アコウ釣りで根がかりしないアイスジグのフックセット法|かかり易さも両立

アイスジグフック交換

アイスジグは、アコウがとてもよく釣れるのですが、
大きな欠点があるんです。

それは…

『すぐに根がかりする』

事です。ルアーの中心部のトリプルフック1本、
さらにルアーのフロント・リア部にそれぞれシングルフックが
1本ずつあるんですから、そりゃ、すぐ根がかりしますよね。

アコウは『根がかる所』にいるのでそのままでは根がかり必須

根がかりの少ない所で使えば問題は無いのですが、
アコウは根魚…基本的に根がかりしやすい所がポイントに
なるんですね…。

なので、アイスジグでアコウがよく釣れるのは分かっていたのですが、
あまりの根がかりの多さに嫌になり、ここ数年は使っていませんでした。

 

根がかりしないフックセット方法を発見

ところが最近、遂にアイスジグが根がかりしないのでは?という
フックセット方法を思いつきました。

早速実釣で試すと、根がかりはほとんどしないし、
アコウのアタリがあれば、ほぼかかってくれます。

これで、これからは根がかりを恐れる事なくアイスジグを
使っていきます。

では、根がかりしない・すっぽ抜けも無いフックセット方法を
お伝えしていきますね。

 

根がかりしないですっぽ抜けもないフックセット方法

アイスジグのヘッド部分とテール部分のフックをペンチで切る

120121

まずはアイスジグのヘッド・テール部分両側にある、ほとんど役に立っていない
フックをペンチで切り取ります。

ここのフックはほとんど魚がかからない上に、
フックが太い為、この部分で根がかりすると、ほぼ回収不可能という
トラップみたいなフックなので、ペンチで切り取るといいですよ。

 

シングルフックを切ったらトリプルフックを外す

122

アイスジグのヘッドとテール側のシングルフックを切り取ったら
次はボディー中央部のトリプルフックを外しましょう。

トリプルフック部のアップ写真

アイスジグはスプリットリングでフックがとまっていないので
上記画像のスキマ部分から強く引っ張ると簡単にトリプルフックを
外す事が出来ますよ。

 

アシストフックの2本使って『地獄針』仕様にする

127

トリプルフックから、 アシストフック2本を使って
『地獄針』仕様にすると根がかりが激減して、
さらに合わせてもすっぽ抜けたり、すぐバレたりする事も
無かったです。

この『地獄針』セッティングは長年アコウのバラシで苦しめられてきた『メタルジグ』
で使用し、その効果が証明されていたのに今まで思いつきませんでした…。

メタルジグでもオススメな『地獄針』仕様について詳しくはこちら

何故今まで思いつかなかったのか…。と思ったくらいです。

 

『地獄針』にする際にオススメのアシストフック

 10g以外のメタルジグやアイスジグに使うアシストフックって意外と
ないんです。もしお気に入りのアシストフックが無いなら、
『カツイチ マイクロゲームアシスト』がオススメですよ。

サイズは『M』がアイスジグW3にベストフィットします。

 

これでフックセット完成!

129

これにて、アイスジグのフックセット完了です。
このフックセット方法にすると根がかりが本当に激減するので
安心してアイスジグをアコウ釣りに使う事が出来ますよ。

フックセットし直したアイスジグを快適に使って、アコウ
爆釣して下さいね。

 

アイスジグW3

アイスジグ、アコウ釣りではかなり有効なのでぜひ使ってみてくださいね。
サイズは『W3』がオススメです。

何故アコウ釣りではアイスジグは『W3』なのか?オススメカラーの紹介

 

アイスジグW3を地獄針にする為のオススメアシストフック

アコウを釣る為のアイスジグ関連の記事はこちら

アイスジグでアコウって釣れるの?使うべき3つの理由とは|使用すべき状況も紹介

アコウ釣りで最適なアイスジグの選び方|カラー・大きさ・フックについて解説

アコウ釣りでのアイスジグはどう使うの|ダートやフォールのコツを動画も交えて説明します

 




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターではブログでは紹介していない釣り初心者に役立つプチ情報の紹介を、

フェイスブックでは釣りに関する近況やブログ裏話などをお届けしています。

どちらもブログでは読めないコンテンツとなるので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。