好調だったとの事ですが、晩秋になり水温低下もあり、潮通しの良い沖のポイントから水温が高い【湾内の波止】に移動して、釣れなくなったとの事でした。

つまり、今回はポートアイランド沖やミニ波止ではなく、【6防】、【7防】、【8防】を狙うと良かった、という事ですね。

 

シーズン前半(8~9月)は沖を、シーズン後半(10~11月)は湾奥を狙う

毎年水温や潮の関係で、何月何日にベイトフィッシュ(アジやイワシ)が沖から湾内に移動するか分かりませんが、この事をしっかり覚えておけば、来年以降も同じ事が起こるはずなので、しっかり覚えておくといいですよ。

ショアジギングシーズン前半の8月~9月はポートアイランド沖やミニ波止をメインに、シーズン後半の10月~11月は5防~8防をメインにショアジギングをしていけば好釣果が期待できる、と考えています。

 




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

ABOUTこのブログの管理人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターではブログでは紹介していない釣り初心者に役立つプチ情報の紹介を、

フェイスブックでは釣りに関する近況やブログ裏話などをお届けしています。

どちらもブログでは読めないコンテンツとなるので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。