9月下旬秋の琵琶湖南湖を攻略!40UPのバスを複数釣ったヒットパターンとルアーを紹介

琵琶湖南湖秋のバス釣り

9月23日、琵琶湖南湖にて友人4人でレンタルボートを借りて、
プチバス釣り大会を開催しました。

毎年、秋の琵琶湖南湖は釣りづらく厳しい釣果となる事がほとんどの中、
40UPを3匹揃えて3960gというビックウエイトを叩き出して
優勝した、友人のヒットパターンを紹介します。

 琵琶湖南湖の当日の状況

 4人のレンタルボートでのバス釣りの様子

 秋の琵琶湖南湖で3960gのビックバスを揃える事が出来たヒットパターン

についてお伝えしますね。

特に、秋の琵琶湖南湖で貧果に悩んでいるなら必見!ですよ。、
私も優勝者の話しを聞いて、おおいに参考になりました。

どこでバス釣り大会が開催されたの?

CIMG9434k

今回のバス釣り大会は琵琶湖南湖にあるレンタルボート屋さん
【ビワコマリン】さんで20馬力船を4台借りて琵琶湖南湖にて
バス釣り大会を開催しました。

ビワコマリンについて詳しくは公式HPへ

 

バス釣り大会のルール

CIMG9433k

4人のプチバス大会という事ですが、一応ちゃんとルールがあります。
今回のルールは、

・6時00分スタート、13時00分帰着の6時間。
・範囲は琵琶湖南湖…ビワコマリンのレンタルボートの規則範囲
・3匹のブラックバスの重量で競う
・サイズは何センチでもOK(たとえ5センチでもOK)
・死んでいた場合はカウントしない(エラが動いていたらOK)
・帰着時間は1分遅れる毎に-100gのペナルティー
・ただし、ボートトラブル等、予期せぬトラブルの場合は遅れた場合もペナルティーは無し
・遅刻は何時間してもペナルティーはなし。ただし、帰着時間は他の参加者と一緒

※ボート免許を持っていないノンボーターを乗せて1ボート複数人数での釣りもOK。ただしノンボーターの釣果はカウントなし。

のルールで開催されましたよ。

※今回は参加者のランハイさんがボート免許を持っていない友人と一緒に
釣りがしたい、との事で今回のルールが追加されました。

 

当日の天気や状況等

CIMG9443k

先週末に台風がありましたが、当日は水がにごっているエリアもほとんどなく、
終日ほぼ無風~微風。天候も時折晴れ間が見える時間帯もありましたが、
大半の時間がどんよりとした曇りのローライトコンディションで
非常に釣れそうな状況でした。

4人の琵琶湖南湖におけるバス釣りの様子をお伝えします

1506591527

では、ここから

 4人の自己紹介

 当日のバス釣りの様子

 ヒットパターンやリグの紹介

についてお伝えしていきますね。

 

たけとのバス釣りの様子

CIMG9481k

自己紹介

【ライトルアーフィッシング入門】の管理者であり、バス釣り大会の主催者。
最近主催者なのに、あまりバスを釣ってこず弱い、と友人達に言われています(汗)

 

朝一は赤野井沖でトップウォーター

CIMG9440k

朝一はどんより曇っていて風も殆どない事からトップウォーターを選択。
赤野井沖にはいいウィードが水面近くまで顔をだしていて
いかにも釣れそう…でした。

が、結果はバイトすらなし。
釣れそうな雰囲気のあまり約1時間、ここで過ごしてしまいます。

 

その後迷走を続ける

CIMG9442k

その後、西側の3mラインのウィードエリアを

フリックカーリー
キンクー13インチ
センコー5インチ
カットテール

と攻めてみるも
まったくアタリもない…。

そして2時間が経過した頃、

『これは、シャローが正解では?』

と思い思い切って水深1m前後の西岸のシャローを
攻めてみる事に。

 

シャローで小バスが入れ食いに

CIMG9453k

シャロー狙いは当たりだった様で、次々に小バスがヒット。
サイズは10~25センチくらいですが、今までの沈黙がウソの様な
連続ヒット。

入れ替えを繰り返します。

 

