10月23日家島諸島の坊勢島でワインドでタチウオ入れ食い!その秘密とは

151023-152835-037_R

10月23日、友人のあっきーさんと一緒に、家島諸島の坊勢島まで
タチウオをワインドで釣りに行きましたよ。

 

何故、家島諸島の坊勢島までタチウオを釣りに行ったのか?

今年、2015年はどうやらタチウオの外れ年みたいで、
私の住んでいる大阪周辺でのタチウオのワインドの聖地、
と呼ばれている武庫川一文字でも、あまり釣れていない様子。

他の岸和田や和歌山北部、淡路島等の釣果情報を見るも、どこもぱっと
しないので、なら、いっその事、ほとんど情報のない、
新天地を開拓してみない?

という事で、家島諸島の坊勢島に行く事にしたのでした。

 

姫路港から坊勢島へレッツゴー!

151023-152840-039_R

坊勢島、と「島」というだけあり、陸続きの場所ではありません。
フェリーを使って坊勢島まで向かいます。

坊勢島の詳しい時刻表やアクセスはこちらのページヘ

 

坊勢島に到着

151023-153017-041_R

15時30分くらいで坊勢島に到着。
約30分で到着するので、楽ちんです。

 

早速ワインド開始!しかし…

151023-154036-045_R

まだ日は高いですが、とりあえずワインド開始。
しかし、というか当たり前、というかアタリもなんもありません。

 

一度、あっきーさんにアタリ!

tati1_R

しばらく沈黙が続きましたが、マナティーのカラーチェンジを
行い続けていたあっきーさんにアタリ!
が、乗らず。結局アタリはこの1回のみで、終わり、
タチウオかどうかさえも分からず…。

あっきーさんはタチウオタックルのみ、でしたが、私の方は?
というと、アジングタックルも持ってきており、
あまりのタチウオの反応のなさに、アジングに変更…

が、漁港内や海を除いても、いるのはスズメダイのみ…
もちろん、アジングをするもまったく釣れないのでした。

 

何も無いまま夕マズメに

151023-164737-003_R

この後、再び沈黙が続き、夕マヅメを迎えたのでした。
ここまではある意味想定通り、勝負はここから、ですよ。
ここから。

 

日が暮れると、アジが釣れ始めた!

151023-180250-008_R

もちろん、アジも釣れず、夕マズメも終わり、日が暮れた
その時、遂にアジが釣れ出しました!

これはひょっとしてタチウオもアジと一緒に接岸してくるのでは?
と期待が高まります。

アジングの様子はアジング日記にて詳しく説明していますよ

 

遂に、あっきーさんにタチウオヒット!

151023-182022-013_R

そして、長い長い沈黙を破り、あっきーさんに
タチウオがヒット!!

 

入れ食いモードに入るあっきーさん

151023-182033-014_R

今までの沈黙が嘘の様に次々にタチウオをヒットさせていく
あっきーさん。

誰もいない漁港の中で 「きたっ!」
と連呼!楽しそうです。

 

まったく釣れない私

そして、隣でワインドしている私にはまったくアタリも無し…。
そして、やっとアタリ!と思って合わせると、噛み跡のみ…。

その間にも、きたっ!きたっ!!と連呼するあっきーさん。

止めは…

「またきたっ!!」

いや、まあ、その…
また、っていらなくない?
なんかイライラしてきました^^;;

 

そして7対0という大差に…

151023-191350-048_R

19:20が最終便なので、19:00ギリギリまでワインドでタチウオを
狙っていて、結果、あっきーさん7匹、私0匹という大敗…。
しかし、得る物もありました。

 

今回私が釣れなかった敗因とは?

私もここ数年はタチウオのワインドはしていなかったですが、
2年ほど、武庫川や淡路島等を渡り歩き、かなりやりこんでいたのですが、
タチウオの活性が上がれば、何色でも関係ないでしょ!

と思っていましたが、大嘘でした…。
今回、あっきーさんはマメにカラーチェンジを行い、
最後アタリカラーを引あて、

私の方は、というと、ずっとパールホワイト1色のみ…。

何故色の差と言い切れるのか?というと、
あっきーさんが2匹タチウオを釣ったあたりから、
あっきーさんに教えてもらい、ほぼおなじレンジ、アクションを
していたから、です。

結論、タチウオのワインドは、カラーローテーションは超重要
という事でした。

 

何色が一番釣れたの?その理由も教えます

151023-195117-051_R

今回釣れたカラーはMT-10でした。
黄色にラメが入った、ちょっと変わったカラーで
普通、タチウオのワインドでは使われないカラーです。

ですが、今回はこの色に連発ヒットしました。

MT-10のカラーはアジの背中の色だった

151023-191334-046_R

坊勢島はこの時期、タイミングが合うとアジが大量に入ってくるのですが、
そのアジの背中に色は「黄色」なんですね。

151023-195117-051_R

で、こちらがMT-10のマナティーです。
パッと見はあまり似ていませんが、このマナティーが
ダートした際の姿を想像して下さい。

黄色のカラーとシルバーのラメで、
アジが逃げ惑う様に見えるのではないでしょうか。

やっぱりタチウオのワインドでもマッチザベイトが大事!
という事ですね。

MT-10のSPチャートのマナティーが釣れる詳しい理由はこちら

 

タチウオワインドのまとめ動画あります

 

今日の釣果(あっきーさんの釣果)

タチウオ 7匹 (あっきーさん)
タチウオ 0匹 (私)

 

今回のタチウオのワインドのまとめ

大抵の釣り場では、ワインドで釣れるのは日が落ちるまでの時間なのですが、
今回の坊勢島では違いました。完全に日が落ちてから釣れ出しました。

恐らくはベイト(今回はアジ)が入ってきたから、タチウオも一緒に入ってきた
のでは、と感じました。

アジも入りだしたのは日が暮れて、潮位が上がってから…。
坊勢島は潮位差が大きいエリアなので、マヅメより潮位や潮の方が
魚に大きな影響を与えるエリアかもしれないです。

 

今回使用したルアーなど

今回爆釣されたマナティー
SPチャートです。
使い所等詳しくはこちら




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

最新情報などをツイッターやフェイスブックでお届けしているので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。