管理釣り場のルアー交換で超便利なスナップを発見!開閉しないで1タッチで取り外し可能な理由とは

CIMG1862

管理釣り場での釣りはルアーフィッシングの中でもルアー交換が多い釣りです。

それは、管理釣り場のトラウトがすぐにスレたりするからで、頻繁なカラーチェンジやルアーの種類を交換しなければ好釣果とならないからです。

なので毎回毎回ルアー交換の度に結び直すの、超面倒ですよね。

そこでスナップを使用したら、となるのですが、今までのスナップって、スナップの開け閉めが結ぶより面倒だったり、勝手に外れたり、小さいアイのルアーだとスナップに通らなかったり・・・と問題がアリアリでした。 ですが、

checkmark スナップを開け閉めしなくても1ステップで超簡単に取りはずし出来る 

checkmark スナップが開いてルアーをロストしたり魚をバラシたりする事がまったくない

checkmark フェザージグ等アイが小さいルアーのスナップにも通す事が出来る

といった今までのスナップの問題点を全て解決した超便利なスナップを紹介します。

 

寒い中スナップを開けたり閉じたりするのが面倒(本当に!)

CIMG1864

管理釣り場で釣る時期って私の場合冬が多いです。春から秋は海で、湖で、川で、普通に魚が釣れるから、です。実は管理釣り場の釣りもやり込んだら春から秋に釣っても楽しいものですが、他の魚がシーズンオフとなる冬に釣る方が私も含めて多いでしょう。

冬の管理釣り場では氷点下となる事も多く、手がかじかんでルアー交換も本当に大変です。

そんな中、スナップの開閉って意外に力がいるので、下手するとラインを切って結び直すより面倒なんですよね。後述していますが、スナップは時々勝手に外れる事があり、外れにくいスナップを選ぶと今度は開閉するのにさらに力がいる事があったりして、本当、大変でした。

 

スナップが勝手に外れてトラウトがバレたりする

スナップは開閉して引っ掛ける構造上の問題から、どうしても一定の確率でスナップを留めている部分が外れるんですよね。

管理釣り場以外の釣りでは私も通常のスナップを使用する事があり、キャスト時にスナップが外れてルアーをはるか彼方に飛ばしていったり、大型の魚をかけた際にスナップが外れていた事で、そこが伸びてバラシたり、といった事を何回も経験しています。

キャスト毎にチェックする、外れにくい仕組みのスナップを使用する、といった対策があるのですが、釣りに夢中になっていたら、ついついチェックを忘れてしまいますし、外れにくい仕組みのスナップは、その分ルアーに装着する時に通常のスナップより面倒だったりするんです。

 

フェザージグ等アイが小さい物だと【スナップがアイに通らない】

CIMG1865k

フェザージグ等の一部ジグヘッドタイプのルアーの場合、ラインを通すアイが小さくて、スナップがルアーアイに通らない事が多々あります。もちろんアイと通らなければスナップは使う事ができません。

なので私も今から紹介するスナップを知るまでは、スプーンやプラグからフェザージグ等に変更する際はわざわざ結び変えたりして対応していました。

 

スナップ3大問題を完全解決!それが【メバルスナップ】です

CIMG1866k

ところが、スナップにある3つ問題を完全に解決した超便利なスナップがあるんです。

その名前は【メバルスナップ】という名前となります。本当に今までのスナップの3つの問題を完全解決しているすごいスナップです。

このスナップの存在を知ったのは私がたまたま【メバリング】と呼ばれるルアーを使ったメバル釣りをしていたから、なんですね。

 

スナップの付け方は簡単!スナップにルアーアイを通すだけ

CIMG1867k

メバルスナップの使い方はとても簡単です。上の画像の様にスナップにルアーアイを通すだけ。 超簡単ですよね。

 

引っ掛けるだけの構造の為【勝手に外れる事は全く無し】

CIMG1868k

メバルスナップの構造上、スナップに付いているルアーが外れる、という事はありえません。もし外れる可能性があるとしたら、

何かの拍子で外れる方向に力がかかった時、トラウトがかかっている時やルアーを動かしている時ですが、

外れる方向に力がかかる事がないので、ルアーを泳がしている時に外れたり、トラウトがかかっている時に外れる心配はありませんよ。

ついでに私は【メバルスナップ】を使用し始めてから5年以上経過していますが、ルアーのキャスト中、トラウトをヒット中にスナップからルアーが外れた事は一度もありません。

