アコウが低活性の時に効く|マナティー60のクロキンカラーが釣れる秘密とは

マナティー60クロキン

アコウ爆釣ルアーのマナティー60ですが、
その中にもアコウがよく釣れる3種類のカラーがなります。

その3種類のカラーとは、

『レッドヘッド』 『クロキン』 『サンセットオレンジ』

です。
基本的には3種類のカラーの中では『レッドヘッド』が最もよく釣れます。

arrow_orange[1]マナティー60最も釣れるカラーレッドヘッドについて詳しくはこちら

レッドヘッドだけでは対応出来ない時に他の2種類のカラー
を使うといいですよ。

今回は3種類の釣れるカラー内の『クロキン』について詳しく
説明していきますね。

3種類のカラーの中でのナチュラルカラーそれが『クロキン』

マナティー60の3種類のカラーの中ではやや地味な色のクロキン。
このカラーを使う時の状況は、基本的にはアコウの活性が下がった時、
になります。

 

ナチュラルなカラーと金ラメがアコウを魅了します

002

黒色というかスモークに近いカラーのナチュラルカラーで
アコウをナチュラルに誘い、アコウの好きなキラキラするラメで
アピール出来る、というのがクロキンカラーのメリットです。

さらにもう一つ、クロキンカラーが釣れる理由があります。

 

クロキンカラーがイミテートしているのは『カニ』

004031

マナティー60のクロキンがイメージしているものは?というと『カニ』です。
実際カニはアコウのメインベイトの一つで、胃袋をみるとたっぷり入っている事が多いです。

マナティー60と、テトラ周りにいる小ガニを比較すると、かなり
色合い、似ているでしょう?アコウが普段食べている『カニ』に近いカラー
だから、活性の低い時でも食ってくるんですね。

 

アクションは通常通りで大丈夫

ナチュラルカラーという事ですが、ルアーのアクションは他のカラーと
同じアクションで大丈夫ですよ。

arrow_orange[1]マナティーのアクションのつけ方について詳しくはこちらへ

 

クロキンカラーを使用するべき状況とは

クロキンカラーを使うべき状況は…

checkmark朝マヅメが終わり、完全に晴天ドピーカンとなった時

checkmarkアコウの食いが落ちたな、と感じた時

checkmarkアコウが沖のベイトを追っていないで、ほとんどの個体がカニを食べている状況の時

に使うといいですよ。

あまり目立つカラーではないので、にごりが入っている時には
使わない方がいいですよ。

いつでも有効!というカラーではないですが、なかなかアコウが釣れない
厳しい状況の時、きっとあなたを救ってくれるカラーになる事でしょう。

 

マナティー60 クロキン

オンスタックル マナティー60クロキン

Amazon

 

マナティー60にぴったりのジグヘッド

マナティー60には先の尖っているジグヘッドがダートさせやすくて
オススメです。陸っぱりだとだいたい水深1~5mの範囲なので
5gだけあれば十分です。




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

最新情報などをツイッターやフェイスブックでお届けしているので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。