サイズアップに限界を感じ東岸シャローへ

CIMG9449k

西岸のシャローで15匹くらい釣り続け、入れ替えによる
ウエイトアップも限界、と判断。

岸際の水深が1.5~2m前後ある東岸のシャローの方が
バスのサイズがアップするのでは?と東岸シャローを打つ為に
東岸へ移動します。

 

東岸シャローは人・人・人…でシャローを打てす

が、東岸シャローを見ると、オカッパリの人・人・人…
たまに空いている場所はボートがしっかり張り付いていて
ほとんど打つ事が出来ないまま、終了。

こうして私のバス釣り大会は幕を閉じたのでした。

 

ニケさんのバス釣りの様子

CIMG9471k

自己紹介

今年ボートの免許を取ったばかりのニケさん。琵琶湖ボート初心者に
難しい秋の琵琶湖南湖は厳しいかも?です。

 

木の浜のシャローでまずは1匹ゲット!

最初のバスヒットは午前9時20分、木の浜南側水門前のシャローで
レッグワームのテキサスリグでまずは1匹キーパーをゲットです。

 

その後、バイトなし

その後は東岸を南下するもバイトなし。

なので、今度はビワコマリン沖に移動するもバイトが無いまま
今回の大会を終えたのでした。

 

キャノピーさんのバス釣りの様子

CIMG9467k

自己紹介

前回ぶっちぎりの優勝をしたキャノピーさん。
今回の大会でもぶっちぎりの優勝が出来るのか?年間レースでも
首位を維持できるのか?乞うご期待、です。

 

最初は下物沖へ

朝一はまず下物沖へ。
ノーシンカーワームやチャター等をキャストするも
アタリなし。

スワンプクローラーのネコリグで1度アタリはあったけれど、
そのアタリも1回のみ。

なので、ポイント移動です。

 

六本柱北側に移動

アタリもほとんどないので、今度は六本柱北側に移動。
が、ここではバイトすらなし。

その後、

カネカ裏、雄琴沖、赤野井沖、木の浜沖、と移動を
繰り返すも、まったくのノーバイト。

最後にビワコマリン沖に移動します。

 

ビワコマリン沖で遂に初バスがヒット!

ビワコマリン沖に移動後、クランクベイトをキャスト続けるもバイトなし。

そこで、フリックカーリー4.8インチのダウンショットリグに変更。
水深4m、ウィードトップ1.5~2mラインを攻め続けると、
遂に本日の初バスゲット!です。

 

40UPのバスがヒット!

その後、遂に40UPのバスがかかり、ランディング寸前まで寄せて、

『今回のバス釣り大会もらった!』

と思うのもつかの間、そこから、一気にバスが突っ込んで、
ウィードの固まりに潜り込まれ、ラインブレイク…

こうしてキャノピーさんのバス釣り大会は幕を閉じたのでした。

 

ランハイさんのバス釣りの様子

CIMG9475k

自己紹介

引き続き毎週琵琶湖に通っているバス釣り通です。
でも、最近は琵琶湖ではなく、四国の方までバス釣りに行っていた様子。

このちょっとしたブランクがどうでるのか?キャノピーさんとの
年間優勝争いはどうなるかも楽しみです。

 

朝一は木の浜のシャローを攻める

琵琶湖南湖の情報を集めた結果、木の浜周辺が釣れているらしい、
という事で朝一のエリアは木の浜周辺に決定。

木の浜の水深1.5~2mラインのシャローエリアを
フリックカーリー3.8インチのスプリットショットリグで
ウィードに当ててははずす、という作業を繰り返して探っていきます。

 

48センチ・41センチのキッカーが連発!

そしたら、まずは48センチのナイスキッカー!
さらに続いて41センチのナイスサイズのバスを連続キャッチ!

 

木の浜3号水路でも40UPを追加

そして木の浜3号水路周辺に移動。
同じ狙い方でさらに41センチのキッカーを追加!