 

アイが小さい【フェザージグ】等でも問題なく使う事が出来る

CIMG4918k

メバルスナップは元々アジング・メバリングのジグヘッドに使用する為に作られたスナップです。なので通常のスナップでは通す事の出来ないフェザージグの小さいアイでも通す事が出来ます。

 

【メバルスナップ】のたった1つの問題点とは

CIMG1870k

いい所ばかりに思われる【メバルスナップ】ですが、1つだけ問題点があります。

それは・・・【スナップの強度】です。

メバルスナップの強度は約2kg。2kg以上の負荷がかかると破断するリスクが高いという事です。 通常のスナップの数分の1以下の強度しかないのがメバルスナップの一番の問題点です。

 

強度の問題は【管理釣り場】では問題なし!

でも実は管理釣り場での釣りの場合、メバルスナップの強度に問題はありません。

管理釣り場で主に使われるラインは2~4ポンド。だいたい1ポンド500gの強度なので、管理釣り場で使用するライン強度よりスナップの方が強度が強いのです。

スナップが破断する前に先にラインが切れてしまうので、スナップの強度が2kgでも問題はないんですね。

 

実際は2kg以上の負荷をかけても破断しない事がほとんどです

実は私、メバルスナップ、穴釣り等にも使ったりして6~8ポンドラインで使ったりもしています。メバルスナップのメーカーの強度は2kgとありますが、ラインがほとんど傷ついていない状態で引っ張っても、ほぼ100%ラインから切れます。

恐らくですが実際の強度は4~6キロくらいはあると思われます。保証は出来ないですが・・・。 強度2kgといっても、ギリギリ2kgでなくて余裕を持って作られているみたいですよ。

 

管理釣り場で超便利な【メバルスナップ】本当にオススメです

CIMG4913k1

管理釣り場での釣りは、ルアーのウエイトやカラーチェンジが多く、頻繁にルアーを交換します。なので【ルアー交換のしやすさ】は釣果にも直結します。

釣果もですが、より快適に気持ちよく釣りが出来るようになるので、まだ使った事ないのでしたら、ぜひ一度使ってみてください。

一度使うともう元に戻れなくなる便利さですよ。

 

管理釣り場でのルアー交換に超便利な【メバルスナップ】

管理釣り場でのルアー交換で使うと本当に便利なスナップです。サイズは【SS】がオススメです。又スナップの名前の通り、メバリングやアジングで使っても便利ですよ。

arrow_orange[1]メバルスナップSSはAmazonから購入する事ができます

 

関連記事

arrow_orange[1]管理釣り場でいつでも爆釣出来るルアー【まなこフェザージグ】の紹介

arrow_orange[1]管理釣り場のスレたマス専用のフェザージグが釣れる理由と使用方法

arrow_orange[1]管理釣り場で初心者にも釣れる|まなこフェザージグマラブーが釣れる理由と使用方法

arrow_orange[1]管理釣り場で大型のニジマス用のフェザージグが釣れる理由と使用方法

arrow_orange[1]管理釣り場初心者はミノーやスプーンを使っていては釣れない理由

 

こちらの記事もオススメです

arrow_orange[1]管理釣り場でスプーンを使っても釣れない魚が釣れる3種類のルアーを紹介

arrow_orange[1]管理釣り場に必要なロッド・リール・ライン・ルアー・小物一覧

arrow_orange[1]ベテランも納得!リーズナブルだけど本格的な管理釣り場入門セット

arrow_orange[1]管理釣り場で使用するフェザージグにぴったりなロッドの紹介

arrow_orange[1]50UPのトラウトが来ても大丈夫な3000円台のダイワのスピニングリール

 

今までの管理釣り場釣行日記一覧はこちら

arrow_orange[1]今までの管理釣り場釣行日記一覧はこちら




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

最新情報などをツイッターやフェイスブックでお届けしているので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。