メバリングやアジングにぴったり!コンパクト・便利・オシャレなショルダーバッグの紹介

メバリングやアジング等のライトルアーフィッシングをしていると、【釣り用バッグ】にいつも不満がありました。

アジングやメバリング、チニングや管理釣り場等、小さいルアーを使用するライトルアーフィッシングの場合、通常の釣り用バッグでは大きすぎ・重すぎ、で不便なんですよね・・・。下手したら入っているルアーよりもバッグの方が重いことも・・・。

ですが、ライトルアーフィッシングにぴったりな大きさで便利なかっこいいバッグがあるので紹介します。

そんな便利でかっこいいバッグの名前は【セミハードフロントバッグ for ミニベロ 】という自転車用のフロントバッグ。

『え~、自転車用なの?』と思うかも知れませんが、これがアジングやメバリングといった小さいルアーを扱う釣り、ライトルアーフィッシングでは本当に使いやすくて気に入っちゃいました。主に下記の様な特徴がありますよ。

ライトルアーフィッシングにぴったりなコンパクトでかっこいいショルダーバッグ

メバリングやアジング等の釣り道具一式を入れる事が出来る

ペットボトルホルダーがバッグ内にあって便利

フタがマジックテープで留めるたけなのでルアーの取り出しがスムーズ

ワンタッチでウエストポーチにもなる

反射板があるので夜釣りでも安心

自転車のハンドル部分にワンタッチで装着できてラン&ガンに便利

これから【セミハードフロントバッグ for ミニベロ 】がアジングやメバリングバッグをメインとしたライトルアーフィッシング用のショルダーバッグとして何故使いやすいのか?ついて説明していきますね。

アジングやメバリングの釣りにベストマッチ!な大きさ

このバッグは、通常の釣り用バッグの約半分くらいの大きさでとてもコンパクト。この大きさが、アジングやメバリング、チニングや管理釣り場での釣りの様に、小さいルアーを扱う【ライトルアーフィッシング】の釣りで使うのに、正にベストマッチ!といった大きさなんです。

 

約2Lの荷物を収納可能

約2Lの荷物を収納できて、上の画像の様に、ジグヘッド等の小物、各種ワーム、ペンチ、水温計、スマホ、ペットボトル(300~500ml 1本)が入ります。

ライトルアーフィッシングに必要な釣具ならほぼ全部入る、という事ですね。

 

バッグの寸法はおおよそ25cm×20cm×8cm

メバリングやアジングにぴったりのバッグの寸法

※上記画像はMINI VELO道より引用しています

上記がバッグの概ねの寸法です。バッグは多少変形したりするので参考値として見て下さいね。

 

オシャレでかっこいいショルダーバッグ

元々自転車のフロントバッグなので釣り用と違い、デザインがとてもかっこいいです。これなら街で使っていても違和感ないですよね。

 

ショルダーストラップ取付部品にピンオンリールやカラビナフックを取り付ける事ができます

ショルダーストラップ部分は脱着式。その取付部品部分に穴があるので、ピンオンリール等が取付可能となっています。

私は、というとピンオンリール付属の釣り用ハサミ離れたところから温度が測定できる水温計、釣り用ペンチ(ペンチはバッグ内に収納)を装着していますよ。

 

ハンドル取付ベルトにカラビナフック等を使って小さいポーチ等が装着でき、拡張性があります

ベルト部分に小さいポーチを装着した時の様子

ワンタッチランディングネットや高性能コンパクトデジカメを装着した様子

小さめのバッグなので、『あともう少しだけ釣具を入れたいな。』といった時は自転車のハンドルに取付する為のベルトに、カラビナフック等を使って小さいポーチ等を装着する事が出来ます。

ハンドルに取付する為のベルトは左右に2箇所あるので、ポーチや小物入れなどを最大2箇所装着できます。これで荷物が少し増えた時も安心ですね。

私の場合、ワンタッチランディングネットや高性能コンパクトデジカメを装着する事がありますよ。

 

