10月末愛知県の管理釣り場戸神の池でトラウト爆釣!ヒットルアーと釣り方を紹介

2018年10月31日、愛知県にある管理釣り場、戸神の池に釣りに行ってきました。

F&L Fishing Area 戸神の池は、釣りキチ三平 平成版(2)天狗森の巨大魚にでてくる『天狗の隠れ蓑池』をイメージして作られた、という管理釣り場。

それだけに、非常に雰囲気のある釣り場でしたよ。

戸神の池は思っていた以上に難しく、簡単には攻略出来ませんでしたが、結果的にはヒットパターンを見つけ、フェザージグでトラウトを爆釣する事が出来ました。

当日の戸神の池の釣りの様子

戸神の池の近くにある美味しい鮎が食べる事が出来るお店の紹介

戸神の池のヒットルアーとヒットパターン

についてお伝えしていきますね。

スポンサードリンク

朝8時30分頃に戸神の池に到着

朝8時30分頃に【戸神の池】の受付に到着です。現地で友人と待ち合わせしていたので、ここで合流。戸神の池は10月~3月は8時から開いているので、早速受付に行って手続きを済ませます。

 

Fishing Licenseを購入して戸神の池で釣り開始

今回は午前中からスタートなので1日券を購入(1日券は3500円)

【Fishing License】と遊漁券に書いてあって、なんだかかっこいいですね。

 

戸神の池は秘境みたいな雰囲気

受付を少し進むと管理釣り場の池が見えてきます。木々に囲まれ、秘境みたいでテンションUP!

流石、戸神の池は、釣りキチ三平 平成版(2)天狗森の巨大魚にでてくる『天狗の隠れ蓑池』をイメージして作られただけあります。

 

【フェザージグ】が管理釣り場ではよく釣れるのでオススメ

プラグやスプーンよりずっとよく釣れるので、私は管理釣り場ではフェザージグを使って釣っていますよ。管理釣り場でサクサク数を釣りたいなら、本当フェザージグはオススメです。

フェザージグについて詳しくはこちら

 

愛知県や岐阜県では【フェザージグ禁止】の管理釣り場が多いので注意!

非常によく釣れるフェザージグですが、愛知県や岐阜県では【フェザージグ禁止】の管理釣り場が多いです。戸神の池はもちろん、フェザージグOKの管理釣り場ですが、フェザージグを使って釣りをする場合、【フェザージグが禁止かどうかしっかり確認】してから使用しましょう。

 

釣り開始直後はまなこフェザージグマラブーで表層をスローリトリーブ

まずはまなこフェザージグマラブーを使って表層をスローリトリーブしていくも反応がイマイチ。時々ニジマスが追いかけてくるものの、バイトには至りません。

 

岸際の流れが巻いている所にトラウトが集結していた

ふと横を見ると、岸際の流れが巻いている所にトラウトが集結しているのを発見!

ですが、ここにフェザージグをゆっくり落としていくもほとんど無視です。

 

まなこフェザージグミノーのボトムバンピングでリアクションバイト!

そこで、狙う場所の水深は約60cnで浅いですが、あえて1gのまなこフェザージグミノーを使い、ボトムバンピングでリアクション狙い!

見事、その目論見が当たり、まなこフェザージグミノーに大型のニジマスがもんどりうってバイト!

戸神の池でのファーストフィッシュは45cmくらいある見事なニジマスからスタートとなりました。

 

その後ポツポツとニジマスのヒットを重ねるもイマイチ乗り切れず

その後、まなこフェザージグニンフを使ったカーブフォールや、まなこフェザージグマラブーを使ってのドリフト釣法などを駆使してニジマスを釣っていくも、ポツポツといった感じで、イマイチ波に乗り切れません。

 

超スローリトリーブが釣れるキモだった

そうこうしている内にもう午前11時。まだ10匹も釣っていない状態で、フェザージグを使っている事を考えるとちょっとしょぼい・・・。

が、ここまで釣ってみて、この日のニジマスが

・横の動きに反応しやすい
・底付近のトラウトの方がルアーへの反応は良い
・だが活性が低いので眼の前でゆっくり見せないと食わない
・でもルアーの動きを止めると見切る

という事が分かりました。で、これらを満たす釣り方は?というと0.3~0.5gの軽いウエイトを使ったフェザージグの超スローリトリーブ。

水深1~1.5mくらいの底スレスレでフェザージグがスイミングする様、超スローに巻いていると、遂に次々にニジマスがヒット!やっとフェザージグらしい入れ食い状態に入ります。

 

友人も好調に釣っていました

友人も、最初は戸神の池のトラウトに苦戦していましたが、後半は順調にヒットを重ねていました。

 

最後は良型のニジマス・ブラウントラウトの3連発!

こうしてやっとこの日の釣れるパターンを見つけて勢いに乗った私は40cm程の良型のニジマス2匹、ブラウントラウト1匹を30分くらいの間で連続ゲット!

