6月中旬に西宮の御前浜でチニング|当日の釣りの様子とポイント・駐車場を紹介

2018年6月16日、夕方から兵庫県の西宮にある御前浜へチニングへ行ってきました。

結果は、というとヒットまで持ち込むもバラシとなってしまい、ボウズだったのですが、数日前にポイントの下見をした結果、そんなボウズの釣りでも気付きがあったのでお伝えしますね。

御前浜のポイント紹介

 御前浜の駐車場所の紹介

 当日のチニングの様子

 休日の混雑した釣り場でヒットまで持ち込めた要因

についてお伝えしますね。

スポンサードリンク

西宮・御前浜のポイントの実績等

私は今回の釣行で初めてチニングに行ったのですが、割と有名な釣り場な様で、チヌの実績も十分!他の方のブログですが釣れている様子を見る事が出来ます。

スモールフィッシングさんのブログ

サロゲートさんのブログ

カンパリ

これらの情報があったので私もチニングに行ってみよう、と思いましたよ。

 

御前浜のポイント紹介

実は数日前の日中(干潮の時)に御前浜は下見に行っています。下見に行った結果、基本的に全体的に浅いポイントと分かりました。浅いポイントなので満潮前後に釣りに行くといいと思います。

ポイント紹介の画像は干潮時で、満潮時には画像に写っている岩等はほとんど海につかり、満潮時はチニングにとって絶好のポイントとなります。

ポイント紹介の画像で概ねの岩の位置などが確認出来るので参考にして下さいね。

 

御前浜橋周辺

御前浜橋に近づくにつれて砂浜からゴロタの岩場にないます。御前浜橋周辺は、海峡の様になっていて、流れが最も強くでる所でもあります。

当日のチニング時、ヒットさせたのもこのポイントです。橋の近くになると足場が悪いので釣り人はほとんどいなかったです。チニングで粘るならこのポイント一択ですね。

 

御前浜・川の東側の浜

あまり岩も無いですし、単調な地形が続いています。正直あまり期待できない場所と思いました。

 

御前浜・河口の東サイド

御前浜の河口東サイドです。所々に岩があり、川のおかげで十数センチながら地形変化もあります。結構釣れそうな感じがしていたのですが、釣行当日はずっと釣り人が入っていました。釣れそうだけれど、プレッシャーも高い、といった感じです。

 

御前浜・河口の西サイド

ちょっとした地形変化もありますし、ゴロタ岩もゴロゴロと・・・。下見した時は一番の有望ポイントでしたが、ヒットとはならず・・・。釣り人はちょくちょく入っていました。

 

御前浜・西側の浜

西側の浜は東側と比べて少し浜の傾斜が強く、水深は東側より西側の方がややあります。また岩も結構入っていて結構釣れそうな感じです。当日釣りにいった時は結構釣り人が入っていました。

 

岩畳に注意!

御前浜の西側は上の画像の様な石畳が何箇所かあります。これが満潮近くで夜釣りとなると見えなくなるんです。事前に確認していたにもかかわらず、石畳の位置が分からず、石畳に引っ掛けてルアーをロストしてしまいました。

もし余裕があるなら明るい内にポイントに入って、しっかり石畳の位置を確認しておくと根掛かりが激減すると思いますよ。

 

御前浜橋を渡って南側の石畳エリア

御前浜橋を渡って南側は石畳のエリアとなっています。だいたい3m先くらいまで石畳が入っています。見た目深そうに見えますが、意外と浅く、石畳が切れる3m先で水深2mないくらいです。なのでこの石畳エリアでもチニング有望ポイントと考えています。

 

御前浜の駐車場を2箇所紹介

公園前の駐車場(20時で閉まる)

御前浜の前にある駐車場です。御前浜のすぐ横にあってとても便利な場所にあるのはいいのですが、20時で駐車場が閉まってしまうのが夜釣りメインであるチニングにとって大問題。なのでチニングするにはあまりオススメ出来る駐車場ではありません。

夕マヅメだけチニングして帰る、という短い釣行なら使いやすい駐車場と思います。

 

御前浜駐車場の場所

 

西宮マリーナにある 【ウィンドワード風上駐車場】 が24時間駐車できてオススメ!