ペットボトルホルダーがバッグ内にあってペットボトルがスッキリ収納出来る

バッグの外側にペットボトルホルダーが付いているバッグは多数あるのですが、バッグ内にペットボトルホルダーがあるバッグって意外にもほとんどないんですよね。

バッグの外にペットボトルホルダーがある釣り用バッグはたくさんあるのですが、ゴムの網となっていて取り出しにくかったり、ペットボトルがフリーになってプラプラ動いたり、であまり快適に使えない物が多いです。

その点、バッグ内にペットボトルホルダーがあると、見た目もスッキリしますし、フタがマジックテープでワンタッチで開閉出来る事も手伝って、とてもスムーズにペットボトルを取り出しする事が出来ますよ。

※500ml以内のペットボトルでも、一部の「通常より背が高いボトル」「特殊形状のボトル」は入らないことがあります。

 

ペットボトルを入れない時は小物入れに

ペットボトルを入れない時は、小物を入れるのに丁度いいスペースとなります。

私の場合はコンパクトデジカメ釣り用ヘッドライトを入れたり、ジグヘッド等を入れるケース(DM-750)を入れたりしていますよ。

 

内ポケットはバッグ内に2箇所|ガルプ・エコギアアクアの容器やスマホ等を収納できます

内ポケットはペットボトルホルダーを覗くとファスナー付きポケット1つ、ファスナー無しポケットが1つあり、バッグ内ポケットは合計2箇所あります。

それぞれ小物を入れると便利ですよ。私はチャック付きの方にスマートフォンを、チャックの無いポケットはガルプ・エコギア専用容器を入れていますよ。

ついでにスマートフォンはちょくちょく取り出すのでチャックは開けたまま、スマートフォンを縦に入れて使っています。

 

ファスナー付きポケットは落下の心配無いので財布や鍵等貴重品を入れると安心

本来はこちらの使い方の方が合っていると思いますが、ファスナー付きのポケットの方は、財布やカギ等の貴重品を入れてファスナーをすると落として無くしたりしないので安心ですよね。

 

フタはマジックテープで留めるだけなのでスムーズなルアー交換が出来る

このバッグのフタ部分は通常の釣り用バッグのファスナーとは違い、マジックテープで留めるだけ。ベリッとめくって、ルアー交換したら、そのままフタを戻して軽く手で抑えるだけなのであっという間にジグヘッドやルアー交換が出来ますよ。

頻繁にワームやジグヘッドを交換するアジングやメバリングでは、本当に便利で大助かりです。

私は面倒くさがりでルアー交換が頻繁になってくるとファスナーを開けっ放しにしてポイント移動、そしてファスナーを開けている事を忘れて釣り道具をぶちまける、といった事を割とよくしますが、そんな事もなくなりました。

 

ショルダーストラップを外してウエストポーチにもなる

バッグの背部に付いている輪になっているベルトはマジックテープ仕様の脱着式。

なので、ズボンのベルトを一度外す必要もなくサクッと装着する事ができます。また、自転車のハンドルにしっかり固定出来る様な仕様のマジックテープとなっているので、もちろんベルトにもしっかりと固定する事ができますよ。

 

フローティングベストのサブバッグにも使える

地磯やテトラ帯に行く時には、フローティングベストを使う釣り人も多いと思います。

ですが、フローティングベストって意外にポケットにルアー等が入らないんですよね。フローティングベストではもうちょっとスペースが足りない、という時は肩にかけてサブバッグとして使用可能です。バッグが小さいのでフローティングベストの上から肩にかけてもそれほど邪魔になりませんよ。

 

反射テープがあるので夜間でライトで照らせば存在確認となる

※上記画像は【ミニベロ道】から引用しています

元々自転車用のバッグなので、反射板がついています。アジング・メバリング・チニング等ライトルアーの釣りは【夜釣り】が多いもの・・・。

夜釣りでは、あなたの姿が見えない為、他の釣り人に気づかれずにあなたに向かってルアーをキャストされたりする事も考えられます。

このバッグには反射テープがあるのでライトで照らせばしっかり反射してアピール。存在に気付いてもらえる可能性が大幅UP!ですよね。

 