こうして満足した所で午後1時頃、戸神の池でのトラウトフィッシングを終了したのでした。

 

設楽ヤナ組合 第2八雲苑で昼食

戸神の池の釣行後は、天然の鮎を食べる事が出来る、という事で友人と一緒に【設楽ヤナ組合 第2八雲苑】にランチへ。

 

鮎定食 B を注文

鮎定食はB定食とC定食から選ぶ事が出来ます。C定食はB定食に鮎田(鮎を焼いて田楽味噌をつけたもの)・ところてんが追加されたものでした。せっかくなのでより豪華なC定食を頼みましたよ。

おまけ:A定食はどこに?

ついでにA定食は昔あったらしいですが今はなくなり、現在はB定食とC定食のみとなっているとの事でした。

 

鮎定食はとても美味しかった

鮎は少し小ぶりながらも、ホクホクしていてとても美味しかったです。塩焼き・魚田・フライそれぞれの良さがあるので、個人的にはC定食がオススメです。

おまけ:実は【五平餅】の方が有名

後で知ったのですが、実は【五平餅】の方が有名で名物だったみたいです。なので鮎定食でなくて【五平餅】を食べるのもいいと思いますよ。

 

お土産も色々置いています

施設内は結構広くてたくさんのお土産も置いています。遠方からきたのでしたら、ここでお土産を買うと良さそうですね。

 

食堂の裏では【ヤナ】を見る事ができます

食堂の裏に行くと【ヤナ】を見る事が出来ます。ヤナだけでなく、周りの景色もとても良いですよ。

【設楽ヤナ組合 第2八雲苑】について詳しくは食べログのHPへ

 

管理釣り場戸神の池釣行終了

こうして、管理釣り場戸神の池釣行が幕を閉じたのでした。

 

管理釣り場戸神の池の釣果

・ニジマス 20~45センチくらい 30匹程
・ブラウントラウト 40センチくらい 1匹

 

管理釣り場戸神の池釣行まとめ

フェザージグを軽くしても反応が薄い時は思い切ってヘビーウエイトにしてリアクションを狙うのもアリ

今回の釣行での最大サイズのニジマスは、フェザージグミノー1gのボトムバンピングでのリアクションバイトでした。

フェザージグのウエイトを下げても反応がない場合は、ヘビーウエイトのフェザージグを使うと今回の様にリアクションで食ってくる可能性は十分あるので、釣るのを諦める前に一度試してみるといいですよ。

 

この日の戸神の池の一番のヒットパターンは軽量フェザージグの【超スローリトリーブ】

この日の戸神の池一番のヒットパターンは【まなこフェザージグマラブー0.3g】を使用した【超スローリトリーブ】が良かったです。

水深1~1.5mくらいの底スレスレのレンジを維持できるリトリーブスピードで巻くととてもよく釣れました。

 

管理釣り場戸神の池釣行ヒットルアー

まなこフェザージグ マラブー 0.3g オリーブ

今回の戸神の池ヒットパターンに大きく貢献した【まなこフェザージグ マラブー 0.3g】です。超スローに巻く事が今回の管理釣り場での一番のヒットパターンとなりました。

まなこフェザージグマラブーについて詳しい説明はこちら

 

まなこフェザージグ ミノー 1.0g ブラウン

今回も最大サイズのニジマスを仕留めたのは【まなこフェザージグミノー】でした。大型トラウト用に作ったフェザージグで、今回も狙い通り活躍してくれて嬉しいです。

まなこフェザージグ ミノーについて詳しくはこちら

 

関連記事

管理釣り場で初心者にも釣れる|まなこフェザージグマラブーが釣れる理由と使用方法を紹介

管理釣り場のスレたマス専用のフェザージグが釣れる理由と使用方法を紹介

管理釣り場で大型のニジマス用のフェザージグが釣れる理由と使用方法を紹介

管理釣り場初心者はミノーやスプーンを使っていては釣れない理由と釣れるルアー

真冬のルアー釣りでも爆釣出来る!管理釣り場の5つの魅力を紹介

 

こちらの記事もオススメです

管理釣り場でスプーンを使っても釣れない魚が釣れる3種類のルアーを紹介

管理釣り場に必要なロッド・リール・ライン・ルアー・小物一覧

ベテランも納得!リーズナブルだけど本格的な管理釣り場入門セット

管理釣り場で使用するフェザージグにぴったりなロッドの紹介

50UPのトラウトが来ても大丈夫な3000円台のダイワのスピニングリール

 




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

ABOUTこのブログの管理人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターではブログでは紹介していない釣り初心者に役立つプチ情報の紹介を、

フェイスブックでは釣りに関する近況やブログ裏話などをお届けしています。

どちらもブログでは読めないコンテンツとなるので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。