6月下旬福月井県敦賀の防波堤でガシラ爆釣!ルアーでの釣り方と釣り場を紹介

2018年6月26日に、福井県敦賀市にある沖防波堤に手漕ぎレンタルボートで友人と釣りに行ってきました。

今回せっかくの沖防波堤での釣りという事だったので色んな魚を狙って釣りましたよ。この記事では
その中での 【ガシラ釣り】 についてついてお伝えしていきますね。

 福井県敦賀市にある沖防波堤の釣り場と行き方の紹介

 当日のガシラ釣りの様子

 防波堤にいるガシラをルアーで効率良く釣る方法とヒットルアー

について詳しく説明していきますね。

スポンサードリンク

この日釣りに行ったのは赤崎・田結海水浴場の沖防波堤

この日釣りに行ったのは敦賀市にある赤崎・田結海水浴場の沖防波堤です。

 

沖防波堤には 【つりエサスーパー越前】 でレンタルボート借りて行く事ができます

沖防波堤には 【つりエサスーパー越前】 でレンタルボートを借りて行く事ができますよ。

貸出時間は、外が明るくなるくらい(6月だと午前4時くらい)から、15時まで。料金は1日2800円です。(2018年7月時点)
休日にはボートが全部でている事もあるとの事なので、釣行前に電話して予約しておくといいですよ。

つりエサスーパー越前の電話番号等は公式HPに書いていてます

※お願い

今回の記事を書くにあたり、つりエサスーパー越前さんに直接電話でレンタルボートの情報を聞きました。その際、『ボートを借りるのはいいのだけれど、漕げない人が多くて困っている。』 との事です。つりエサスーパー越前は大きな釣具屋ではないので、手こぎボートの漕ぎ方を教えるまでの事は出来ません。

なので 【手漕ぎボートで釣りをした事がない方】【手漕ぎボートで漕げる様になってから】 つりエサスーパー越前で手漕ぎボートをレンタルして下さいね。

 

朝5時過ぎにレンタルボートを借りて沖防波堤に出発

朝5時過ぎ、6月にしてはちょっと遅めのスタートです。すっかり夜は明けていました。

 

沖防波堤に到着

無事に沖防波堤に到着です。

 

朝一はマゴチを狙うも不発

せっかくの朝マヅメなので、ジグヘッド+ワームでマゴチを狙ってみるも釣れませんでした。

 

水温は約23.2度

水温は約23.2度。ガシラはあまり水温に左右されない魚ですが、今後の釣行の参考の為にも測定しました。

 

堤防でのガシラを狙うには【パワークラブM】とジグヘッドリグがおすすめ

今回は沖堤防で、ガシラがいるのは基本岸際の護岸沿い。ガシラの主食はほとんどの場所で 【カニ】 です。なら、カニワームを使用するのが一番!ということで・・・

ブラックバスのワッキー用ジグヘッドにちょんがけしてパワークラブMを使用していましたよ。

 

たくさんのガシラが釣れました

40分程の釣りで、15匹程のガシラが釣れました。釣り方のキモは記事の最後に書いていますよ。今回の釣り場だけでなく防波堤全般で通用する釣り方だと思うので、参考にしてみて下さいね。

 

6月下旬敦賀防波堤のガシラ釣果

・ガシラ 15~23センチくらい 15匹程
・ベラ 25センチくらい 1匹

 

ルアーで狙う防波堤のガシラ釣りまとめ

防波堤では 【落とし込み】 が釣れる

ほとんどの防波堤では岸際に捨て石があり、沖は砂地な場合がほとんどです。ガシラは根魚なので、防波堤でのガシラのポイントは岸際となります。また防波堤の壁が障害物となり、防波堤の壁もガシラの絶好のポイントなるんですね。

なので、岸際に軽量のジグヘッドをゆっくり落とし込んでやると、フォール中に防波堤の壁についているガシラを狙え、着底時に捨て石周りのガシラも狙えて一石二鳥となりますよ。

 

落とし込みに使用するのは 【PEライン】 がオススメ

ルアーでの落とし込みに使用するラインは 【PEライン】 がオススメですよ。何故なら、PEラインだと浮力で水面に浮いて、ライン自体が 【浮き】 の代りになるからです。なのでルアーでの落とし込みのアタリはほどんどPEラインの動きを見て、となります。

ラインが着底でもないのに止まったり、急にラインが落ちるスピードが上がったらガシラが食った証拠です。しっかり合わせて根から引き剥がしてやりましょう。

 

ルアーで狙う防波堤のガシラ釣りのヒットルアー

ガシラの落とし込みに使えるワーム

ガシラの主食はカニなので、【カニワーム】 使いたかったのですが、今までのカニワームはデカイ・固い・アクションしないの3重苦でガシラには無理でした。が、パワークラブMだったらガシラ釣りにピッタリな大きさでワームも柔らかく、フォールさせると腕と足部分が微妙に動きながらヒラヒラ落ちていってくれます。防波堤でのガシラ釣りなら  【パワークラブ M 】 一択でしょう。

パワークラブ(M)はAmazonから購入する事ができます

 

ルアーでの落とし込みに使えるジグヘッド

ガシラだけ釣るんでしたらインチワッキーのジグヘッドのフックの強度が強すぎる気がしますが、落とし込みでは大型のチヌやアコウがヒットする可能性が多いにあります。 そんな大型のチヌやアコウのがヒットした時でも伸ばされない強度と、カニワームをちょんだけしても不自然でないフックの短さを両立したフックは、バス用のワッキー用のジグヘッドが最適でした。。細すぎず、かといって太いながらも貫通力が高いフックです。

インチワッキーのジグヘッドはAmazonから購入する事ができます

 

パワークラブMを入れても液漏れしない・指が汚れにくい・コンパクトな容器

パワークラブMはアミノ酸に漬かっているワームです。アミノ酸液に漬かっているワームはとても食い込みがいいのですが、そのまま使用すると、袋からアミノ酸液が漏れてきてしまう大きな問題が・・・。そんな問題を解決したのがこの専用容器です。コンパクトかつ取り出しやすい容器となっています。

ガルプ・エコギアアクア用コンパクト容器セットについて詳しくはこちら

 




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

最新情報などをツイッターやフェイスブックでお届けしているので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。