6月中旬敦賀のレンタルボートで釣り|ルアーでキスとアコウ調査|ポイント紹介もあり

前回と前々回の釣行で連続ボウズを食らい、『確実に釣れる魚で癒やされないと。』 という事で、2018年6月19日にレンタルボートを借りての釣りで友人と癒やしの釣りをする事にしました。

前回、前々回のボウズ釣行はこちら

6月上旬ルアーでフラットフィッシュのマゴチ狙い|釣れなかった要因と対策とは

6月中旬に西宮の御前浜でチニング|当日の釣りの様子とポイント・駐車場を紹介

今回は福井県敦賀にあるレンタルボート屋の中村旅館でボートを借りてルアーでキス釣りしてきましたよ。ついでにそろそろアコウが釣れるかも?とアコウ調査もしてきました。

 当日のルアーで釣るキス釣りの様子

 敦賀にあるグルメスポットの紹介

 アコウ調査の結果と本格的なシーズインインの予想

についてお伝えします。

福井県敦賀市にある【中村旅館】に到着

レンタルボートの開始が午前5時から、という事で午前4時40分くらいに中村旅館に到着。まだ5時前なのにこの明るさ・・・。流石、夏至のある6月だけあります。

 

【中村旅館】でレンタルボートを借りる

5時になって受付の方が来てくれたので、ボートの料金を払います。手漕ぎレンタルボートの料金は2000円。時々手漕ぎレンタルボートを借りると結構ボロいボートで不安を覚える時があるんですが、中村旅館のレンタルボートもキレイに整備されていて、どれもキレイなボートでした。

これだけキレイなボートを借りて2000円は安いですね。レンタルボート料金が安かったので友人と私を1艇ずつボートを借りる事にしました。

中村旅館について詳しくは公式HPへ

 

ワンポイントメモ:手漕ぎボートは【一人】が色々快適

手漕ぎボートは友人と一緒に乗って釣りするのも、もちろん楽しいのですが、意外とボート内はせまいものです。1人だと広々ボートを使えて快適に釣りが出来ます。

さらに、手漕ぎボートの場合、2名乗ると単純にボートの重量が倍近くになってボートのスピードが落ちるからです。手漕ぎボートは結構体力使い、湾内とはいえ、広範囲に移動する事が多いので、釣果優先なら手漕ぎボートは1人1台がベストなんですね。

 

レンタルボートで沖に出る

レンタルボートで敦賀湾沖へレッツゴーです。

 

水温は約22.8度

水温は約22.8度。思った以上に水温が上がっていました。気温がやや低い日が続いていたようだったのでこの水温は意外でした。

 

まずはルアーのキス釣りから開始

まずは予定通りキス釣りから開始です。使用するルアーは 【パワーワームミニイソメ】 イシゴカイと同等くらいは釣れる反則的ワームです。

 

キスは裏切らない

やっぱりキスは裏切らないです、ポツポツですがキスをヒットさせて遂にボウズ脱出です。

 

マゴチも狙ってみる

キスが釣れたので、『マゴチもいるかな?』 と思いマゴチも狙ってみました。でも、ちょっと狙ったくらいでは釣れませんでした。

 

アジが釣れました

キス用のキャロライナリグでもアジが5~6匹は釣れました。アジングタックルを持っていっていればもっとアジ釣れたかも?ですね。

 

定番の外道、ベラもゲット

釣りの定番の外道、ベラもゲットしました。そういえばこの日、もう一つの外道の定番フグは釣れなかったです。(釣れてほしくないですが・・・)

 

アコウは時々狙ってみるも釣れず

アコウは水深3~6mくらいの間に点在している岩の間にマナティー60を滑り込ませていくも、反応なし。アコウはまだシーズンインしていないみたいでした。

 

風が強くなってきたので釣り終了

釣りして1時間程してから結構風が強くなってきて、釣りがやりずらい状況が続いたのですが、2時間くらい経過するとさらに風が強くなり、釣りどころではなくなってきたのでこの日の釣りは午前10時30分くらいに終了です。

 

友人が38センチのアコウを仕留めていました

釣りの帰り、友人が38センチのアコウを仕留めていました。で、デカイ・・・。敦賀でこのサイズが出るのは稀なので、びっくりしました。

 

昼食は敦賀赤レンガ倉庫にある 【Sogno-Poli(ソニョーポリ)】 でランチ

釣り終わった後は敦賀赤レンガ倉庫にある、【Sogno-Poli(ソニョーポリ)】 でランチを食べましたよ。

 

