日本海福井にてゴムボートでアコウ狙い|8月真夏の潮動かず・晴天・無風の中での釣り方を紹介

TOP3

真夏の8月5日。夏真っ盛りの中、
今回はちょっぴり沖をゴムボートを使って友人と一緒に
アコウを狙ってきましたよ。

この日は『海でなくて湖?』というくらいベタ凪・無風で、うだるような暑さ、
さらに潮もほとんど動かないという暑さ・無風・動かない潮 という3重苦を
抱えましたが、なんとかアコウを釣る事が出来ましたよ。

どの様にしてアコウを釣っていったのか?
これから、今回の釣行日記が始まります。

 

敦賀の砂浜からゴムボート出撃

033

今回は友人とそれぞれゴムボートを用意して出発です。

 

日焼け止めは忘れずに

003

朝一からの釣りとはいえども、夏は紫外線が強いので
日焼け止めを忘れないでする様にしましょう。

私は汗をかいても落ちにくい『アネッサ』を使っていますよ。

arrow_orange[1]汗に強い『アネッサ』はAmazonで購入出来ます

 

ゴムボートで沖に出る

037

ゴムボートを使って沖に出ると、岸からの釣りと違って
360度、どこを見ても海…。

どこが釣れるかさっぱり分からないので、
こういう時は手返し良くチェックしていく為に
ルアーは『アイスジグ』を選択しましたよ。

 

アイスジグで次々にアコウが入れ食い!

 038

040

アイスジグで広範囲をチェックしていくと、次々にアコウがヒット!
ポイントが絞り切れない時は、素早くチェック出来るルアーは
重宝します。

敦賀のアコウのアベレージサイズが20~30センチくらいなので
私はW3のアイスジグを使っていますよ。

arrow_orange[1]アイスジグW3はAmazonから購入出来ます

arrow_orange[1]アイスジグが釣れる理由について詳しくはこちらへ

 

アイスジグで場所を絞ったら『マナティー』で攻める!

051

アイスジグで探ってアコウがいるポイントが把握できてきたら、
次はワームの出番です。

ここで私のアコウ釣りの最終兵器、
『マナティー60レッドヘッド』を使って、アイスジグで釣れたり、
アタリがあった所を 丁寧に攻めていきます。

 

マナティー60で次々とアコウゲット!

041 045 053

ちょっとの間アタリが止まっていましたが、
この様にマナティー60で攻め直すと再び連続ヒットです。

arrow_orange[1]マナティーの使い方について詳しくはこちら

 

暑すぎてアコウのアタリが止まる

054

が、アコウが釣れたのもここまで。

この日は『晴天』『無風』『潮の動きが悪い』

と魚釣りにとっては『三重苦』の日。
釣り始めて1時間30分程経つと、パタッとアタリが止まります。
水温も27度とかなり高めです。

 

潮の動きのいい『岬』までゴムボートを漕ぐ

068

この後、20分くらい釣りしていても、
友人共々アタリが無くなったのでポイント移動。

コールを漕ぎながら
沖の岬エリアに向かいます。

 

遂に岬エリアに到着

057

20分?くらいかけてやっと岬エリアに到着です。
こっちの水深は先程までのポイントと違いかなり水深が
あります。

先程のポイントが水深2~3mくらいとすると
こちらは8~12mくらいありました。

 

ここでもマナティーが活躍

051

アコウの活性は低そうなので、使うルアーは『マナティー60』
に決定です。

 

マナティー60はズレやすいので、接着剤を使うとワームが長持ち

049

マナティー60は結構ワームがずれやすいので、
接着剤でジグヘッドに固定させるとずれなくなって
ワームが長持ちしますよ。

長期間おいていても固まりにくい、赤色が付いていて塗付しやすい、
瞬間接着剤です。ゼリータイプがすぐ流れないのでオススメします。
アロンアルファよりずっと使いやすいですよ。

arrow_orange[1]レッドテックゼリーはAmazonで販売しています

 

すぐにアコウがヒット!

061 062

シャクリとフォールを繰り返すと、すぐに『ガツガツ!』という
アコウ独特のアタリがあり、連続ヒット!

やっぱり暑いとアコウも潮通しのいい場所に移動する様です。

 

パッタリとアタリが止まる

064

ここから入れ食いか?と思ったのもつかの間、5匹くらい釣った所で
パッタリとアタリが止まり、何をしても釣れなくなっちゃいました。

友人の方も同じくアタリが止まった様子…
なので、午前9時頃ですが、ここでストップフィッシングとなったのでした。

真夏のゴムボートアコウ釣り終了~

075

こうして、真夏のアコウゴムボートゲームは
幕を閉じたのでした。

 

ソフトクリーム発見!

004

海水浴場の駐車場に車を停めていたのですが、
その裏でソフトクリームが売っていましたよ。

もちろん、この流れで食べない訳がありません。

 

夏の真っ青な海と空とソフトクリーム

011

この夏の真っ青な空とちょっと変わったソフトクリーム
(アサイーというぶどう?のソフトクリームを頼みました)

この暑い夏の空と、アコウと、ちょっぴりすっぱい
ソフトクリームの味、きっとずっと忘れないと思います。

今回の釣果

072

・アコウ 20~27センチくらい 15匹程
・ガシラ 18~23センチくらい 5匹程

今回の釣行まとめ

checkmark晴天ドピーカン・無風だとアコウの活性が落ちるのが早いので朝マヅメは集中して釣る

checkmark日が昇ったら少しでも水深のある所・潮の動きやすいポイントに移動する

checkmark日が昇りきると本当に釣れなくなるので粘らないで早めに切り上げた方良い

という事ですね。

暑い夏は朝マヅメだけやって暑くなる前に
サクッとアコウを釣って、釣れたらすぐ帰る、くらいが
丁度いいと思いますよ。

 

追伸:2016年9月上旬時点でもめっちゃアコウ釣れています!

今年はアコウのシーズンインが早く、例年なら早くアコウが入って来た年は
早くシーズンが終わるのですが、9月上旬にエギングに行った際に、まだまだ
たくさんアコウいましたよ。

この調子だと9月いっぱいはアコウ楽しめそうです。

9月になると、私も含めてほとんどの人がエギングに切り替えているので
一人でアコウ爆釣、も夢ではないですよ。

arrow_orange[1]アコウの釣り方について詳しくはこちらへ

 

今回釣れたルアー達

アイスジグW3

今回朝一の広範囲に散ったアコウを寄せて釣るのに大活躍!
私の使うアコウルアーの中で最高の手返しの良さです。
アコウが高活性のマヅメ時や雨天時に使うと最高の結果を出してくれますよ。

arrow_orange[1]アイスジグW3の詳しい使い方についてはこちらへ

 

やっぱり釣れる!マナティー60 レッドヘッド

 

今回色々なルアーで釣りましたが、やはり一番釣れるのはマナティー60のレッドヘッドです。 
日が昇ってからはマナティーに助けられました。

arrow_orange[1]マナティー60レッドヘッドが釣れる理由はこちらへ

 

マナティーにぴったりのジグヘッド

マナティー60には先の尖っているジグヘッドがダートさせやすくて 
オススメです。陸っぱりだとだいたい水深1~5mの範囲なので 
5gだけあれば十分ですよ。




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

最新情報などをツイッターやフェイスブックでお届けしているので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。