自転車用のフロントバッグなので自転車に装着してランガン可能

もちろん、元々自転車用のフロントバッグなので、ワンタッチで自転車のハンドルに取り付けできます。自転車を使ったラン&ガンスタイルの釣りでとても便利ですよ。

 

使用する際の注意点

エギング等に使用する大きめのルアーケースは1個が限界

上の画像は私がエギを入れているケース(VS-3010ND 寸法 205×145×40mm)をバッグに入れている画像です。

この状態でもフタを閉める事は出来ますが、ケース一個とペットボトル1本でいっぱいになります。なので、エギングやシーバス釣りの様な大きめのルアーを使用する釣りの場合、多くのルアーを持ち運ぶ事は出来ないので注意しましょう。

 

非防水なので大雨の中で使うと中まで濡れます

非防水の割にはもってくれる

このバッグは【非防水】となるので、雨に濡れると濡れてしまいます。実際に雨の中でも使用したのですが、思っていたよりは雨の中でも中の荷物は濡れなくてすみました。

ただ、大雨になると駄目で、やっぱり中まで濡れてしまいます。でも、比較的乾きやすい素材で出来ているので、雨に濡れた時は干してあげると1~2日くらいで乾いてくれますよ。

フタがマジックテープで留まっているだけなのでテトラや地磯のラン&ガン使用時は荷物が落ちない様注意!

漁港や防波堤の釣りだったらバッグのフタがマジックテープで留まっているだけでも、バッグが揺れたり逆さになったりする事はほとんどないので大丈夫ですが、テトラ帯や地磯などで激しく動くと、その衝撃でフタが開いて中の荷物が落ちる可能性があります。

私自身はテトラ帯でも積極的にこのバッグを使用していて、フタが開いたという事は今の所ありませんが、ファスナーではなくマジックテープで留まっているだけなので、振り回した時などにフタが開いて荷物が飛び出す可能性があります。テトラ帯等で使用する場合、大事な釣具はピンオンリール等を使って直接バッグとつないでおく等の対策をしておきましょう。

まとめ

ライトルアーフィッシングにぴったりなコンパクトでかっこいいショルダーバッグ

メバリングやアジング等のライトルアーフィッシングの釣り道具一式を入れる事が出来る

ペットボトルホルダーがバッグ内にあって便利

フタがマジックテープで留めるたけなのでルアーの取り出しがスムーズ

ワンタッチでウエストポーチにもなる

反射板があるので夜釣りでも安心

自転車のハンドル部分にワンタッチで装着できてラン&ガンに便利

という事ですね。

本当、ライトルアーフィッシングにぴったりなショルダーバッグなので、ぜひ一度手にとってみて下さいね。

 

POTA BIKE セミハードフロントバッグ for ミニベロ

POTA BIKE セミハードフロントバッグ for ミニベロ (Amazon)

 

※【セミハードフロントバッグ for ミニベロ 】はPOTA BIKEという自転車ブランドで私が運営している会社【Fun Goods合同会社】が作ったバッグとなりますよ。自転車用として本気で作り込んだフロントバッグですが、釣りにも使えそう、と思ったので実際使ってみるとすごく良かったので紹介しました。




良い記事と思ったらシェア&いいね!をお願いします

ABOUTこのブログの管理人

釣り歴約30年。バス釣り・管理釣り場・エギング・メバリング・ロックフィッシュ等のルアー釣りを 幅広く経験しています。特に力を入れている釣りはメバリングです。

幅広い釣り経験を通じて、釣り初心者に分かりやすく釣り方等を紹介しています。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターではブログでは近況の様子や釣り初心者に役立つプチ情報の紹介を、

フェイスブックでは私個人の釣りに対する考え方やツイッターより詳しい近況報告などをお届けしています。

どちらもブログでは読めないコンテンツとなるので、ぜひ、下のフォローボタンからお好みのSNSを選んでフォローしてくださいね。