店内はとてもオシャレ

イタリアンレストランという事で店内はとてもオシャレでした。

 

料理もとっても美味しい

今回はランチのプチコースを頼みました。

 

前菜

前菜はとてもオシャレなテンプレートに乗ってやってきました。もちろん味も美味しかったです。どれもちょっとずつだったので 『もっと食べたい』 と思ってしまいました。

 

パスタ

ワカメのソースとサザエのパスタ、との事でした。(ちょっと記憶があやしいので間違っていたらすいません・・・)色は緑色で見た目はイマイチでしたが、サザエがゴロゴロと入っていて、身の味もしっかり出ていていました。

 

パン

パンもついていますよ。パンはもちろんですが、オリーブオイルがまた美味しい!

本日のお魚料理 

本日のお魚料理は鰆(サワラ)でした。いつも鰆(サワラ)は塩焼きで食べていますが、ソースに絡めるとこれがまた新食感で良かったです。

 

デザート

デザートは、ケーキ+ジェラートで、量が多目でとても満足出来ました。

こうして今回のキス釣りとアコウ調査釣行は無事終わったのでした。

 

6月中旬のルアーでキスとアコウ調査の釣果

シロギス 12~20センチくらい 10匹くらい
・アジ 16~19せんちくらい 6匹くらい
・ベラ 25センチくらい 1匹

あまり釣れませんでしたが、1食分くらいのおかずは確保出来ました。

 

6月中旬のルアーでキス釣りとアコウ調査まとめ

よく釣れたポイントは 【岬】 の向こうのポイントだった

中村旅館の前のあたりは砂浜になっていて、とてもキス釣りしやすいんですが、アタリはあまりなく、よくアタリがあったのは岬を超えて、根がきつくなってきたポイント。

根がキツイポイントは当然キス釣りで狙いにくいのですが、岩場の中に小規模ですがサーフもあってそのサーフでよくキスが釣れましたよ。

残念ながら、釣れる場所を見つけて釣れだしたあたりから強風となり、あまり数を伸ばせませんでしたが、【沖の岬を超えた小規模サーフ】 がこの日は良かったです。

 

キスがよく釣れた水深は3~6mくらいの浅場

今回キスがよく釣れたのは水深3~6mくらいでした。このエリアは沖に20mくらいも出ると水深15~20mになるので、今回の釣りしたエリアでは3~6mとなると完全に 【浅場】 ですね。

もちろん深い場所が釣れる事もあると思いますが、深めのポイントを狙っていて釣れない時は浅場を狙ってみると思わぬ多釣りが出来るかも?ですよ。

 

アコウはまだ早かったけれど、もうすぐシーズンインの予感!

アコウは友人が1匹のみ、となりアコウの本格的シーズンはまだ、という事が分かりました。

ただ、シーズン初期のアコウは今回の様に大型が釣れる事が多いので狙う価値は十二分にありますよ。数は少ないながらもアコウがいる事が分かったので、本格シーズンも近そうです。

私の予想では、おそらく7月中旬くらいにはアコウ入れ食いのシーズンが来そう、と予想していますよ。

なのでアコウを釣ろうと考えているんでしたらそろそろアコウ用のタックルやルアーを用意しておきましょう^^

アコウをルアーで釣るために必要な道具一覧のページはこちら

 

6月中旬 ルアーでキス釣りとアコウ調査で役立った釣具

パワーミニイソメ

今回のルアーでのキス釣りで活躍したのが 【パワーミニイソメ】 です。キス釣りではエサに匹敵、もしくはエサ以上につれてしまう、反則的なワームですよ。

パワーミニイソメはAmazonから購入する事ができます

 

パワーミニイソメを入れても液漏れしない・指が汚れにくい・コンパクトな専用容器

パワーミニイソメはアミノ酸に漬かっているワームです。アミノ酸液に漬かっているワームはとても食い込みがいいのですが、そのまま使用すると、袋からアミノ酸液が漏れてきてしまう大きな問題が・・・。そんな問題を解決したのがこの専用容器です。コンパクトかつ取り出しやすい容器となっています。

ガルプ・エコギアアクア用コンパクト容器セットについて詳しくはこちら

 




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターではブログでは紹介していない釣り初心者に役立つプチ情報の紹介を、

フェイスブックでは釣りに関する近況やブログ裏話などをお届けしています。

どちらもブログでは読めないコンテンツとなるので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。