オススメの駐車場は西宮マリーナにある 【ウィンドワード風上駐車場】 がオススメですよ。こちらの駐車場は時間制限がないので、安心して夜にチニングする事が出来ます。

 

駐車料金は最初の30分無料、その後30分100円となっていますよ。

 

西宮マリーナにあるウィンドワード風上駐車場の場所

 

当日の西宮・御前浜チニングの様子

当日は18時30分くらいに御前浜に到着。釣り準備をしていると丁度いい感じに夕マヅメに。

 

水温は約17.2度

水温は約17・2度。もっと水温高いと思っていましたが意外に低い水温でした。

 

御前浜橋を渡って石畳エリアへ

満潮までちょっと時間があり、まだ水位が低いのでサーフよりやや水深のある石畳エリアから攻めていきます。

 

釣り人が結構いました

チニングではあまり紹介されていないポイントなので、穴場的スポット?と思ったのですが、チニング含めて釣りしている人が結構いました。

まあ、西宮の街中のアクセスしやすいポイントで穴場な訳、ないですよね・・・。結局、夕マヅメは石畳ポイント攻めるもチヌは釣れませんでした。

 

その後サーフエリアに行くも釣れず

その後日が暮れて潮位も上がってきたのでサーフエリアへ。こちらも結構な釣り人がいて、釣り人に釣れているかどうか聞いていくも、誰もが  『釣れないですね~。』 のお返事。

今日は日が悪いのか?と思いつつめぼしいポイントをチニング用ラバージグでチェックしていくも反応は全くなし・・・。

 

最後に御前浜橋前のゴロタ場でヒット!そしてバラシ

22時前に御前浜橋前のゴロタ場で遂にヒット!ゴンゴン!!と首を振っているのが確認でき、ドラグを気持ちよくだしていき、大型のチヌと確信!が、やりとり途中でまさかのフックアウト・・・。

こうして西宮・御前浜チニングは終了したのでした。

 

6月中旬三宮・御前浜チニングの釣果

・チヌも何も釣れず。(ボウズ)

 

6月中旬西宮・御前浜チニングまとめ

混雑した釣り場でヒットまで持ち込めた要因は 【ミオ筋】 が近くにあった事

今回想定外に人が多くてアタリすら無い状況でしたが、ヒットまでは持ち込む事が出来ました。その要因は?というと 【ミオ筋】 が近くにあった事です。

今までチニングをずっとやってきて、どちらかというと、広大なサーフの浅場をメインにチニングをしてきたのですが、結局よくヒットするポイントは、ミオ筋、または他と比べて少し深くなっている場所が隣接している浅場、がほどんどだったんです。

今回もサーフをメインにチェックしていったのですがヒットしたのは御前浜橋周辺のミオ筋が絡んだポイントでした。

御前浜だけでなく、チニングでは 【ミオ筋】 がポイント選びの際の大きなポイントとなるのは間違いないようですよ。

 

都心の釣り場に穴場なし

実際に釣りに行く前は、御前浜って穴場じゃない?とか思ってテンション上がって実際に行ってみると、全然穴場では無かったです。

大阪や神戸が近い都心の釣り場、それもアクセスも良い釣り場なんですから穴場な訳ないですよね。チニングでは色々大阪~西宮周辺のチニングの釣り場行ってみましたが、まあどこも穴場はなかったです。

【都心の釣り場に穴場なし】 という事ですね。当たり前といえば当たり前ですが・・・。

 

御前浜のチニングでは釣りに行く 【タイミング】 が大事

御前浜は淀川や武庫川より人が多い場所と感じました。チニングのポイントとしては理想に近い地形で実績もある事から魚影は濃いと思いますが、その分人的プレッシャーも高い、という事ですね。

つまり居付きの魚はほぼいない(いたらすぐ釣り人に釣られてしまう為)と言え、捕食スイッチの入ったチヌが多く入ってくるタイミングでチニングをするのが大事なポイントではないかな?と。今回の釣行では潮・潮位は悪くなかったと思うので、雨の後のにごり時等を狙うといい釣りが出来るポイントでは、と考えています。

 




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

最新情報などをツイッターやフェイスブックでお届けしているので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。