 

下物に移動してさらに追加

下物に移動し、同じフリックカーリー3.8インチで
さらに30センチ後半のバスを釣り上げるも入れ替えは
出来ず。

 

西側のシャローエリアは沈黙

その後、

カネカ裏、雄琴沖、アクティバ沖を攻めるもアタリはなく、
ランハイさんのバス釣り大会は幕を閉じたのでした。

 

バス釣り大会の結果発表

CIMG9477k
順位 名前 匹数 ポイント 総重量
1位 ランハイさん 3匹 4P 3960g
2位 たけと 3匹 3P 800g
3位 キャノピーさん 1匹 2P 360g
4位 ニケさん 1匹 1P 200g

今回の優勝はぶっちぎりでランハイさんですね!今年のバス釣り大会初優勝ですね。
おめでとうございます^^

正直、ランハイさん以外全員負け、といってもいいウエイトですが、
なんとか私たけと、がしぶとくリミットメイクをして地味に2位。

キャノピーさんはまさかの1匹で3位に。ニケさんは今回ボウズから脱出ですね!
やっぱり秋の琵琶湖南湖は難しい…。

ですが、その中でも3匹とも40UPを揃えてきたランハイさんはすごいです。

 

今回の優勝賞品はワーム一袋

CIMG9483k

今回の優勝賞品はスワンプクローラー1袋でした。

 

バス釣り大会年間成績表

参加者 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 総P 総重量 年間順位
キャノピーさん 6P 5P 6P 2P 19P 11140g 1位
ランハイさん 6P 4P 5P 4P 19P 9460g 2位
たけと 6P 3P 4P 3P 16P 3820g 3位
釣れ釣れさん 6P 6P 1P 0P 13P 4060g 4位
ニケさん 6P 2P 1P 1P 10P 1000g 5位
プロさん 6P 1P 3P 0P 10P 800g 6位

今回、釣れ釣れさんとプロさんは不参加だったので0P。
今回のランハイさんの優勝で、年間ポイントはキャノピーさんとランハイさんが
同じに。

最終戦を残して、優勝がどちらになるかまったく分からなくなりました。
一応、可能性は低いながら、私たけとにも年間優勝の可能性はあります。

 

秋の琵琶湖南湖のバス釣り攻略のまとめ

沖のエリアはほぼ全滅

普段はよく釣れる琵琶湖の3~4mラインのウィードエリアは
4人の様子を見る限り、【全滅】でした。

今回シャロー、ディープ共に水のにごりも少なく、水温もバスの最適水温。
バスが琵琶湖南湖全体に散った結果、沖のエリアのバスの数が減って
釣れない、という結果となったと考えています。

 

秋の琵琶湖南湖は【シャロー】がキモ

素晴らしいウエイトを出したランハイさん、そして一応リミットを揃えた私、
両方に共通しているのは、【シャロー狙い】だった事。
ディープとくらべてシャローはポイントを絞り込みやすいので、
同じバスの密度だったらシャローの方が釣れる、という事ですね。

 

東岸のシャローの方がより釣れる

シャローが良かったのは間違いありませんでしたが、
より釣れたのが【東岸のシャロー】だったという事ですね。

でも、西側のシャローで、ランハイさんのノンボーターの方が50UPの
バスを釣っていたりするので、東側がより良いだけで、
西側が全く釣れない訳でもないみたいです。

東岸のシャローは陸っぱりの釣り人が入れるポイントが多いので、
攻めるなら早い時間帯に攻めるといいですよ。

 

今回のバス釣り大会のヒットルアー

ジャッカル フリックカーリー3.8インチ

ぶっちぎりで優勝したランハイさんが使っていたワームです。
今回釣ったのはいつも使っている4.8インチではなくて3.8インチでしたよ。

フリックカーリー3.8インチはAmazonから購入する事ができます

 




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターではブログでは紹介していない釣り初心者に役立つプチ情報の紹介を、

フェイスブックでは釣りに関する近況やブログ裏話などをお届けしています。

どちらもブログでは読めないコンテンツとなるので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。