アコウをメタルジグで釣る際のアクション・使い方・合わせのコツ|動画も使い徹底解説

メタルジグ使い方

アコウをルアーで狙う=クロー系ワームで釣る、というのが
定番になっている様なので、意外にメタルジグでのアコウの釣り方って
分からないのでは無いでしょうか?

もちろん、クロー系ワームのテキサスリグでもアコウを釣る事は
出来ますが、メタルジグでしか穫れない状況はかなりありますよ。

arrow_orange[1]アコウ釣りにおけるメタルジグに使い所について詳しくはこちら

アコウをメタルジグで狙う際の使い方について
伝えていきますね。

メタルジグを底まで沈める

メタルジグをキャストしたら、まずは底まで沈めます。
ラインの動きを見て、しっかり底に着いたどうか確認します。

アコウは浮いている事もありますが、『根魚』で、
『底』付近にいるので、基本的に底付近を探っていく為です。

 

軽く2,3回シャクリを入れる

底に着底したのを確認したら、次はルアーアクションですよね。
着底を確認しましたら、やや軽めにルアーを上に跳ね上げるようにして
シャクリを入れます。

アコウにアピールさせるのと同時に、跳ね上げる事で
根掛かりを予防・軽減させる事も狙っています。

 

メタルジグの動かし方の動画(YouTube)

動画で見てもらったら分かる様に、意外にシャクリが小さいでしょ?
マナティーをダートさせる時の様に大きくロッドをシャクると、
アコウがメタルジグを見失ってバイト率が下がるから、なんですね。

シャクリが小さい事から、メタルジグの場合、シャクっている最中のバイトも
フォール中と同じくらいありますよ。動画の例の場合も、シャクリ途中で
バイトしています。

マナティーの場合、9割がフォール中にバイトが集中するのと対照的ですね。

arrow_orange[1]マナティーでのアコウの釣り方について詳しくはこちらへ

 

メタルジグでアタリがあった時の合わせ方

メタルジグ使用時のアコウのアタリはほとんどの場合『ガツガツガツ!』
とはっきりしたバイトが来ます。

ここで、一気に合わせる!のではなくて、竿先に魚の重さが乗るまで
待ってから大きく、スイープに合わせた方がヒットする確立が上がりますよ。

アコウはこちらから合わせない限り、急に根に潜っていかないので、
焦らず、しっかりと合わせてあげましょう。

 

メタルジグの使い方まとめ

checkmarkしっかり底まで沈める

checkmarkシャクリは細かく・小さく行う

checkmarkフォール中・シャクリ途中どちらでもアタリがある

checkmark『ガツガツ!』とアタリがあるが焦らずにスイープに大きく合わせる

という事ですね。

 

メタルジグでアコウを狙う際の使う条件と使い所とは

メタルジグ釣れる条件

メタルジグはいつでも・どこでもアコウが釣れるルアーではなく、
一定の条件を満たした時、爆発的に釣れるルアーです。
アコウ釣りにおけるメタルジグの使い所をしっかり知っておくといいですよ。

arrow_orange[1]メタルジグでアコウを狙う際の使い所について詳しくはこちらへ

 

ネオメタルジグ 根魚カスタム 7g

根魚専用というか、ほぼこのアコウ釣り用にカスタムされたメタルジグです。
もちろん、アコウ釣りにおける使い勝手は最高です。
リア重心と地獄針仕様なのがウリ、となっていますよ。

arrow_orange[1]根魚カスタムメタルジグについて詳しくはこちらへ




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

最新情報などをツイッターやフェイスブックでお届けしているので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。